公開日:2017/06/15 

最強のモテ顔になれる!オルチャンメイクを身に着ける

韓国で最高の美人を指すオルチャン。オルチャンがしているオルチャンメイクを身に着けて、最強のモテ顔になりましょう。オルチャンメイクのポイントは、美肌と、目の周りとリップ。オルチャンメイクのコツをご紹介します。

モテ顔になれるオルチャンメイクって?

オルチャンメイクの特徴はナチュラル

オルチャンという言葉は、韓国語で「顔」を意味する「オルグル」と「最高」を意味する「チャン」を合わせてつくられた造語です。日本語にすると「最高の顔」「最高にかわいい顔」や「最高の美人」を意味します。オルチャンメイクというと、お人形のように可愛らしいルックスの韓国女性を目指したメイク法を指します。

オルチャンメイクは、ナチュラル感を残した美少女風メイクです。最大の特徴は、ナチュラル感、自然さです。といっても、そのままにする自然さではなく、ナチュラル、自然に見えることがポイントになります。オルチャンメイクは、コスメを使いながら、ナチュラルな感じの可愛らしい顔を作るメイク法です。

オルチャンメイクの3つのポイント

オルチャンメイクの最大のポイントは、美肌。顔を見た時に1番気になるのはお肌の状態ではないでしょうか。お肌が乾燥して粉を拭いていたり、ぼこぼこでオレンジの皮のようになっていたりすると、どれほどパーツが整っていても、減点されてしまいます。やはり、顔の土台となるお肌の状態は、モテ顔を作るメイクで最重要ポイントといえます。

顔のパーツの中で、最初に目がいくのはどこかというと、やはり目の周辺です。アイメイクや眉毛といった、目の周辺が、オルチャンメイクの2つ目のポイントです。モテ顔の条件の中に、ぷっくり唇があげられることが多いように、オルチャンメイクでも、3つ目のポイントはリップになります。

オルチャンメイクのカリスマPONYさん

オルチャンメイクのカリスマといわれているPONYさんという方がおられます。PONYさんの本名は、パク・ヘミンさん。数多くのK-POPアイドルや、韓流女優さんたちのメイクを手掛けてこられました。整形不要で、メイクでかわいい顔を作るオルチャンメイクに精通している、伝説のメイクアップアーティストです。

「かわいい顔はつくるもの! 秘密のオルチャンメイク」「わたし史上いちばん“盛れる”秘密のオルチャンメイクII」といった著書があります。韓国でベストセラーとなり、日本を含む、アジア各国で翻訳出版されています。どちらもDVD付きで、どのようにメイクをすればよいのかが具体的にわかるようになっているので、思うがままにオルチャンメイクを楽しめます。

オルチャンメイクのポイント1「美肌」

美肌を作る日ごろのスキンケア

オルチャンメイクの基本は、ナチュラル感のある美肌。美肌を作るためには、日ごろのスキンケアが欠かせません。美肌の最大の敵は、乾燥です。顔の皮膚はとてもデリケートにできているので、乾燥すると、しわなどができやすくなるだけでなく、お肌自体の状態も悪くなります。乾燥の主な原因は、洗い過ぎや保湿不足です。洗いすぎると、皮膚を守るために、皮膚から分泌している油分まで落としてしまいます。ゴシゴシと力任せに洗うのも禁物です。

保湿不足もお肌の大敵です。韓国コスメの人気商品の中に、保湿パックがありますが、顔のお手入れをした後に、パックなどをして保湿してあげるのも、オルチャンメイクのベースになります。

ナチュラル美肌に見せるお肌の塗り方

オルチャンメイクの基本、ナチュラル感のある美肌を作るためには、ファンデーションの塗り方にもコツがあります。注意点は、厚塗りをしないこと。きちんとスキンケアをして、余分な脂分などを取り除いてから、下地のファンデーションを塗ります。少量を、叩き込むようにして薄く、顔全体に均一にのばします。

