公開日:2017/05/26 

キャメルコートの着回しコーデとは?タイプ別の着こなしテクをご紹介

寒いシーズンのコーディネートは、暗めなカラーを選びがちではないでしょうか。

キャメルの優しい色合いのコートは、冬らしいカラーの中でも、着るだけで華やかに変身させてくれる、万能アイテムです。キャメルコートを使ったコーディネートを紹介します。

キャメルコートの着回し、トレンチコート編

『キャメルコート』と言っても、形や種類、着こなし方で全く印象は違ってきます。まずは、女性らしさの中にもかっちりしたイメージを添えて、きちんと感を出してくれる、『トレンチコート』を見ていきましょう。

トレンチコートは、定番アイテムで、毎年のトレンドに左右されることがないのもポイントです。

秋冬はもちろん、少し肌寒い春先まで、長く使うことが出来るうえ、仕事でもプライベートでも合わせやすい、まさに万能アイテムといえます。

働く女子の定番トレンチコート

トレンチコートは、ダブルの前開きになっているのが特徴です。ウエスト近くにベルトがあるタイプや、肩にショルダーストラップがあるものが、定番となっています。

もともとミリタリーコートとして使われていた時の形が、そのまま残っているだけあって、かっちりとした印象を与えます。

トレンチコートは、働く女子の味方でもあります。いつものコーディネートの上から着るだけで、雰囲気がぐっと『きちんと』したモードになりますよ。

ワイドパンツとシンプルな黒のトップスで

休日のカジュアルなファッションにもばっちり合うのが、トレンチコートのよいところです。いつものコーディネートをワンランク上にみせてくれる効果があります。

カジュアルなワイドパンツと、黒のトップスというシンプルなコーディネートに、キャメルカラーのオーバートレンチコートを合わせると、一気に上品な印象に仕上がります。

トレンチコートの大きめの襟が、顔まわりにくることで小顔効果も得られますよ!

ルーズシルエットなら黒を合わせ引き締める

柔らかい素材のロングトレンチコートを選べば、ゆるやかなシルエットになり、女性らしさを演出できるでしょう。コートの中には黒を着ることで、だぼついた感じもなく全体的に引き締まります。

毎日の着こなしにも、パーティースタイルにも対応できる、着回しの広さもポイントです。

キャメルコートの着回し、チェスターコート編

続いて紹介するのは『チェスターコート』です。スーツの上に着ることもあり、ビジネスの場でも使われるようなフォーマルな印象のコートです。

最近では、Gジャンやインナーダウンと組み合わせるなど、カジュアルな着こなしも増えてきました。

チェスターコートはキレイめカジュアルで

チェスターコートの特徴は、スーツに似たデザインです。チェスター伯爵という人物が初めて着用したのが語源とも言われており、海外では階級によって細かくデザインが変えられています。

キャメルと好相性のボルドーパンプス

長い丈で、落ち着いたキャメルのチェスターコートを着用した時には、足元に差し色を入れるとぐっと華やかさが増します。キャメル色と相性がいいのは、秋ファッションの代表カラーでもある『ボルドー』です。

キャメルのチェスターコートに、ボルドーのパンプスを合わせることで、シンプルで落ち着いた大人な雰囲気のスタイルに、コーディネートできます。

色味を抑えたクラシカルなスタイル

ひざ丈のチェスターコートは、小柄な女性でも取り入れやすいのがポイントです。腰回りがスッキリして、シルエットがきれいに見えます。色々なボトムスと相性のいい、万能なスタイルです。

コートの中に着るのは、色味を抑えたクラシカルなデザインのワンピースなども相性抜群でしょう。非常に上品なファッションに決まります。女性らしさを演出し、大人の落ち着いたパーティーなどに着用してもマッチしそうです。

キャメルコートの着回し、ダッフルコート編

キャメルの『ダッフルコート』も、流行に左右されずに毎年着られる定番アウターです。トレンドの小物アイテムとも組み合わせることで、一気に大人っぽく着こなせます。

ダッフルコートも工夫次第でオトナの雰囲気

ダッフルコートは、イギリス発祥の防寒コートです。裏地はなく、フロントに『トグル』と言われる留め具があるのがデザインの特徴です。

ダッフルコートは、主に学生が愛用しているイメージが強く、大人になったらなかなか手が出ない、という人もいますが、デザインや組み合わせ次第で、ダッフルコートはぐっと大人っぽく着られますよ。

シンプルコーデに小物で遊び心をプラス

女性らしさを感じるスリムなシルエットのダッフルコートは、着ぶくれせずにスタイルをよく見せてくれます。ロング丈のダッフルコートをうまく着こなせば、大人っぽく仕上げられます。

全体はあえてシンプルにまとめ、小物で遊び心をプラスしましょう。ロングパールのイヤリングや、ボア生地のバッグで、視線を耳元、手元に集めたファッションを楽しみましょう。

流行のベイクドカラーを合わせて軽やかに

2018年の秋は『ベイグドカラー』がトレンドです。ベイクドカラーはいわゆる『スモーキーカラー』のことで、焦がしたように原色をくすませた色合いを指します。

落ち着いた色合いのため、一緒に身に着けられるファッションも幅広く、ベイクドカラーの服は万能アイテムになるでしょう。くすみ感のある色を、キャメルのダッフルコートに加えることで、トレンド感のあるレトロで大人な装いにまとめることが可能です。

甘さを出すなら、インナーに『ベイクドピンク』を、より印象的に仕上げたいなら『ベイクドイエロー』をと、キャメルのダッフルコートはどんな色でも相性良くまとめることができます。

キャメルコートの着回し、ダブルブレストコート編

『ダブルブレストコート』は、さまざまなデザインのものがあり、組み合わせによりぐっと雰囲気が変わります。シルエットもすっきりとしたものが多く、マニッシュにも、大人カジュアルにも着られる便利アイテムです。

落ち着いた雰囲気を出したいけれど、時には気分を変えたファッションを楽しみたい、という大人の女性にぴったりです。

羽織るだけでおしゃれ感がただよう

ダブルブレストコートの特徴は、前身頃が幅広く重なっており、ボタンが2列になっているデザインです。1列ボタンのものは、シングルブレストコートと呼ばれており、ダブルよりもよりシンプルな印象を与えます。

ショート丈のものは『ピーコート』とも呼ばれており、上品でクラシカルな印象を出したいときや、大人っぽいおしゃれな雰囲気に仕上げたいときにぴったりです。

デニム以外をブラウンでまとめて

キャメルのダブルブレストコートにデニムを合わせ、デニム以外をブラウンにまとめたコーディネートもおすすめです。

裾にかけてのラインをストレートにし、身幅もややゆとりを持たせれば、カジュアルなデニムスタイルが綺麗にまとまります。

キャメルコートは着回し力抜群でオトナ女子にぴったり

キャメルコートは、その優しい色合いで、どんなデザインのコートでもぐっと大人っぽく見せることが出来ます。

さらに、パンツスタイルにも、フェミニンなワンピースにも、カジュアルなデニムスタイルにも合わせられる、まさに万能カラーです。

着回し力もあり、どんなファッションの流行にも合わせられるキャメルコートは、1着持っていれば、大人女子のファッションの強い味方になってくれるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

273



ページのトップへ