公開日:2017/05/26 

これで納得!まつ毛パーマのメリットとデメリットを大公開!

まつ毛パーマが気になったことありませんか。まつ毛パーマに興味はあるものの、目のそばだからと怖がっているあなたに、まつ毛パーマのメリットとデメリットを解説します。

意外に多い!まつ毛パーマのメリット

まつ毛パーマはまつ毛エクステより自然な仕上がり

まつ毛パーマとは、まつ毛を専用のパーマ液と器具を使ってカールさせる施術のことです。まつ毛パーマをしてもらえる場所は、主に美容室や、まつ毛パーマ・まつ毛エクステなどを専門に行っているサロンとなります。

まつ毛パーマとまつげエクステは実は大きな違いがあります。

まつ毛パーマとは自まつ毛のみをカールさせてその形をキープさせる施術のことを指し、ビューラーを使わなくても自然にまつ毛がカールする状態になります。

一方まつ毛エクステは、自まつ毛にエクステをつけることで、まつ毛の量を増やしボリュームをアップさせるという施術です。

まつ毛パーマはまつ毛をカールさせ、上向きにすることでまつ毛が長く見える効果があります。自まつ毛がちょっと短いのが悩みという人にはおすすめの施術です。

また、まつ毛パーマは自まつ毛のみをカールさせるためまつ毛エクステよりも自然な仕上がりなので、ナチュラルメイク派にピッタリです。

まつ毛パーマをすればビューラーを使わなくてすむ

女性が普段のアイメイクでまつ毛をカールさせるのにはビューラーを使います。しかし、ビューラーを使ってまつ毛を上げることは、実はまつ毛に大きな負担をかけているのです。

ビューラーがまつ毛にどのような負担をかけているかというと、まつ毛を挟むときにまつ毛に対してすごく力がかかってしまうのでまつ毛が傷む原因になります。また、ビューラーはまつ毛をカールさせるゴム部分が劣化すると固くなり、まつ毛を挟むときにまつ毛が切れてしまうことがあります。

ビューラーを使ったあとにまつ毛が抜けたり切れたりするなど、心当りがある人は注意してください。

まつ毛パーマをすればビューラーを使わなくてすむので、メイク時間の短縮につながります。その上ビューラーを使わないことでまつ毛に負担をかけないので、まつ毛の健康も保てます。まつ毛が傷むのを防ぎたいなら、まつ毛パーマがとてもおすすめです。

逆さまつ毛の人にも、まつ毛パーマはおすすめ

まつ毛パーマは、逆さまつ毛の人におすすめです。逆さまつ毛とは、睫毛乱生と眼瞼内反症の二つに分けられます。

睫毛乱生とは、まつ毛の並び方が不揃いなためまつ毛の一部が黒目に触れてしまうことを指します。眼瞼内反症とは、まぶたのふちが目の方へ曲がり、まつ毛が黒目に触れてしまうことを指します。

まつ毛が目の中に入ってしまい、痛い思いをすることもあります。涙が出たり、痛かったりするのが気になって目をこすってしまい、目を傷つける場合もあり厄介です。

このような逆さまつ毛を治すには、病院で治療する場合もありますが、まつ毛パーマをかけるという方法もあります。

まつ毛にまつ毛パーマを施せば、まつ毛が目に入ることがなくなります。不快な症状が解消できるうえ、まつ毛が長く見え美容効果もアップします。逆さまつ毛の女性には、まつ毛パーマはうってつけの施術といえます。

このようにまつ毛パーマには、まつ毛を健康に導いたり、逆さまつ毛を解消したり、アイメイクの時間短縮につながったりとメリットが多いのです。さらに大きな特徴として、まつ毛パーマは水に強いので海やプール、温泉などでカールが崩れることがありません。まつ毛パーマには、メリットがたくさんあるのでおすすめです。

もう怖くない!まつ毛パーマのデメリットを克服しよう

まつ毛パーマのデメリットはこうして防ぐ

まつ毛パーマにはいくつかのメリットがありますがその一方で、デメリットがあるのも事実です。まつ毛パーマのデメリットは、ある程度の知識があれば防ぐことができるので、その点について紹介していきます。

まつ毛パーマの1番のデメリットは、パーマ液が合わないことによる皮膚トラブルです。しかし、このトラブルは、まつ毛パーマをする前に防ぐことが可能です。特にまつ毛パーマの施術が初めての場合、事前にカウンセリングをしっかり行ってくれるサロンを選ぶと良いでしょう。

もともと自分が皮膚トラブルを起こしやすい、皮膚が弱い、また、アレルギー体質であることをサロンに申告すればパッチテストをしてくれるところもあります。そのうえで問題がなければ、そこで初めてまつ毛パーマの施術を行えばいいのです。

また体調がすぐれない時や、生理中もまつ毛パーマは避けたほうが無難です。目の具合が良くない時も、まつ毛パーマの施術は中止してください。

まつ毛パーマの施術時間、施術数に注意!

