公開日:2017/05/26 

まつげパーマとまつげエクステの値段!サロンとセルフ比較!

パッチリとした目元を作るのに欠かせないまつげパーマとまつげエクステ。専門のサロンに行くのとセルフは比較するとどれだけ差があるのでしょうか?サロンに行くメリットとセルフで行うメリットを詳しく説明します!

まつげパーマ?まつげエクステって?

まつげパーマってなに?

まつげパーマとは、まつげ専用のパーマ液でまつげをカールさせて、目元をパッチリとした印象にする美容の1種です。通常のパーマ液とは違い、目に入りにくいようにクリームやジェルになっているものが多いです。ロットやビューラーで固定した後に、パーマ液を浸してまつげにカールを付けます。

メリットは綺麗なカールが持続すること。ビューラーだとまつげが折れたり、水に塗れるとカールが取れてしまうこともありますが、パーマだとカールを持続させることができます。また毎朝まつげを気にする必要もないので、メイク時間も短くすることができます。デメリットとしては、まつげが傷みやすくなってしまう点と、まつげ自体の長さを変えることができない点です。まつげへの負担も大きく、元のまつげの量がないと思うようにカールできないことがあります。

まつげエクステってなに?

まつげエクステとは、専用のグルーで自分のまつげに1本1本まつげのエクステを付けていくことです。まつげの長さや太さ、カール具合もたくさんの種類の中か選べるので、気軽に理想の目元をつくることができます。

メリットとしては、色々な種類の中から自分の好きなものを選んで、すぐにまつげのボリュームアップできるという点。理想のまつげが持続するので、メイクも時間も短縮でき、すっぴんでも印象的なまつげを演出できるので、目元に自信が持てるようになるかもしれません。デメリットは、エクステが定着するまで時間がかかること。グルーが完全に乾いて定着するまでだいたい4~5時間程度かかると言われています。この間は外出などはできません。また人工のエクステに慣れるまで時間がかかる人もいるようです。

パーマとエクステの違いは?

まつげパーマとまつげエクステの最大の違いは、自毛のまつげを利用するかどうかです。厳密に言うとパーマもエクステも自毛のまつげを利用しますが、パーマは自分のまつげそのものをカールさせるのに対して、エクステは自分のまつげに人工のまつげを付け足すイメージです。

そのため、現状自分のまつげの量が多いと感じている方は、人工のまつげを付け足す必要がないので、まつげパーマを利用する方がいいでしょう。自分のまつげをカールさせているだけなので、肌へのダメージも少なく、人工のまつげよりもナチュラルです。一方、まつげのボリュームに不満を感じている方には、まつげエクステがオススメです。たくさんの種類の中から、自分の好きなエクステを選べるので、理想の目元をすぐに実現することができます。

まつげパーマはサロンとセルフ、どっちがお得?

サロンでまつげパーマをする場合

まつげパーマには通常のメイクよりも高い技術力が求められます。万が一パーマ液が目に入ってしまうと激痛がはしるので、プロに任せてしまう方が綺麗に安全に仕上がります。

サロンでまつげパーマをお願いした時の相場は3,000円前後と言われています。もちろん中にはまつげに特別なトリートメントなどを施すため、5,000円から10,000円前後のサロンもあります。値段が高ければ高いほど、技術力が高いというわけではなく、全ては施術者の腕にかかっています。もちろんハイクラスのサロンの方がサービスも充実していたり、安心感もあるので、初めてまつげパーマをする場合には通いやすいかもしれません。中には仕上がりのイメージが違う場合は無料でやり直してくれるサロンもあるので、自分にあったサロンを見つけるといいでしょう。

セルフでまつげパーマをする場合

自分でまつげパーマをする場合の最大のメリットは値段の安さです。サロンでまつげパーマをする場合、3,000円程度かかりますが、セルフでやれば500円程度でまつげパーマができます。

節約をしたい場合にはサロンに行くよりもセルフでやる方が断然いいでしょう。しかし自分でまつげパーマをするには技術が必要です。パーマ液は目に入りにくいようにできていますが、それでも目の中に入ると、激痛がはしります。セルフの場合このようなリスクがありますが、自分で調整できる分、好きなまつげのかたちを付けられますし、出来上がりにも愛着がわきやすいです。何度も訓練していけば徐々に技術も身についてくるので、失敗を恐れずに繰り返すことでサロンのような綺麗な仕上がりを目指せます。

初めてのまつげパーマはサロンがオススメ!

