公開日:2018/03/09 

30代のダイエットのポイントは?サプリメントや筋トレで30代でも痩せるコツを教えます!

30代になると下腹の脂肪が気になり、食事を減らしても、運動をしてもなかなか取れなくなります。

お腹だけではなく、プルプルの二の腕も気になるものです。引き締めようとトレーニングをしても、体力が続かないというのも30代になるとよくあることです。

そんな30代のダイエットのコツを認識し、無理をしないダイエットをしましょう。

30代のダイエットは健康にも気を付けたいので無理は禁物

30代、特に女性はホルモンのバランスを崩しやすくなり、その影響で体調不良や肌荒れなどを引き起こします。お腹や腕などに脂肪がつきやすくなるのも、女性ホルモンが影響しています。

さらに運動をする機会もほとんどないため、運動不足になっています。その結果、基礎代謝も低下し、痩せにくくなるのです。

食事制限でダイエットは危険

下腹がポッコリ出てしまうのは恥ずかしいものです。しかし、元に戻そうと、食事の量を半分に減らすのはいけません。栄養不足になってしまうからです。

年齢に関係なく、栄養不足は体調不良を引き起こしますが、30代は特に女性ホルモンのバランスが悪くなっているため、さらに悪影響が出てしまいます。

酵素も減少しているため、消化・吸収作用も低くなっています。そのうえで栄養が行き渡らなければ、免疫力が低下し病気になりやすくなります。

むやみに体を動かしても逆効果

痩せるためには運動をすればいい、とジョギングをするのはいいのですが、毎日猛スピードでダッシュをする、重いダンベルを無理して動かす、などといった運動は体への負担になります。

硬い道路を無理に走れば、足や腰を痛める原因になりますし、短距離のように走れば、足が太くなることもあります。

筋トレの負荷をかけすぎると、筋肉を傷めることもありますし、正しいフォームで体を動かせないため、効果が上がりません。30代は、体と相談しながら適切な運動方法で行うことが大切です。

30代ダイエットはサプリメントで栄養も補給しながら

女性ホルモンのバランスを崩しやすい30代は、ホルモンバランスを整えることが大切です。

そのためには、食事からだけではしっかりと栄養を摂取するのは難しいので、サプリメントを利用するといいでしょう。

サプリでホルモンバランスを整えるとともに、30代に不足しがちな栄養素をしっかり摂って、基礎代謝を高めるようにしましょう。

バランスの取れた食事はダイエットにも女性ホルモン改善にも必要

ホルモンバランスを整えるためにも、ダイエットのためにも、栄養バランスの取れた食事をすることが大事です。

バランスよく食べるには、タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂ることです。そのためには、主食のほか、主菜、副菜をメニューに加えるといいでしょう。

痩せにくくなったことで、肉類を控えたり、糖質を制限したりすると、栄養不足になり、さらに痩せにくくなってしまいます。多少の制限はしても、必要な量は摂るようにしましょう。

赤身にはL-カルニチンが含まれ、脂肪燃焼をサポートしてくれます。毎日お肉ばかりでは脂肪が増えてしまいますが、適度な量を食べるのはダイエットにおいて必要なことです。

ホルモンバランスを整えるビタミンEを意識して摂る

ホルモンバランスを整える栄養素の一つがビタミンEです。ビタミンEは副腎や卵巣に蓄積されるという特性があり、女性ホルモンの分泌のバランスを整える作用があるといわれています。

医薬品などにも配合され、生理不順や月経前症候群、更年期障害の症状の緩和などに役立つといわれています。食事から摂取するのが難しければ、ビタミンE配合のサプリメントを利用するといいでしょう。

体温を上げる食材を摂る

血行が悪く冷え症になっている人も多いでしょう。低体温になっている人も増えているといわれています。改善するには、体を温める食べ物を摂ることです。

おすすめなのが生姜です。生姜に含まれるジンゲロールは体を温める効果のほか、脂肪燃焼をサポートする作用があります。さらに、疲労回復作用もあるといわれています。

生姜をカプセルや錠剤にしたサプリメントもあります。手軽に摂取できるので便利です。

30代ダイエットのコツと筋トレ方法

体に負担をかけず、効率的にダイエットをすることが、30代には必要です。30代ダイエットのコツと効果的な筋トレ方法を紹介します。

運動はライフスタイルに合わせて行う

ダイエットをするには運動は欠かせません。硬くなった筋肉をほぐし血行をよくするためにも、基礎代謝を高め脂肪燃焼効果を高めるためにも、定期的な運動が必要です。

しかし、仕事や家事、育児に忙しく、体力的にも若い年代と同じようには動かない30代は、毎日スポーツジムに行って、筋トレや有酸素運動をするのは簡単ではないでしょう。

無理をしても継続できません。運動をすることが負担にならないようにするには、生活の中でできることを見つけ、実践することです。

例えば、仕事や家事の合間にストレッチをするのもいいでしょう。ストレッチで血行をよくし、筋肉をほぐしましょう。

家でできる筋トレ

基礎代謝を上げるには筋トレが効果的です。わざわざジムに行かなくても、家でできる筋トレもあります。

フォームもそれほど難しくなく、手軽にできるのが腹筋です。腹筋のコツは、お腹に力を入れて行うことです。反動で上半身を動かすのではなく、お腹に力を入れながら、ゆっくりと行いましょう。

また、ヨガもおすすめです。血行をよくし、リラックスできるヨガは女性ホルモンのバランスも整えてくれます。ポーズを覚えれば家でも行うことができるのがメリットです。

さらにヨガはインナーマッスルを鍛えることが可能です。インナーマッスルを鍛えられれば、基礎代謝も高まり、痩せやすくなるでしょう。

女性ホルモンのバランスを整え基礎代謝を高めてダイエット

30代になると女性ホルモンのバランスが崩れることが多くなります。栄養バランスの取れた食事やサプリメントで改善することがダイエットにつながります。

また、自宅で腹筋などの筋トレやヨガを行い、基礎代謝を高めることが必要です。仕事や家事の合間のストレッチもおすすめです。毎日の生活に負担のかからないダイエットをしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

53



ページのトップへ