公開日:2017/05/26 

まつ毛をいつも上向きに!トラブルも防ぐカールのキープ方法

まつ毛をカールすると目がぱっちりして見える効果がありますが、カールをキープするのは至難のわざ。しかも、ビューラーやマスカラがまつ毛に負担をかけるという心配もあります。カールを保持するコツと共に、まつ毛の健康も考えてみましょう。

美しいまつ毛メイクは、美しいカールから

マスカラで作る、洗練された美しいまつ毛

マスカラと一言で言っても、まつ毛が長く見えるロングタイプ、繊維入りのボリュームタイプ、カールしてキープするカールタイプなどがあります。あなたのなりたいイメージで選ぶべきですが、顔の形やまぶたの状態によっては合わないタイプもあるので、必ず購入する前にタッチアップしてみましょう。

まつ毛が美しい印象を与えるには、根元からしっかり立ち上がってカールしていることが必要です。折れ曲がったように突然立ち上がっているまつ毛は不自然で、洗練されていない印象を与えるので、ゆるやかなカールを作りましょう。そのためには、毛先だけではなく全体にマスカラ液をつけることが大切です。

マスカラをつける前にビューラーでカール

基本的なマスカラによるメイクは、まずビューラーを使ってまつげをカールさせておくことから始まります。1度にカールしようと力を入れると折れたような見た目になったりするので、根元から毛先へと3段階に分けるように意識して、カールしていきましょう。

コツとしては、一挙に上げてしまい不自然になりがちな根元は少しずつカールしていくこと。毛先に向かってやはり少しずつカールしていくことで、不自然さがなくなります。毛先は折れ曲がらないように力を抜いて優しくカールして。全体が自然なカーブを描くように仕上げてから、マスカラを塗ります。

マスカラの重ね塗りは汚く見える原因に

アイメイクで目をぱっちりと大きく見せたい時、やはりマスカラの力なくしては効果が得られません。たくさん塗ればより大きな効果が得られるかもと重ね付けする人も多いと思いますが、かえってダマができて汚らしくなることもあります。何度も塗らなくてもきれいに仕上がるように、中央、目頭、目尻に分けて塗りましょう。

マスカラにはカールをキープする効果がありますので、まつげを持ち上げるように意識して塗布しましょう。上まつげの中央、目頭、目尻の順で塗布していきます。軽くあご先を上げ、眉を軽く上げるように意識し、目線を下へ落とすと根元からきれいに塗布できます。

引用元:ダマにならない!目を大きく見せるマスカラの塗り方 | スキンケア大学

カール大事、でもまつ毛の健康も大事

まつ毛メイクのし過ぎによる危険性とは

魅力的な目元を作るためにも、まつ毛メイクは欠かせないものですが、自分に合わないものや刺激の強いものを継続して使っていると、まつ毛が抜けるなどのトラブルに見舞われることも。マスカラはビューラーの使い過ぎに気をつければまだ物理的なダメージは少ないのですが、つけまつ毛をひんぱんにつけたり取ったりしていると、グルー(接着剤)によってかぶれることがあります。

また、まつ毛エクステやまつ毛パーマにより、結膜炎などといった目の病気にかかり、それが原因でまつ毛が抜けてしまう場合もあります。目に異物感を感じたり、涙がやたら出たりという症状があれば、それはまぶたの炎症である眼瞼炎かもしれません。

目の炎症が視力低下を招く恐れも

つけまつ毛やまつ毛エクステをつける際に使うグルー(接着剤)が結膜やまぶたの皮膚につくと、目の炎症が起こることがあります。また、まつげパーマのパーマ液も炎症を起こす原因になりやすいので、皮膚が敏感な人はこうしたメイクは避けた方がよいでしょう。マスカラも繊維が目の中に入ることで、目を傷つける場合があります。