まつげパーマが初めての方にはサロンに行くことをオススメします。エクステに比べて技術が必要な分、慣れないうちは自分の思ったようなまつげを作ることは難しいでしょう。ですので最初はサロンに行って、専門のスタッフにパーマをかけてもらうようにしましょう。何度も通っていくうちに、スタッフの手先の動きや技術を覚えていくので、セルフでやる時の参考にもなります。

セルフのまつげパーマに慣れている人は節約にもなるので、そのまま続けていくのもいいでしょう。しかしたまにサロンへ行ってまつげパーマをかけてもらうと、いつもと違ったやり方や、まつげのケアの方法なども教えてもらえるので参考になることが多いと思いますよ。

まつげエクステは専門店とセルフ、どっちがお得?

専門店でまつげエクステをする場合

まつげエクステは最近は、さらに人気が出て、駅の周りにはまつげエクステ専門も頻繁に目にするようになりました。専門店やサロンでまつげエクステをお願いする場合、1本あたり100円程度の料金がかかります。通常両目で60本程度を使用するので、4,000円から6,000円程度が相場と考えるといいでしょう。

また最近では60分まつげつけ放題などのサービスを行っているサロンも増えてきました。つけ放題の場合は5,000円から10,000円くらいと幅があります。60分あれば両目で60本以上のまつげを付けられるので、たっぷりエクステを付けたい場合にはつけ放題を利用した方がお得かもしれません。まつげのトリートメントをお願いした場合はさらに1,000円ほどかかります。

セルフでまつげエクステをする場合

まつげエクステはセルフでも手軽にできるのが特徴です。エクステ自体は近所のドラッグストアや日用雑貨を揃えているようなお店に置いてあります。安いものだと100円からあるので、非常に入手しやすいです。高いものになると5,000円を超えるエクステもあります。値段や種類も非常に豊富なので、自分に最も似合うまつげを探すこともできます。

セルフでまつげエクステをするメリットは付け外しが簡単なのでシーンに合わせて最適なエクステを使用できるという点です。ビジネスシーンでは控えめなエクステを選んでみたり、パーティや遊びの時にはハデ目なエクステを選んだりと、TPOや付ける時の気分に合わせて選べます。

専門の技術を体験して習得しよう!

まつげパーマに比べて、まつげエクステは種類も豊富で初心者でも割と簡単に付け外しができるようになっています。そのため初心者でもいきなりセルフでエクステに挑戦しても大丈夫です。まずは値段が安いものから挑戦して、自分に技術が身についてきたと思ったら高級エクステに挑戦してみましょう。

また技術を身に付けるためにエクステ専門のサロンに通うのもありです。サロンであれば専門スタッフの高い技術を体験できるので、セルフよりも綺麗にエクステを付けることができるでしょう。またサロンでエクステをした方が定着しやすいとも言われています。場合によってはセルフでやるよりも、サロンに行った方が安上がりな時もあるので、値段を比較して自分に合った方法を見つけましょう。

パーマもエクステも最初はプロに任せてみて!

まつげパーマとまつげエクステについて紹介しました。どちらも初心者であればまず、サロンに行ってプロの技術を体験した方が早く上達しますよ!

  • まつげパーマサロンの相場は3,000円程度
  • まつげエクステサロンの相場は4,000円程度
  • 最近はエクステ付け放題もあるのでオススメ!
  • パーマもエクステも最初はプロに任せて技術を習得しよう!
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

53



ページのトップへ