公開日:2017/06/09 

老け顔は嫌だ!そんなあなたに今すぐ試してほしい表情癖チェック&改善法

突然ですが、あなたは自分の顔を毎日見ていますか?女性の方ならメイクをする際など、日々の生活の中で自分の顔を見る機会も多いのではないでしょうか。

しかし、それ以外の時はどうでしょう?喋っているときや、食べる時など無意識の内についてしまった表情の癖によって知らず知らずのうちに「皺」や「たるみ」ができてしまいます。いつの間にか皺が!そんな事態を避けるために、自分の顔の癖を知る方法と改善法をご紹介します。

「皺」や「たるみ」を引き起こす代表的な表情癖

話す時に口の下だけを使う癖

口角の両側に指をあて、「え」と発音してください。この時に口の下側だけが動く方は注意が必要です。では続いて、同じようにして「い」と発音してください。

口が横に引っ張られるような感じがしませんか?そのような方も注意してください。口の下側の筋肉ばかりを使う癖がついてしまっている可能性があります。この癖がつくと頬やフェイスラインがたるんでいく原因の1つになります。

改善法

指や手のひらで頬を持ち上げたり、頬骨の辺りを斜め上側(こめかみの方に向かって)に引っ張り上げるようにして、こわばった顔の筋肉をほぐしてあげましょう。

鼻の下を伸ばす癖

ボールペンや鉛筆など細長い棒を鼻と唇の間に10秒間はさみます。ボールペンを取った時に唇を内側に巻き込みたくなる方は要注意!

日常的に鼻の下を伸ばす癖がついてしまっている可能性が高いです。この場合、口元にたるみが生じやすく、ほうれい線が濃くなる原因にもなってしまいます。

改善法

この癖を改善するためには唇の筋肉をほぐす事が重要になってきます。両手で唇を中央に寄せたり離したりしてほぐしましょう。同時に口の周りもマッサージしていきましょう。

無意識の内に驚き顔

まず初めに、額に手のひらを当ててください。そのまま目を大きく見開いてみてください。この時に、額が動く方は要注意!

普段から無意識の内に驚き顔になっている可能性が高いです。普段から驚き顔の癖がついてしまうと、額や目の周りに皺ができやすくなってしまいます。この癖がある方は、目の周り特に瞼の筋肉が衰えている方が多いです。

改善法

指先で目の周りの筋肉をほぐしてください。額に手のひらを当て、そのまま目だけ動かして上を見ます。そのまま数回瞬きをしてください。この時額の筋肉が動いてはいけません。これを数回繰り返します。

眉間の皺の原因と対策

眉間に皺をよせる表情の癖

眉間にシワが刻まれてしまう原因の中で、一番多いとされているのが、表情の癖です。文章などを読む際に、見えにくいと無意識の内に目を細めてしまったり、心配事が多くしょっちゅう強ばった表情をしているなどの眉間にシワを寄せる癖があります。

また、長い時間に及ぶデスクワークや主婦業など、手元を見続けるような仕事に集中していると、眉間に皺が寄ってしまっている方が非常に多いようです。

仕事に全力を傾けているため、どうしようもないことでもあるのですが、表情筋を使うことが減少し、全体的に硬直した表情を毎日反復していると、眉間に皺が刻み込まれてしまうのです。

改善法

まずは、意識的に眉間に皺を作る表情の癖を治すところから始めましょう。考え事や心配事が多い方、怒りっぽい方などは特に眉間に皺を寄せる癖があります。表情の癖は長年にわたって繰り返されてきたものが多いので、難しい作業ではありますが、意識的に改善していくよう努力しましょう。放っておくと更に皺が定着してしまいます。

視力の低下

これもまた、眉間に皺が刻まれやすくなる原因の一つで、焦点を合わせようとして無意識の内に目を細めてしまい、眉間に皺を寄せる表情が作られていきます。これを繰り返していくと、眉間に皺が定着してしまいます。

改善法 

視力の低下が原因で目を細めてしまう方は、視力の矯正を行ってください。既に何らかの矯正をしている方も、年月が経つにつれて視力が変化しているという事はよくあります。

せっかく矯正していても、現在の視力に適した度数のものを使用していないと、これもまた眉間に皺を作る原因になってしまいます。もう一度、度数を見直してみてはいかがでしょうか。

乾燥

肌が乾燥すると、角質が剝がれていきその剥がれた角質の隙間から水分が出て行ってしまいます。皮膚の中でも眉間は特に皮脂の分泌がきわめて少なく、乾燥しやすい部分です。乾燥は皮膚を固く薄くしてしまいます。そうすると、どんどん皺が形成されやすくなってしまうのです。

改善法

眉間は一番スキンケアが行き届きにくい場所とされています。ですので、一番肌トラブルが多い箇所でもあるのです。化粧水や乳液を塗る際には、眉間を中心に塗ってみてください。

また、眉間の皺解消にはマッサージも有効です。眉間を親指と人差し指で摘まむようにして揉んでください。そのまま眉毛に沿って目尻の方へ少しずつ移動しながら摘まんでいきます。

このマッサージは皺眉筋(すうびきん)をほぐす効果があり、眉間や目の周りの皺をとるのに効果があります。是非試してみてください。

笑顔のトレーニングで若々しい顔に!