炎症が起こるとまつ毛の毛根の周りもダメージを受け、それによってまつ毛が抜けてしまう恐れもあるので気をつけたいもの。また、最悪の場合角膜に傷がつくなどの不具合が起こると、視力に異常をきたしてしまうこともあります。メイクによるトラブルだしと軽視せずに、早めに医療機関に相談しましょう。

ビューラーでの力をかけ過ぎは抜け毛のもと

カールをキープしたいあまり、ビューラーでまつ毛にぐいぐいと力をかけていませんか?強い力をかけ続けていると、まつ毛の毛根に悪い影響を与え、毛が抜けてしまうこともあります。毛が抜ける症状が見られたら、ビューラーの使用を中止することも考えるべきです。

まつげはもともと一定期間で生え変わるものですが、あまりにダメージを与え続けると、次のまつげが生えてくる前にどんどん抜けてしまいスカスカになったり、最悪の場合、毛根が深刻なダメージを受けて毛が生えてこなくなる可能性もあります。

引用元:【医師監修】まつげの毛周期はどのくらい?まつげのメカニズム | スキンケア大学

美しいまつ毛のため気をつける点

まつ毛用育毛剤と美容液の違いとは

美しくカールしたまつ毛にとっては、まつ毛の健康を守ることも大事です。そのためにはたまにはまつ毛メイクをするのをやめて、まつ毛を休ませてあげましょう。マスカラやつけまつげをつけないでいる間、まつ毛に育毛剤や美容液を与えてあげるのもおすすめ。

育毛剤は医薬部外品・医薬品なので薬局では買えず、処方せんが必要になります。美容液の方はドラッグストアなどでも買うことができますが、ダメージを治療するというものではなく、あくまでケアするもの。まつ毛を保湿したり、コシを強くする成分が含まれているので、健康的なまつ毛に育てることが期待できます。基本的に、洗顔後何もまつ毛につけていない状態で使いましょう。

アイメイクを落とす時に気をつけたいこと

まつ毛をダメージから守るためには、アイメイクを落とす時にも気を使いましょう。ウォータープルーフなどの落ちにくいアイメイクを落とす際に、クレンジング剤を含ませたコットンで、力を入れて目の周囲をこすってはいけません。目の近くの皮膚は薄いのでダメージを受けやすい上に、まつ毛にも過剰な力がかかって抜け毛の原因になってしまいます。

こうしたメイクはアイメイク専用のリムーバーを使って、丁寧に落としましょう。しかし専用リムーバーの中には目に沁みるものがあり、そうした商品によって目の炎症が起こり、毛根にダメージを与えることも。クチコミなどをチェックして、刺激の少ないリムーバーを選ぶようにしましょう。

健康なまつ毛を取り戻すために周期を知ろう

まつ毛にも、髪の毛と同様毛の生え変わる周期があります。なのでダメージを与えたと感じたら、しばらくまつ毛メイクを我慢してみてはいかがでしょうか。周期は30~100日なので気の長い話ですが、ダメージを受けたままでいるとまつ毛が生えてこなくなる危険性も。トラブルがあったら、思い切って休ませてあげましょう。

一般的に、まつげの毛周期は早い人で30日、遅い人で100日程度といわれています。まつげは体毛の中でもかなり短い毛になるので、他の体毛の毛周期と比較すると期間は短い方です。まつげの毛周期は、成長初期、成長期、退行期、休止期と、大きく4つの段階に分かれています。

引用元:【医師監修】まつげの毛周期はどのくらい?まつげのメカニズム | スキンケア大学

カールしたまつ毛をキープするために

  • マスカラは塗り重ね過ぎて、汚らしくならないように
  • ビューラーを使う時は数段階に分けて美しくカール
  • まつ毛にダメージが起きたら、休ませてあげましょう

美しくカールしたまつ毛のためには、メイクテクニックと共に、まつ毛の健康を守る意識も必要です。トラブルが起こったら早めに医療機関に相談することがまつ毛を守ります。健康なまつ毛があってこそ、きれいなアイメイクもかなうことをお忘れなく。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

78



ページのトップへ