まつ毛パーマの施術をトラブルなく、安心して受けるためには良心的なサロン選びをすることが必須です。そのためには、まつ毛パーマのサロンに必ず予約を入れてから行きましょう。予約時に、まつ毛パーマの施術時間がどれくらいかかるのかヒアリングをします。

ヒアリングをして、もし、施術時間が1時間に満たないサロンだったらカウンセリングを行っているかどうか聞いてみましょう。きちんとカウンセリングを行っているサロンであれば、カウンセリングを含めた時間は1.5時間~2時間かかるのが一般的です。

さらにサロン選びの目安となるのが、まつ毛パーマの過去の施術数です。まつ毛パーマに自信があるサロンならば、施術した数を公表しています。

まつ毛パーマは長くもっても1か月半

まつ毛パーマは、長く持っても1か月~1か月半くらいです。いくらまつ毛パーマが水に強いとはいえ、洗顔は毎日行うものなので自然に取れてしまうのです。また、まつ毛パーマをしているときは、マスカラは使わないほうが無難です。マスカラを使うと、まつ毛パーマが取れやすくなることがあるので注意しましょう。

人によっては、まつ毛パーマが1週間前後で取れてしまう場合もあります。施術者の技術に左右されることもありますが、まつ毛の健康状態でカールが短期間しかもたないこともあります。

さらにまつ毛パーマは、自まつ毛をカールさせています。まつ毛エクステやつけまつ毛と比較すると、まつ毛パーマは見た目が地味に感じてしまうこともデメリットと言えます。

まつ毛パーマの施術方法とアフターケア伝授

まつ毛パーマの施術方法は2種類ある

自まつ毛が多く、逆さまつ毛の癖がありナチュラルメイク派の人はまつ毛パーマに向いているといえます。まつ毛パーマを試してみたい人のために、施術方法について紹介します。

まつ毛パーマの施術には専用のロットにまつ毛を巻き付ける方法と、ビューラーで挟むビューラー方式の2種類あります。しっかり持ち上がるのはロットタイプで、自然な仕上がりを求めるならビューラー方式がおすすめです。仕上がりに差があるので、事前に施術者としっかりと相談をして自分に合うタイプを選んでください。

また、まつ毛パーマの施術後はなるべく目をこすらないようにしてください。目をこすると、まつ毛パーマのカールの持続力が弱まってしまいます。また、まつ毛パーマの施術後しばらくは、うつぶせで寝る事は控えましょう。うつぶせで寝ると枕に目が当たってまつ毛に負担がかかり、まつ毛が切れてしまうことがあります。

まつ毛パーマ施術後のアフターケアはどのようにするのがよいか

まつ毛パーマは便利ですが、施術後のアフターケアを怠ると、カールが早く取れてしまいます。その原因は、それ自体パーマ液によるダメージが大きいまつ毛パーマであるにもかかわらず、まつ毛が傷んだままの状態で放置しているからです。逆にしっかりまつ毛のアフターケアをすることで、まつ毛が健康になりカールも長持ちします。

まつ毛パーマのアフターケアには、まつ毛専用の美容液を使うのをおすすめします。上手に使えばまつ毛のダメージが修復され、まつ毛が潤って艶が出てきます。値段は1,000円台から1万円以上するものまで幅広いラインナップで売られています。

まつ毛パーマは健康な自まつ毛があってこそ

美しいまつ毛パーマは、なんといっても健康な自まつ毛があってこそ手に入ります。髪にパーマをかけることを考えれば分かりますが、傷んだ髪にパーマをかけても美しい仕上がりは期待できませんよね。

まつ毛パーマも同じで、まつ毛の状態が良くないと、いくら高価な美容液で保湿をしながらまつ毛パーマの施術をしても思うような仕上がりになりません。カールが中途半端、さらにはすぐに取れてしまうなど悲しい結果にがっかりすることになってしまいます。

日頃からまつ毛のケアをきちんと行い、健康な自まつ毛をキープしておきましょう。そうすれば、まつ毛パーマは成功します。その結果、今以上にまつ毛に自信が持てるようになります。さあ、早速まつ毛のケアを始めましょう。

まつ毛パーマのメリットとデメリット両方知る

  • まつ毛パーマは自まつ毛のみカールさせるので、ナチュラルな仕上がりが特徴
  • まつ毛パーマのメリットはビューラーを使わないのでまつ毛を傷めない、逆さまつ毛が解消できる、メイク時間短縮になる、水に強い
  • まつ毛パーマのデメリットはアレルギーなどの皮膚トラブル、長持ちしない、まつ毛エクステに比べ地味なこと

まつ毛パーマのメリットとデメリットを踏まえて、あなたにとってのベストな選択をしてくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

865



ページのトップへ