公開日:2017/05/17 

赤みのあるニキビ跡解消にオロナインは効果的?成分と効能から検証します

「オロナインを使ったらニキビ跡が治った」という情報をインターネット上で見つけました。これは本当なのでしょうか?オロナインの成分と効能から、その情報の真相に迫っていくことにしましょう。

そもそもオロナインはどんな軟膏?

含まれている成分とは?

オロナインは普段よく使っているという声の多い軟膏の一つです。すり傷やひっかき傷などで使うことが多いオロナインには、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」が有効成分として1g当たり10mg含まれています。

この成分は殺菌と消毒効果があり、多くの殺菌薬や消毒薬にも使われています。副作用が心配なステロイド(副腎皮質ホルモン)は一切使われていません。またワセリンやオリブ油などの油脂も含まれているので乾燥からお肌を守ります。

ステロイドとは、副腎(両方の腎臓の上端にあります)から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。副作用も多いため、注意が必要な薬です。

引用元:東京女子医科大学 腎臓内科

どんな効果・効能が期待できる?

オロナインが効果を発揮する症状には、ニキビや吹き出物、軽いやけど、ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、すり傷、切り傷、ジュクジュクしていない水虫などがあります。すり傷などの傷口に塗れば消毒してくれるので、化膿を防ぐことができます。

白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる菌が原因となって引き起こされる水虫で使う場合には、綺麗に洗った足に水気をよく拭き取ってから、すり込むように塗ります。根気よく続けていくと、徐々にかゆみや赤みが取れてきます。

またひび割れやパックリと割れてしまうあかぎれ、しもやけで使うときには、血行不良の改善とともに水仕事を終えたあとや寝る前に、患部に充分塗り込んであげます。

使うときの注意点とは?

オロナインにはオリブ油やワセリンなどの油脂、そして界面活性剤も入っています。お肌に合わないと感じる場合には使用を控えるようにしてください。無理に使い続けていることで肌荒れの原因となることがあります。虫刺されやただれ、かぶれ、湿疹、メイクの下への使用も控えるようにしましょう。

オロナインの主成分は殺菌、消毒の作用があるものなので、それ以外の症状で使うと悪化する恐れがあります。また重症のやけどやジュクジュクした傷口、ひどいただれ、深い傷口、病院で治療している箇所は、患部がひどくなってしまうことがあるので、医師や薬剤師に使用前に相談するようにしてください。

ニキビ跡解消にオロナインは効果的?

「ニキビ跡に効果あり」その真相とは?

ネットで「オロナインを使ったらニキビ跡がなくなった」という情報があります。しかし実際、炎症の治まっているニキビ跡をオロナインで消すことは難しいのです。ここで考えてほしいのは、オロナインはどのような症状に効くのかということ。殺菌と消毒の作用する症状でなければ、オロナイン独自の効果を発揮しません。

ではニキビ跡はどうでしょうか?すでにニキビによる炎症が治まって、それが「跡」となって残っている状態です。つまり殺菌や消毒をする必要はどこにもないということになります。「オロナインでニキビ跡がなくなった」で考えられるのは、本人も気づかないほどのニキビの炎症が肌の奥にわずかに残っていて、そこに塗ったら炎症が鎮まり、そのまま綺麗に跡が解消されたということになるでしょう。

番外編1:毛穴に有効って本当?

ニキビの原因となる雑菌を殺菌・抗菌するだけでなく、抗炎症作用により赤みや腫れなどの諸症状も落ち着かせてくれるため、毛穴ケアのみならず、できてしまったニキビをケアするのにも適しています。

引用元:オロナイン軟膏を使った毛穴ケアは有効?

オロナインで毛穴のケアができるというのは本当です。主成分「クロルヘキシジングルカゴン酸塩液」の働きによって、ニキビのできているところを殺菌&消毒し、ニキビのできにくい環境にしていきます。そもそもニキビは、お肌の表面で雑菌が繁殖することによって、肌が刺激されて起きてしまうもの。オロナインを塗ることで殺菌して、毛穴から雑菌を遠ざけ、すでに出ている炎症も少しずつ緩和できます。

番外編2:ニキビにオロナインはOK?

