公開日:2017/06/15 

100均のグッズで整理!化粧品もすっきり収納

可愛い化粧品も、たくさん揃えると何かとごちゃつきがちではありませんか?そんな時100均グッズを利用して、賢く収納してみましょう。お金をかけずにスッキリ片付く、化粧品収納のアイディアをご紹介します。

100均グッズで散らかった化粧品をを整理

気がつけば、化粧品がごちゃごちゃに…

見ているだけで楽しくなる化粧品は、ついついたくさん買い揃えてしまうという人も多いのでは?でも容器のデザインも色々、サイズも色々なので、放っておくとごちゃつきがちなのが化粧品の悩みどころ。どこにいったのか解らなくなる状態にさよならして、次に使う時にもさっと取り出せるよう、見やすい収納を心がけてみましょう。

そして100均グッズを収納グッズとして使えば、費用をかけなくてもスッキリとおしゃれに片付きます。どんなグッズが化粧品の収納に役立つのか、また本来収納用ではないのに化粧品の分類に役立つグッズの使い方など、色々なアイディアを見てみませんか?

見やすく、探しやすい収納のコツ

化粧品の収納でまず心がけておきたいのは、なるべく種類別、ジャンル別にまとめること。そうすれば、メイクの段階ごとに限られた収納スペースを探せばよいので、時間短縮につながります。そしてそれぞれのジャンルにあった収納グッズを使って、すべてがきちんと収まるように工夫をしましょう。

1つでも入らない化粧品があって、他のジャンルの化粧品と混じってしまっては、せっかく収納グッズを駆使しても意味がなくなってしまいます。あとはペンシルタイプ、筆タイプなどのスティック状の化粧品は立ててしまうのも手です。口紅なども立てると省スペースになるので、ご自分のメイクスペースにあった収納方法を工夫してみて下さい。

増えすぎた化粧品は見直して処分を

整理整頓も大事ですが、化粧品が増えすぎてしまったら処分して一定量を保つという、ルールを設けてもよいでしょう。

整理整頓する上では、一定量物を増やさないことも重要ですね。物が増えることで、部屋がごちゃごちゃになってしまうので、例えば、ファンデーションは10個までと決めて、新しいものが増えたときにはひとつ抜くなどのルールを作って、それにのっとって生活すると物が増えすぎて困るということがなくなります。どうしても捨てたくない化粧品があるという場合には、日ごろ使うものと、使わないものを別々に分けて保管しておくのもひとつの手です。

引用元:https://www.cosme.net/a-beauty/article/I0006775

処分の基準はそれぞれですが、自分に合わないと感じたり、色の流行が変わってしまったりと思う化粧品は、今後の出番も多くはなさそうです。思い切って処分して、スッキリ収納を心がけましょう。

100均のケースや仕切りを使って見やすく化粧品を収納

引き出しに仕切りをつければスッキリと

あなたはメイクをどこで行っていますか?ドレッサーがあれば引き出しやテーブルの上に化粧品を収納できますが、それでもアイテムがバラバラ、ごちゃごちゃになっている人もいるかもしれませんね。片づけ下手な人は、物の定位置が決まっていないことが多いのです。

引き出しの中に化粧品を入れている人は、100均で売っている仕切り板や、浅いプラスチックトレーを利用して、まずスペースを仕切ることから始めましょう。それからどのスペースに何を入れるかを考えて、化粧品を使った後に戻す際は、決まった場所に戻すことを厳守すること。そうすればどこにいったのか分からないということは、かなり避けられるはずです。

即持ち歩ける、バニティケースに入れて

ワンルーム住まいだと、家の中で特に決まったメイク場所がない人もいるかもしれません。そのような場合は、100均にある化粧品用ポーチを利用してみてはいかがでしょうか?大小さまざまなサイズの中から、高さのあるバニティケース型のものを選んでみましょう。これに化粧品を入れておけば家中どこにでも持ち運びできるので、とても便利です。

