公開日:2017/06/15 

つけまつ毛のオフの仕方とは?肌に優しい取り方をマスター!

目元を華やかにしてくれるつけまつ毛。つける時はきれいにつけようと頑張るけれど、外す時はついつい適当に引っ張って外している、ということはありませんか?今回は、つけまつ毛にも肌にも優しい、つけまつ毛のオフの仕方を丁寧に解説します。

つけまつ毛の扱い方NG集

丁寧に使えば長持ちするはずのつけまつ毛

アイメイクで大活躍してくれるつけまつ毛。マスカラよりもお手軽にまつ毛を盛れて、パッチリとした目元を実現してくれるお役立ちツールです。大切にお手入れをして使えば3ヵ月持つとも言われていますが、少しでもお手入れを怠ると、グルー(接着剤)がくっついて汚くなり、あっという間に使えなくなってしまいます。

つけまつ毛を使うようになってからまぶたのたるみが気になってきたという人も、つけまつ毛の扱い方が間違っている可能性大。正しく扱えば、つけまつ毛はとても長く持ちますし、まつ毛やまぶたを傷めるリスクもかなり下がるはずです。つけまつ毛にもまぶたにも優しい使い方をマスターして、アイメイクを安心して楽しめるようにしましょう。

それはやめて!NGなオフの仕方

つけまつ毛を取る時、無理やり引っ張って外していませんか?引っ張れば確かにつけまつ毛を取ることはできますが、自前のまつ毛も一緒に抜け落ちてしまいます。それに、まぶたが引っ張られてだんだんたるんでくるという恐ろしい結果を招きかねません。まぶたのたるみはそのまま老け顔に直結します。ですので、手でつけまつ毛を引っ張って取るのはやめて、正しいオフの仕方をマスターしてください。

また、つけまつ毛のグルーがついたまま放置すると、つけまつ毛にグルーが残って毛束ができてしまい、きれいに広がっていたつけまつ毛が傷んでしまいます。そのように汚くなってしまうと、本当はまだ使えるのにもう使えないからと捨ててしまい、お金の無駄遣いになってしまうでしょう。

肌にもつけまつ毛にも優しい扱い方を知ろう

このように、つけまつ毛の正しい外し方を知らず、つけまつ毛のお手入れをしないでいると、美容上も問題がありますし、経済的な負担も大きくなりがちです。つけまつ毛を優しく扱って肌に優しい取り方を覚えることで、自然とつけまつ毛自体のお手入れもできるようになります。目元にもつけまつ毛にも優しい扱い方をきちんと覚えて、いつまでも若々しい目元を保ち、つけまつ毛の寿命を長くして節約しましょう。

つけまつ毛を肌に負担をかけず外せるようにするには、実はつけまつ毛を着用する際にひと手間かけることが必要です。また、つけまつ毛を買ったばかりの時に手をかけておくことで、つけまつ毛自体の保護もできます。事前準備についても見ていきましょう。

つけまつ毛の肌に優しいオフの仕方

つけまつ毛購入時にやっておくべきこと

つけまつ毛自体をグルーから保護し、きれいに保つためには、購入直後にやっておきたいことがあります。それは、マニキュアのトップコートを使ってつけまつ毛を保護する方法です。マニキュアのメーカーは問いません。すでにお持ちならそれを使うといいでしょう。つけまつ毛の接着芯にサッと塗ってくださいね。

つけまつ毛を使用する前、おろしたての時に1回だけこの処置をしておくと、グルーが取りやすくなり、つけまつ毛のお手入れが楽になるのだとか。まぶたからの取り外しもしやすくなりますよ。次に新しいつけまつ毛を購入する際には、ぜひ試してみたいテクニックです。

つけまつ毛装着前にやっておくべきこと

つけまつ毛を優しく取るなら、つけまつ毛をつける前にひと手間加えておくとさらに外しやすくなります。それは、接着力の強いグルーを塗る前に、接着力の弱いグルーを塗っておくことです。接着力の強いグルーは、市販品のものを使っている場合が多いでしょうから、つけまつ毛に付属のクルーを接着力の弱いクルーとして活用すればいいのではないでしょうか。