表情筋の衰えによって引き起こされる脂肪の下がり

顔が太ったり、たるんだりしてくると体のように服を着て隠すこともできないため目立ってしまいますよね。体は細くても顔が浮腫んだりたるんだりしてしまうのが悩みの種という方も多いのではないでしょうか?

皆さん体のことは結構気にして運動されたりしていますが、顔はどうでしょう?顔にも体と同じように沢山の筋肉があり、この筋肉も動かさないと衰えてしまいます。その結果その上にある脂肪を支えきれなくなり「たるみ」が生じてしまう原因になります。顔の筋肉は体の筋肉に比べて、薄く繊細で衰えやすいという特徴があります。

その為、顔は体の中でも特に筋力が低下しやすい箇所なのです。顔の筋肉の衰えはたるみを招くだけでなく、下がった部分に余分な脂肪がつき、浮腫みの原因にもなります。私たちの顔には22種類の表情筋があるといわれています。

しかし、日本人の一般的な生活の中では、この表情筋のうち7割は使われていないとされています。普通に生活していただけでは、どんどん表情筋が衰えてしまうのです。表情筋を効率よく動かしていくには笑顔を作るのが効果的です。

年齢と共に私生活の中で笑顔を作る機会が減ってきているという方も多いのではないでしょうか?シャープで引き締まったフェイスラインは若々しい印象をあたえます。また、笑顔は相手に良い印象を与えることが多いですよね。普段使われていない表情筋を意識して動かし、若々しい顔を作っていくと同時に、素敵な笑顔を作っていきましょう。

ほうれい線は皺ではなくたるみ

最近ほうれい線が目立ってきたんじゃないかなと感じているあなた。ほうれい線が皺だと誤解されてはいませんでしょうか?ほうれい線は表情筋の衰えや脂肪の下がりからくる「たるみ」です。皺は皮膚の弾力繊維が年齢とともに変化してできるものです。たるみは重力によって筋肉や脂肪が下がって生じるものですので、根本的に違うものなのです。

たるみは表情筋を鍛えることによってある程度改善することができます。ほうれい線が深く刻まれた顔は老けた印象を与えてしまいます。日常的に笑顔をつくることにより、このほうれい線を改善していきましょう。

笑顔の強化法3選

三日月形の目

素敵な笑顔のポイントとして、目が三日月形になっているという事があげられます。ニッコリした時に目が綺麗な三日月形になっていると、とても素敵な印象を与えます。そんな三日月形の目を手に入れるためには眼輪筋と呼ばれる目元の筋肉を使うトレーニングが有効です。

まず、両目を大きく見開きギュッと閉じます。この時額に皺が寄ってはいけません。次にウインクをするように片目を見開き、もう片方の目はギュッと閉じる。この際も額に皺が寄らないようにしましょう。それぞれの運動を10回×2セット目指して頑張りましょう!これであなたも三日月形の素敵笑顔女子へ一歩前進です!

キュッと上がった口角

素敵笑顔には何と言ってもキュッと上がった口角が必要不可欠です!その間からきらりと光る歯がのぞけば完璧です。そんなキュッと上がった口角を手に入れるためのトレーニングをご紹介!

まず、タコのように口をギュッとすぼめていきます。そしてゆっくりと元に戻します。この動作を1日10回以上を目指して頑張りましょう。続いて、口を閉じたまま口角をゆっくり上げていきます。笑顔の状態で5秒キープし、ゆっくり元に戻します。

こちらも1日10回以上を目標に頑張りましょう。これで素敵笑顔女子にまた一歩近づきました!

鏡を見ながら笑顔の練習

素敵な笑顔になるには、自分の一番素敵な笑顔がどんな感じなのか知る必要があります。1日に1度は鏡を見て素敵な笑顔を作る練習をしましょう。最初は恥ずかしかったりもしますが、毎日やっていると自分の笑顔を見るのが結構楽しい事だと気づくはずです。

それに、モデルさんや女優さんは皆日々笑顔の練習をされています。彼女たちの笑顔がとても素敵なのは、彼女たちが自分の一番素敵な笑顔を知っているからです。あなたも自分の最高の笑顔を知って、一緒に素敵笑顔女子になりましょう。

老け顔防止のために表情筋を動かそう

いかがでしたでしょうか。今回は老け顔にならないために気を付けたい表情の癖と改善法について書かせていただきました。

  • まずは、自分にどんな表情の癖があるのかを知りましょう
  • 皺やたるみを減らすために適切なケアを心がけましょう
  • 表情筋は普段あなたが思ってる以上に使われていない
  • 若々しく素敵な顔になるには素敵な笑顔から

春は出会いの季節です。そしてその先に待つ楽しい夏を迎えるためにも、日常的に表情癖を意識し、表情筋を動かすことによって相手を良い気持ちにする素敵な笑顔、素敵なフェイスラインを作っていきましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

270

Editor's Information

老け顔は嫌だ!そんなあなたに今すぐ試してほしい表情癖チェック&改善法
mion(みおん)
モデル。
アパレルECサイトの商品着用モデルをメインにスチールや映像など幅広く活動中。
仕事柄、美容やダイエットに関心が高く、役に立つ情報を収集する事が趣味。
日々の生活の中で心に響く美容記事を発信していきます。


ページのトップへ