公開日:2017/05/26 

マスクによるにきびや肌荒れの原因とは?ケアのポイントも!

花粉やウィルスの侵入を防いでくれるマスク。ずっと使用しているとニキビが出来たり肌が荒れたりという経験がある方もいるのではないでしょうか?今回はマスクによるにきびや肌荒れの原因と、スキンケアのポイントについてご紹介します。

マスクによるにきびや肌荒れの原因とは

マスクと肌の摩擦

マスクにはさまざまな素材や形がありますが、どのマスクもその役割上、使用すると肌との接触は避けられません。しかし、マスクと肌が接触すると、その部分が摩擦によってこすれて肌にダメージを与えてしまいます。

摩擦によって肌がこすれると、その部分の角質が刺激によって傷がつき、水分が蒸発しやすくなり、肌のバリア機能を低下させる原因となります。肌のバリア機能が低下すると、肌の水分を十分に保つことができないため乾燥を招きます。乾燥した肌は外部からの刺激に敏感になるため、にきびや肌荒れだけではなく、くすみやシミ、しわなどさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

蒸れによる菌の繁殖

マスクをしていると、呼吸による湿気がマスクの内部にたまり保湿効果が高まります。乾燥した冬の季節などでは喉の乾燥対策としても有効なこの湿気ですが、実は肌に対して悪影響を及ぼす原因となる場合があります。

湿度が高い状態は皮脂の分泌が盛んになると同時に、雑菌が繁殖しやすい環境とされています。マスクをしたままくしゃみや会話をした際に飛んだ唾液による雑菌が蒸れによって繁殖し、ニキビの発生や悪化の原因につながってしまいます。ニキビがあるとついマスクで隠したくなる気持ちがあるかもしれませんが、ニキビの雑菌が繁殖してしまう可能性があるのであまりおすすめできません。

マスクの抗菌剤による影響

市販されているマスクにはさまざまな種類や素材を使用しているものがあります。中には菌の侵入や増殖を防ぐために「抗菌剤」が配合されているものがあります。抗菌剤は細菌やカビを除去する役割があるため、一見すると良いこと尽くめに感じられますが、場合によっては肌に悪影響を与えてしまうことがあります。

体質によっては抗菌剤に皮膚が過剰反応してしまい、元々体内にある免疫が刺激されアレルギーの原因となってしまうことがあるため、気になる場合は抗菌剤が配合されていないマスクを使うことをおすすめします。

マスクでにきびや肌荒れを悪化させないためには?

マスクをまめに交換

ニキビや肌荒れを悪化させないために大切なことは、肌を清潔に保つことです。マスクは保湿効果があることから、内部には湿気が溜まり雑菌が繁殖しやすい環境となっています。見た目では綺麗に見えるマスクでも、1日使用するとメイク汚れや皮脂汚れをはじめ、目に見えない雑菌が内部に付着しています。肌を清潔に保つためにも、こまめにマスクを交換することは雑菌の繁殖防止に効果的といえるでしょう。

一般的には、1日1枚を目安に使用する場合が多いとされていますが、肌荒れが気になる場合は午前と午後で交換するなど、こまめに交換するのが効果的です。

肌に低刺激のマスクを選ぶ

肌への刺激が角質を傷つけにきびや肌荒れの原因となるため、出来るだけ肌に優しい低刺激のマスクを選ぶのが良いでしょう。市販されているマスクは大きく分けると「不織布マスク」と「ガーゼマスク」の2種類があります。最近では使い捨てが出来る気軽さから「不織布マスク」を使用する方が多いのではないでしょうか。

低刺激なマスク選びという観点からすると、おすすめなのはガーゼマスクです。ガーゼは生まれたての赤ちゃんのやわらかい肌にも使うことも多く、肌触りが良く、肌にも低刺激な素材です。ただし、ガーゼマスクは使い捨てではない場合がほとんどなので、数枚洗い換えを用意して毎日清潔な物を使用できるように準備しておきましょう。