弱いグルーを乾かしてから強いグルーをつけたいので、できれば前の晩に弱いグルーをつけておき、仕込みを済ませるようにしてください。こうしておけば、弱いグルーを乾かす時間も十分に取れますので、忙しくて時間のない朝でも無理なく実践できるでしょう。

肌に優しく取るにはぬるま湯か専用リムーバーで

つけまつ毛を優しく取るには、ぬるま湯か専用のリムーバーを使ってグルーを除去しやすくすることがポイントです。ぬるま湯で取る方法をまず試してみて、それでもつけまつ毛を引っ張らないと取れない場合には、専用のリムーバーを使う方法にするといいでしょう。これらの方法を使えば、何の抵抗もなくスッとつけまつ毛が取れますよ!

人肌程度のぬるま湯にコットンを浸してしっかりめに絞ってから、つけまつ毛の根元を優しく30秒程度押さえてください。こうすると、ぬるま湯がグルーを温めて、はがれやすい状態になります。後はつけまつ毛をそっと引き、まぶたの皮膚を刺激しないように取りましょう。専用リムーバーを使う場合も手順はほぼ同じで、コットンにリムーバーをしみこませ、つけまつ毛の根元を30秒程度押さえて液体をグルーに浸透させてください。

つけまつ毛を長持ちさせるお手入れ方法

つけまつ毛のお手入れ方法

つけまつ毛を取った後は、その場で続けてお手入れしましょう。ぬるま湯を使ってつけまつ毛を取っていたら、そのぬるま湯の中につけまつ毛を浸してください。あまり長い時間つけておくと、せっかくのカールが取れてしまう場合もありますので、10分程度を限度にして、様子を見ながらグルーがふやけてきたら引き上げてください。その後はティッシュで挟みこんでサッと水分を吸わせ、綿棒で優しくグルーを取り除いていきます。

この方法は、動物毛などを使ったつけまつ毛には使えません。水に弱いタイプのつけまつ毛もありますので、その場合はぬるま湯に綿棒を浸して、その綿棒で接着面をなぞりながら汚れを丁寧に落としていきましょう。

つけまつ毛を長持ちさせる豆知識

つけまつ毛のカーブが段々と取れてきて、つけにくくなってきていませんか?そのカーブを復活させる方法として、急須を使うやり方があります。お湯を入れて温めた急須(紅茶ポットでもOK)の注ぎ口に貼り付けるだけ!急須から伝わる熱で、カーブが復活しますよ。数回使用してきて、何だかカーブが取れてきたな、と感じたらぜひ試してみてくださいね。

また、つけまつ毛の毛の方にラメなどの汚れが浮いてしまった場合は、あまり粘着力の強くないセロハンテープを用いてペタペタとその汚れをくっつけて取るようにしてください。ぬるま湯につけてお手入れができないようなつけまつ毛には、この方法が良いでしょう。

つけまつ毛におすすめの接着剤とリムーバー

つけまつ毛を強力にくっつけてくれる人気のグルーは、「D-UP(ディーアップ)アイラッシュフィクサーEX 552」です。非常に強力な接着力で、少々引っ張るぐらいでは取れません。その分、本当につけまつ毛を取りたい時には大変なのですが、つけまつ毛を安定して使うためには必要なグルーです。

つけまつ毛を優しく除去するのに必要な専用リムーバーとしては、「Diamond Beauty(ウェーブコーポレーション)ダイヤモンドアイラッシュリムーバー」をおすすめします。これが1本あるだけでつけまつ毛が長持ちしますので、トータルで考えるとコストパフォーマンスが良いですよ。

つけまつ毛の優しい取り方を覚えよう

肌に負担をかけないつけまつ毛の優しい取り方と、つけまつ毛自体のお手入れ方法をおさらいしましょう。

  • つけまつ毛購入時にマニキュアのトップコートで保護
  • つけまつ毛をつける前の晩には弱いグルーをつけ、翌朝強いグルーで装着
  • つけまつ毛を取る時はぬるま湯または専用リムーバーをしみこませて取る
  • つけまつ毛のお手入れにもぬるま湯を使う
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

54



ページのトップへ