もしバニティケースに入りきらない場合は、持ち手付のプラスチックケースを選ぶのもよいでしょう。持ち手が付いているタイプなら、持ち運びが楽になります。大きめのケースだと仕切りがついているものもあるので、化粧品の収納にはさらにお役立ち。仕切りがない場合は別途仕切り板を購入したり、プラスチックトレーなどでスペースを区切りましょう。

透明のアクリルケースでお悩み解決

ドレッサーを持っていない、洗面所など限られたスペースでメイクをしているという人には、透明のアクリルケースに化粧品を入れることをおすすめします。無印良品のものが人気ですが、100均で扱っているところもあるので、ぜひ探してみて。

特に種類の多いアイシャドウは、“パステル”“モノトーン”などの色調や“クリーム”“メタリック”などの質感をラベルに書いて貼っておけば、引き出しを開けなくてもだいたいの場所が分かって探す時間を短縮できる。収納ケースは無印良品を活用しています」(メイクアップ&ビューティディレクター MICHIRUさん)

引用元:http://www.elle.co.jp/beauty/pick/cosme-storage_16_0205/4

さらにラベルを貼り、アイテム名やカラーバリエーションを書いておけば、探し回らなくても済むので便利です。

100均グッズ以外にも賢いグッズ使いで化粧品を収納

缶やプラスチックかごも利用して

化粧品専用でなくても、缶やプラスチックトレー、かごといったアイテムは、収納に大活躍してくれる存在です。できれば質感を揃えたほうがスッキリとして見えるので、缶なら缶のみ、プラスチックならプラスチックのみと統一してみましょう。どのようなサイズを何個購入するかは、自分の持っている化粧品を総ざらえしておくことが必要です。

まずは手持ちの化粧品をアイテム別に分類してみて、それぞれのアイテム数とボリューム感を知っておきましょう。それから、このぐらいのサイズのトレーやかごなら収納できるということを把握して、選ぶことが大切です。かごの中に小さなかごを入れるという入れ子で使う方法も、見やすく仕切ることができておすすめです。

マグカップなら化粧品が立てられます

メイクする場所に充分なスペースがない場合は、化粧品を立てて収納してしまうという方法もあります。かごやトレーに立てるのもよいですが、マグカップを利用してもOKです。口径の広いマグカップならアイライナーやマスカラなどのスティックタイプの化粧品はもちろん、ファンデーションぐらいなら立てられる場合もあります。しかも可愛いデザインのものを選べば、メイクする場所を楽しく彩ってくれそうです。

同様なアイディアでは、小さな植木鉢を利用している人もいるようです。そのまま使ってもよいし、自分で柄をペイントしたり、ミニタイルを貼ってカラフルにしたりと、楽しくカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?

スティックタイプの化粧品はグラスに立てて

アイライナーやマスカラなど、スティックタイプの化粧品は案外多いものです。引き出しの中を仕切って、細長いスペースに入れておけば見やすいですが、場所をとってしまいます。そんな時はグラスなどに立ててしまいましょう。

「置き方を決めるのがポイント。柄の長いブラシ類は、アイテムごとに分けて立てておくと省スペースに」( 「コスメキッチン」プレス 福本 敦子さん)

引用元:http://www.elle.co.jp/beauty/pick/cosme-storage_16_0205/1

シンプルなグラスでもよいですが、100均で売られているグラスには型押し模様があったり、プリントされた柄がついたものもあります。メイクタイムを楽しくするには、そうしたファンシーなデザインのグラスもおすすめです。また、グラスの中にカラフルなビー玉やビーズを入れて、そこにスティックタイプコスメを差すという、可愛いアイディアを駆使する人もいるようです。

100均のグッズで化粧品をいつも綺麗に収納しよう

  • 化粧品はジャンル別に仕分けて、増えすぎたら処分も考えましょう
  • 100均のグッズを利用して、アイテム別に化粧品の整理整頓を
  • スティックタイプの化粧品は立てて収納し、省スペース化

忙しい毎日では、メイクする時間をもっと効率的にしたいものです。そのためにはどこに何があるのか分かるように化粧品をいつも整理し、さっと使えるように心がけましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

29



ページのトップへ