サイズに合ったマスクを選ぶ

マスクと肌の摩擦を避けるためにも、自分の顔の大きさに合ったマスク選びは大切なポイントです。市販されているマスクには、「大きめ」「やや小さめ」などさまざまなサイズがありますが、大きすぎず小さすぎず、顔に自然にフィットするジャストサイズを選ぶのがベストです。

マスクを着用した際に締め付け感がある場合は、選んだサイズが顔よりも小さめということになります。小さめのマスクは肌に触れてしまい、摩擦による肌荒れの原因となってしまいます。

逆に大きすぎるマスクは、顔とマスクの間に隙間が出来てしまい、マスクとしての本来の役割を果たすことが出来なくなります。マスクをつけたら鏡で横方向からフィット感をチェックしてみるのがおすすめです。顔の輪郭に合った立体的なマスクを選ぶと良いでしょう。

にきびや肌荒れを防ぐためのスキンケアポイント

【ポイントその1】ナチュラルメイク

マスクとの摩擦によって肌はダメージを受けやすい状態です。この上、しっかりメイクをすると、メイクをオフするときの摩擦によって、さらに肌へ刺激を与えてしまいます。少しでも肌への負担を軽くするために、できるだけナチュラルメイクを心がけましょう。

しっかりとしたカバー力のあるファンデーションを落とすためには、それだけパワーのあるクレンジングが必要になります。クレンジングが不要なBBクリームなど、肌への負担が軽いメイクアイテムを選ぶのがおすすめです。

しかし、働く女性の場合はシーンに応じてきちんと感を出したいときもありますよね。そういった場合は、ファンデーションなどのベースメイクを控えめにし、目元などのポイントメイクをしっかりするなど、メリハリをつけて工夫してみると良いでしょう。

【ポイントその2】洗顔は優しく行う

クレンジングや洗顔をする際には、出来るだけ肌を刺激しないように優しく行うのがポイントです。クレンジングで丁寧にメイクをオフしたあとに、よく洗った手で洗顔料をしっかりと泡立てます。泡で汚れを浮かせるように優しく顔を洗っていきます。

ぬるま湯で最低20回以上のすすぎを行って、洗顔料が顔に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。熱すぎるお湯は必要な皮脂まで落としてしまうことがあるため、すすぎの温度は少しぬるめの33~36℃くらいが理想的です。

洗顔後は、清潔なタオルで優しく顔を抑えるようにして水分を取りましょう。ゴシゴシふき取るのは肌への刺激となるため避けましょう。

【ポイントその3】しっかり保湿をする

マスクと接しやすい口周りは特にしっかりと保湿することが大切。保湿することによって、肌のバリア機能を維持することができるため、ニキビや肌荒れを防ぐために効果的です。

マスクの中は湿度が高く保湿されている状態なので保湿は必要なさそうな感じがしますが、マスクを外した途端に急激に湿度が下がり乾燥の進行が早くなってしまいます。乾燥した肌の角質は傷がつきやすく、肌のバリア機能が低下するため、ニキビや肌荒れを悪化させてしまうのです。

正しい保湿に必要なのは、肌に水分を与えることです。化粧水や美容液でしっかりと肌の水分を補い、乳液やクリームでふたをする感覚で水分を閉じ込めましょう。また、口元の皮膚は顔の他の部分よりもデリケートとされるため、指の腹で優しく保湿をしましょう。

ニキビや肌荒れ対策をして快適にマスクを使おう!

マスクによるにきびや肌荒れの原因は大きく3つとなっています。

  • マスクと肌の摩擦により肌がダメージを受け、バリア機能が低下
  • マスク内部の蒸れにより、雑菌が繁殖しやすい環境に
  • マスクに使用されている「抗菌剤」によるアレルギー反応

保湿やマスクの交換など、しっかりと対策をして快適にマスクを使用しましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

70



ページのトップへ