お肌をこするのではなく、叩き込むようにするのがコツです。こすってしまうと、お肌にダメージを与えてしまう可能性があります。顔の中心から、外側に向かってのばしていくと、のびがよくつけやすいです。お肌のベースメイクは、手早く仕上げるのがおすすめ!顔を冷水で洗って、毛穴が引き締まっている間にメイクを仕上げると、化粧崩れしにくくなります。

PONYさんの紹介するベースメイク

オルチャンメイクの基本となる美肌は、完璧に整えられたベースメイクで作り出すことができるといいます。韓国では、プチ整形が普通に行われているといいますが、整形をしなくても、思うような顔が作れるというのが、PONYさんの驚異の「骨格盛り」!コンシーラーを使って、顔の欠点をカバーする方法が著書にも掲載されています。

ファンデーションの塗り方にも、工夫があります。全体を華やかに見せたい場合、1cmほどファンデーションを出し、半分は顔全体にスポンジでなじませ、残りの半分は両頬においていきます。艶感を出したい場合、ファンデーションにオイルを何滴か垂らしてよく混ぜてから、ブラシでのばします。

モテ顔になれるポイントの盛り方

眉毛は自然に!アイラインはくの字

パーツのメイクも、基本はナチュラルです。眉毛は、しっかりとした太眉。平行に、横一文字の形にひきます。ある程度の太さがあるのがポイントです。アイブロウの色は、髪の色よりも少し明るめの色にするのがオルチャン風です。

アイラインの基本は、くの字。切れ長に見せるのがポイントです。上まつ毛の生え際の部分にアイラインをひきます。その際、目の流れに沿って引き、目尻から3mmくらい出るようにします。下まつ毛の生え際には、目尻の4分の1くらいのところから、目尻にかけてひき、上から引いて目尻から出ている部分につなげます。

まつ毛もポイントです。ビューラーでしっかり上げて、マスカラでボリュームアップします。まつ毛が短めの場合には、つけまつげをつけるのもおすすめです。

アイメイクはナチュラルっぽくしっかり

アイメイクの基本、アイシャドウは、通常グラデーションを作るものですが、オルチャン風は単色がポイント!ナチュラルが基本なので、お肌になじむ色を1つだけ入れます。アイラインでしっかり強調しているので、アイシャドウはナチュラルにさりげなく入れます。ラメ入りのアイシャドウを下地に入れると、明るい目元になります。

なみだ袋も、オルチャンメイクのポイント!なみだ袋には、目を大きく見せてくれる効果があるのです。なみだ袋なんてないという方も、メイクで作ることができます。なみだ袋はふくらみがあるので、アイシャドウのホワイトやベージュのラメを使って、目頭から目尻にかけてひいていきます。それから、ベージュかブラウンのアイラインで膨らみに合わせて影を描きます。コツは、自然に見えるように!

リップは「ぷっくり」がモテ顔の基本

ぷっくりした柔らかそうな唇は、モテ顔の基本!オルチャンメイクでも、リップはやはりぷっくりマシュマロリップがポイントです。本来の唇より一回り大きく見えつつもナチュラルな感じにします。

ファンデーションを塗る時に、唇の輪郭は消しておきます。マットな口紅を、ブラシで1度唇に塗ります。次に、唇の輪郭を2mmくらいはみ出すように、同じ口紅を重ね塗りします。口紅よりも少し暗めの色のペンシルで、下唇の真ん中に影を作ります。唇よりも明るいトーンのペンシルで、上下唇の中央をなぞります。このグラデーションでぷっくりとした感じが出ます。グロスでプルプルの潤い感を出したら出来上がり!

オルチャンメイクの基本はナチュラル!

韓国の最高の美女顔を作る、オルチャンメイクの基本は、ナチュラル感。ポイントは3つありました。

  • 最重要なのは「美肌」。お肌つくりの基本は、日ごろのスキンケア。乾燥対策は必須!
  • 注目を集めるパーツの「目の周囲」も重要。眉はナチュラルに太く、アイラインはくの字、アイシャドウは単色で。
  • リップの基本は「ぷっくり」感のある立体的な唇。
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

87



ページのトップへ