また、オロナインのような消毒薬は、一部の赤ニキビに効く可能性がありますが、皮膚刺激が強いので白ニキビや黒ニキビには、逆にお肌にダメージを与えてしまう可能性があるため注意が必要です。

引用元:医師に聞く!ベビーパウダーでニキビ・ニキビ跡が治るって本当?

一言でニキビといっても白、黒、赤の3種類あります。オロナインが有効とされているのが赤ニキビ。ターンオーバーサイクルの乱れや、過剰な皮脂分泌が原因で起こります。ただあまりにも酷い炎症の場合には、刺激になりやすいので使用を控えるようにします。

またオロナインの成分に含まれているワセリンなどの油脂によって、ニキビの元となる雑菌の繁殖を増やしてしまう場合があります。特に毛穴に皮脂が詰まった状態の白ニキビと黒ニキビで使うと、炎症が悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。

オロナイン以外でニキビ跡を治す方法とは?

赤みのあるニキビ跡に効果あり!

活性酸素を分解し、ニキビの炎症を抑え、治癒後の色素沈着も防いでくれます。過剰な皮脂の分泌を抑えるため、予防にも効果があります。

引用元:正しく知るべき!ビタミンCの美肌効果と正しい摂取方法

美肌効果が期待できる成分として有名なのがビタミンC。メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすの解消、シワやハリの改善をします。コラーゲンの生成を促してお肌の生まれ変わり、ターンオーバーサイクルを取り戻す働きもあります。

さらには肌代謝アップや毛穴の引き締めもしてくれる、美肌を作るのに必須の成分です。ビタミンCは抗酸化作用が強い成分なのでアンチエイジング効果も期待できます。食品や化粧品を使って意識的にビタミンCの摂取をするようにしましょう。

生活習慣の見直しでニキビ跡を解消!

ニキビの炎症が治まったものの「跡」が残ったままなのは、乱れたターンオーバーが原因です。質のよい睡眠やバランスの取れた食事、ストレス解消、規則正しい生活を送っていれば、28~56日周期とされているターンオーバーが乱れることはありません。ニキビ跡が残っているのは、新しい肌細胞が形成されにくい状態にあるというサインです。

肌ケアしていくことはもちろん、睡眠不足の解消や、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~翌2時までの間には寝ること、栄養バランスを考えた食事をとる、ストレスを溜めないなど、生活習慣の見直しをしていくことも、ニキビ跡を改善するには必要です。

赤みのあるニキビ跡に効果のあるおすすめコスメ2選

ビーグレン|ニキビ跡ケアプログラム

お肌のベース部分をまず修正していくことを考えて、肌のターンオーバーを促進して赤みが取り除かれ、メラニンの生成を抑えて、今ある色素沈着も解消されます。コラーゲンも増えるのでハリを取り戻せます。7日間トライアルセット有。

イッティ|ジッテプラス

ニキビ跡を治すには通常の5倍浸透する保湿成分とターンオーバーの改善が必要です。そこでジッテプラスでは、ヒアルロン酸とスーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸、セラミドから作られている「アクシア‐トリプルヒアルロン酸」を配合し、浸透力を高めました。水分と油分との黄金比率8:2を理想に、「ビサボロール」と呼ばれる成分も使われています。

オロナインにニキビ跡の解消効果はなし

  • オロナインには殺菌&消毒薬によく使われる「クロルヘキシジングルコン酸塩液」と呼ばれる成分が使われています。
  • ニキビには効果があっても、殺菌、消毒の成分しか含まれていないので、ニキビ跡には残念ながら効果は期待できません。

オロナインを使うなら殺菌や消毒の作用が必要な症状のときだけにして、ニキビ跡には改善効果の期待できるコスメを使うようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

80



ページのトップへ