公開日:2017/05/26 

快適なBIRKENSTOCKのルームシューズで素敵女子に

外出先で履くシューズとくらべてルームシューズにこだわりを持つ方は少ないかもしれません。ですが室内でも快適なものを履くことができればいいですよね。快適だと名高いBIRKENSTOCKのルームシューズを履きこなせる女性になる方法をご紹介します。

BIRKENSTOCKってどんなブランド?

自然さにこだわったフットベッドの生みの親

BIRKENSTOCKとは1774年にヨハン・アダム・ビルケンシュトックが創設したシューズブランドです。その後、子孫のコンラッド・ビルケンシュトックに受け継がれます。

彼は息子のカール・ビルケントッシュとともに、第一次世界大戦で被害を受けた負傷兵のための「専用シューズ」を作り始めました。このシューズが定評を得て、現在のフットベッドの原型となったといわれています。

1960年代にはBIRKENSTOCK 初のサンダルである「マドリッド」が誕生。そして、2004年にはイギリスのBest Shoe of the Yearを受賞しています。BIRKENSTOCKは、今もなお老若男女に受け入れられるシューズとして、世界に名を知らしめているのです。

シューズに独自のフットベッドを積極的に設計

今でこそ履き心地の良いシューズが増えましたが、1900年頃のシューズのフットベッドは木製や金属性が一般的だったといわれています。それらの素材で作られるフットベッドは硬いため、決して履き心地が快適だとは言えませんでした。

そこで考え出されたのがコルクとラバー製のフットベッドです。当時としては革新的なアイディアでしたが、長持ちする上に履いているうちに足の形に馴染んでくるこの素材は、多くの人を魅了しました。

その後も試行錯誤が重ねられ、1960年代には第1号のサンダルが誕生しました。現在でも、BIRKENSTOCKはフットベッドに力を入れ、さらなる履き心地の向上を目指しています。

デザインも機能性も両立した理想的な作り

現在のフットベッドも昔と変わらず天然のコルクが使われています。耐久性に優れた素材にアーチサポートを取り入れ、歩行のバランスを取るなど機能性を考えたシューズを作り出しています。

その一方で男性から女性、子どもまで愛されるデザイン性にもこだわり、パンプス型やジェンダーレスなシューズも幅広く揃っています。また、室内でも快適に履けるルームシューズも開発されました。

カラーバリエーションを豊富に揃え、肌触りがよく、床も傷つけにくい加工がなされています。このような造りなら、ルームシューズを履いていてものんびりとくつろいで過ごすことができることでしょう。

外だけではなく自宅で履くシューズも重要

ルームシューズの優先事項は快適であること

女性たちの多くは、普段からハイヒールやストッキングなどで足を締め付けがちな生活を送っている方も多いことでしょう。

オフィスなどTPOをわきまえるべきシーンでは仕方がないこともありますが、それにより足がむくんでしまうのは大変つらいものです。1日中酷使して疲れた足こそ、自由になる自宅では締め付けから解放してあげたいものです。

とはいえ、何も履かずにいると冷えに繋がってしまったり、外での疲れが余計に残ってしまったりする可能性も否めません。そこで、できるだけ履いている感覚がなく、快適さを感じるルームシューズを選ぶことが重要となります。

自宅だからこそ足に負担をかけたくない

自宅にいても、案外足に負担がかかることも多いものです。たとえば、家事をするときは同じ場所に長時間立っていることもあり、外で疲れた足に対してさらにストレスがかかることがあり得ます。

ですが、自宅ではそれらを無意識に行っていることも多く、「負担をかけている」という気付きにまで至らない場合もあるのです。私たちの意識は、外にいるときのシチュエーションに向いてしまいがちですが、プライベートの空間こそ大切にしなければならないのかもしれません。

多くの人に見られていない時間や空間の積み重ねによって、心身の健康を創り出すことが大いにあるともいわれています。

ルームシューズで冒険するのも効果的

足の負担が軽減されるルームシューズがせっかく市販されているのですから、ヒールやパンプスのように自宅でも気軽に取り入れたいですよね。

最近のルームシューズには、さまざまなバリエーションが揃っています。自分の足が楽なものをプライベート空間にも取り入れることで、自宅にいてもおしゃれな気分で過ごすことができるようになるかもしれません。

確かに、自宅は誰も見ていない空間です。だからこそ、自分磨きのためには最高の場所だと言えるかもしれません。お気に入りのルームシューズを試すという冒険をしてみることでリフレッシュでき、より良い充電期間になってくれることでしょう。

女子におすすめ!快適ルームシューズ

クロッグタイプでゆったりと!アムステルダム

BIRKENSTOCKのルームシューズは、上記のような理想のルームシューズの要素をぎゅっと詰め込んだ究極の逸品です。そのひとつであるクロッグタイプの「アムステルダム」は厚手のルームフェルトで作られており、真冬のつらい冷えからも守ってくれます。

肌触りも抜群なため、素足のまま履いても快適です。足底にはEVAという素材が使用されており、とても軽いうえに床を傷つけない加工になっているため、室内で活動的に動き回っても安心です。

また、カラーバリエーションも豊富なため、色違いで2~3色のルームシューズを揃えてその日の気分でコーディネートしても楽しそうです。家族で履いたり、友人などへのプレゼントにしたりするのにも重宝するかもしれません。

シングルストラップでカジュアルに!マドリッド

ルームシューズはスリッパ式のものが多いのですが、サンダルスタイルでも心地よいものです。水にも強い素材のEVA樹脂を使用していることから、ルームシューズのみならずビーチサンダルなどとしても履くことが可能です。

シングルストラップタイプなので足を締め付けることがなく、歩くたびにフットベッドから足が離れ、足の指が伸びるしくみになっています。この動作はふくらはぎを鍛えてくれることから、知らず知らずのうちに筋力トレーニングもしてくれます。

「マドリッド」という名前にふさわしく、ビビットなカラーバリエーションが揃っているので女子力も上がりそうです。

安定感重視!ダブルストラップのアリゾナ

こちらもサンダル式のルームシューズ「アリゾナ」。もちろん、外出用としても使えます。ダブルストラップタイプなので安定感が抜群です。おなじみのフットベッドはとても軽くて柔軟性があり、耐久性にも優れているため長く履くことが可能です。

機能性とともにトレンドを押さえたデザインを組み込むことも多いため、自宅にいてもちょっとしたおしゃれ感を味わうことが可能です。また、ストラップの素材にもこだわりがあります。加工を施していないスムーズレザーや、皮なのにやわらかなスウェードレザーが有名です。

さらに、通常より多くのオイルを染み込ませたしっとりとしたオイルレザーも用意されています。履き心地に加え、レザーで見た目の印象も変わるので、好みのものを選ぶことができます。

ルームシューズで癒されるからこそ頑張れる

ルームシューズは、次のことを心に留めながら選んでみましょう。

  • 身体の不調を守るルームシューズが快適だと知る
  • 長時間履いても違和感がないものを選ぶ
  • 機能性に加え、女性らしさを忘れないルームシューズで気分も豊かにする

素敵女子は自宅で過ごす時間も大切にしています。お気に入りのルームシューズで自分を癒し、明日も頑張りましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

72



ページのトップへ