公開日:2018/03/01 

ブログで大反響した"カルニチンダイエット"とは?カルニチンを飲む量やタイミング、ダイエット効果について

ダイエットの流行の発信源にはいろいろありますが、特にリアルな声を集められるSNSやブログは多くの人がチェックしているため、なかには反響が多きなったダイエット方法もあります。大反響だったダイエット方法のひとつがカルニチンダイエットです。カルニチンと言ってもあまり聞きなれないかもしれません。ここでは、カルニチンダイエットのやり方や効果を紹介します。

カルニチンダイエットの「カルニチン」とは?

カルニチンダイエットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。多くの人がカルニチンはそもそも何なのかを知りません。最初にカルニチンとは何かということから説明します。

脂肪が燃焼する仕組みとは?

ダイエットをするときは運動などで脂肪を燃焼させます。しかし、実際に「脂肪を燃焼させる」というのはどのようなメカニズムで行われているのでしょうか。

人は運動をするときに体に蓄積された中性脂肪を分解してエネルギーとして使います。つまり中性脂肪がエネルギーに変わることで脂肪が減るのです。

細かくステップに分けて説明すると、エネルギーが不足した身体は脂肪を分解するために脂肪分解ホルモンを分泌します。その結果、褐色脂肪細胞により脂肪分解酵素が作られて中性脂肪の分解が進みます。分解された中性脂肪は、グリセロールと遊離脂肪酸になります。このうちエネルギーとなるのが遊離脂肪酸です。遊離脂肪酸は細胞のミトコンドリアと燃焼されて体脂肪が減ります。

カルニチンとは?

カルニチンは脂肪が燃焼するメカニズムの中で、遊離脂肪酸をミトコンドリアに取り組む働きがある成分です。カルニチンがないと、ミトコンドリアに遊離脂肪酸が入らないため脂肪をエネルギーにすることができません。

脂肪を燃焼させるためにはこのカルニチンの働きが重要です。カルニチンとは人間だけでなく、哺乳類や昆虫など、ほとんどの生物の中に存在している成分で体内でも合成されます。しかし、加齢とともに合成されるカルニチンの量は減ります。加齢とともに太りやすくなったという人はカルニチンに原因があるのかもしれません。

日本人に不足しがちなカルニチン

カルニチンは、この成分そのものが多く含まれている食品を食べることでも摂取できます。カルニチンが多く含まれているのは、羊肉や牛肉、あさりや牡蠣などです。特に赤身の肉には、カルニチンが多く含まれていると言われています。しかし、日本人はカルニチンが多い肉を食べる習慣があまりないと言われ、カルニチンが不足しがちです。

またカルニチンの摂取量は1日に200~500ミリグラムが望ましいと言われています。これはカルニチンが豊富に含まれている羊肉で換算しても500グラム以上です。これを毎日摂取するのは、あまり現実的ではありません。

そのため、無理に食事で摂取するのではなく、カルニチンのサプリメントを上手く生活に取り入れることが現実的だと考えられるようになりました。

ブログで大反響のあったカルニチンダイエットの効果とは?

こうして、カルニチンが脂肪燃焼に大きなかかわりのある成分であることがわかったところで、実際にダイエットとして利用する方法を紹介しましょう。

汗をかきやすくなった

ブログや口コミで多く聞かれたのが、カルニチンダイエットを始めてから汗をかきやすくなったという声です。代謝が良くなるため冷え性などが改善したという声もありました。また、ダイエットを目的とするだけでなく筋肉をつけて鍛えたいという人にもカルニチンが支持されています。

運動との併用でさらに効果が上昇

カルニチンの効果をさらにアップさせるために、多くの人がカルニチンとジョギングやジムを併用しています。カルニチンを飲むようになってから運動時に身体が温まりやすくなったという意見もありました。実際に体重や中性脂肪の値が下がって効果を実感したという人もいます。

運動をしても疲れにくくなった

カルニチンには脂肪燃焼を助けるだけでなく、疲労回復効果もあります。そのため運動をしても疲れにくくなったという口コミもありました。運動を続けるためのサポート役としてもカルニチンは利用されています。

食事制限にもカルニチン

カルニチンを摂取しているのは運動をしている人だけではありません。食事制限をしている人にもカルニチンは嬉しい効果があると言われています。カルニチンには空腹感を緩和する効果があると考えられているからです。また、食事制限で肉類を食べないとカルニチンが不足してしまいます。そのため、サプリメントでカルニチンを補給するというのも選択肢です。

カルニチンダイエットはカルニチンを飲む量とタイミングが大事

カルニチンダイエットはやり方さえ間違えなければ難しくありません。カルニチンダイエットのやり方と注意点を紹介します。

カルニチンを飲むタイミングは食事や運動前

カルニチンは脂肪を燃焼させる働きをサポートする成分です。脂肪を燃焼させるというと、体内に溜まった脂肪を燃やすようなイメージがありますが、実際には食事で摂取した脂肪を先にエネルギーとして使ってから、溜まった脂肪を燃焼させます。そのためカルニチンを摂取してから食事をすることで食べ物に脂肪の代謝が進み太りにくくなると考えられています。

運動前もカルニチンを飲むのに適したタイミングです。運動前にカルニチンを摂っておくことで、運動による脂肪燃焼効果がアップすると言われています。また、カルニチンには疲労回復効果もあることも注目を集めていることです。運動の疲れを早くとるためにも、運動前は最適でしょう。

用法用量は厳守すること

脂肪燃焼効果が期待されているカルニチンですが、摂取し過ぎにはリスクがあるという指摘もあります。厚生労働省によって定められた摂取量の上限は1000ミリグラムです。またカルニチンをたくさん飲んだとしても、飲んだ量だけ脂肪燃焼がよく進むということではありません。カルニチンを飲むときは説明書をよく読み、用法用量を必ず守るようにしましょう。

ダイエットのサポートにカルニチンを取り入れてみよう

ダイエットの仕組みは基本的に摂取したカロリーよりも多くカロリーを消費することです。カルニチンは脂肪燃焼をサポートしてくれると言われていますが、そもそも脂肪を燃焼させるためには運動しなければなりません。カルニチンダイエットを成功させているブログでも、多くはジョギングやエクササイズと併用しています。それだけに頼るのではなく、ダイエットのサポートとしてカルニチンを取り入れてみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

431



ページのトップへ