公開日:2017/06/26 

筋膜リリースは美容に良いって本当?気になる効果とやり方

『筋膜リリース』を知っていますか?人の筋肉を覆う『筋膜』をほぐすという意味で、もともとはリハビリなどの治療法のひとつでした。

最近、美容にも良いとメディアで大変話題になっている筋膜リリースについて、詳しく紹介します。

筋膜リリースには美容効果がある?

筋膜をほぐす『筋膜リリース』に、美容効果はあるのでしょうか?もしあるとしたら、どういった理由からなのでしょうか?

そもそも筋膜リリースとは

筋膜とは、筋肉や細胞組織を包み込む薄い膜のことで、体全体に張り巡らされています。筋肉だけでなく、骨や内臓を結合し、立体的にを支えているため、第2の骨格ともいわれている重要な組織です。

筋膜は他の部位よりも痛みを感じる感覚が鋭いため、人のの痛みは、この筋膜のしこりやねじれが原因であると考えられています。

筋膜をほぐし、しこりやねじれを取り去ることを『筋膜リリース』といい、血流が促進され、痛みも解消すると、最近話題になっています。

なぜ美容に効果があるのか

筋膜は、筋肉や細胞を包み込みながら、全身に張り巡らされています。全身タイツをイメージすると分かりやすいかもしれません。

顔のシワやタルミの原因も、この筋膜が関係している場合があります。足から顔、頭へとつながる筋膜が、どこかで、しこりやねじれ、癒着を起こすことで、リンパ液の流れが滞ってしまいます。

その結果、顔にもシワやタルミといった影響が出てしまうのです。 そのため、筋膜のどこかに圧力をかけると、圧力をかけた部位だけではなく、全身に刺激が行き渡ります。筋膜リリースを行うことは、顔や目元のシワやタルミにも効果があるということになるのです。

コリや腰痛にも効果あり

のコリや腰痛の原因は、筋膜にしこりやゆがみ・癒着があることにより起こります。骨や筋肉の位置がずれ、姿勢が歪んでしまい、のコリや腰痛が生じるのです。

筋膜リリースで、骨と筋肉をもとの正しい位置に戻し、姿勢の歪みを正せば、コリや腰痛は起こりにくくなります。

美容に効果のある筋膜リリースをするには?

美容を目的として筋膜リリースをしたい場合、どのような方法があるのでしょうか?

美容サロンで施術を受ける

美容サロンでも筋膜リリースは行っています。しかし、行っている店舗は少ないのが現状です。その理由は、日本では筋膜リリースに関しての知識を持っている人が少ないためです。

筋膜リリースを行っているサロンの施術方法は、お店により若干異なりますが、基本はエステティシャンが、指や手を使い、筋膜をほぐし、伸ばしていきます。 痛みやコリがある箇所、また施術中に効いていると感じる箇所は、筋膜が硬くなっていたり、癒着を起こしていたりしているところです。

丁寧にほぐしていくことで、筋膜のゆがみも取れ、血流やリンパの流れも良くなります。

クリニックで注射を受ける

医療機関であるクリニックでも、筋膜リリースを行っています。クリニックの場合は、注射により、筋膜をほぐします。特に、頑固な肩こりに対して行われる場合が多く、短時間で治療の効果が得られるのが特長です。

これまで、難治性の肩こりの治療法は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、抗不安剤の内服や、麻酔剤など痛みを感じる箇所への注射が主で、効果が十分に得られないことも多くありました。

クリニックで行われる筋膜リリースの治療法は、今までの治療法の概念を覆す新しい治療法として注目されています。 具体的には、筋肉と癒着を起こしている筋膜の間に、薬剤ではなく生理食塩水を注入し、筋肉と筋膜をはがします。

生理食塩水ですので、体液とほぼ同じ成分で、最後には体内に吸収されるので安心です。さらに効果を実感できるのも治療直後なので、ひどい肩こりに悩んでいる人には画期的な治療法といえるでしょう。

自分でエクササイズをする

筋膜リリースは、自分で行うこともできます。その場合にはまず、痛みの根本的な原因となっている『トリガーポイント』がどこかを見極めて、筋膜リリースを行うことが大切です。

痛みの根本的な原因となる箇所が、筋膜のねじれや癒着が起きている箇所であり、これは痛みがある部位と必ずしも一致するとは限りません。

痛みのある部位をケアしても改善されないのなら、別の部位にトリガーポイントがあり、その部位から関連して痛みが出ている可能性が高くなります。トリガーポイントをしっかりと見極めてケアしましょう。

また、ケアする際には力を入れすぎるのはよくありません。気持ちいい程度に抑えましょう。そして筋肉の少ない骨や関節は、痛める原因となるため、自分でケアするのは避けた方が無難です。

もし、筋膜リリースをしているうちに異常を感じた場合には、すぐに中断し、医師の指導を受けるようにしましょう。

美容に効果的なセルフ筋膜リリースのやり方

自分でできる、美容に効果的な筋膜リリースの方法を紹介します。

体の筋膜リリースでコリをほぐす

まずは、体の筋膜リリースの方法を紹介します。1分程度でできる簡単なものですが、毎日続けていけば、2週間ほどで効果を感じられるでしょう。

  1. 肩幅ほどに脚を開いて立つ
  2. 右腕を頭のうしろに、左腕は背中に回し、左右のひじを90°になるように曲げる
  3. 左右のひじの位置はそのままの状態で、指先の方向に動かす(20秒キープ)
  4. 左足の前に右足を交差させ、体の右面を伸ばす(20秒キープ)
  5. 姿勢を保ったまま、鼻が左肩につくよう首を曲げる(20秒キープ)
  6. 反対側も同様に行う
>3は肩甲骨を回すイメージで行いましょう。

顔の筋膜リリースで目指せ小顔

次に顔の筋膜リリースです。ここでは『頬持ち上げリリース』を紹介します。

  1. 真っすぐ正面を向いて座り、あごを引く
  2. 口角の下に両方の手を添え、左右同時に、目と耳の間の斜め上に筋膜を30秒以上のばす(※3回行う)
  3. 今度は手を顔から離した状態で、自分の筋肉を使い頬を持ち上げる(※5回行う)
手を添えるときは、あまり強く押さえつけないように注意してください。顔の筋肉だけで頬を持ち上げるのは大変ですが、しっかりと筋肉を意識して動かしましょう。

美容に良い筋膜リリースを行う際の注意点

美容に良い筋膜リリースを行う上で、注意すべき点はあるのでしょうか?

ゆっくりと体を柔らかく伸ばす

筋膜リリースをするときは、無理をせず、ゆっくりと体を柔らかく伸ばしていくことが大切です。体のコラーゲン繊維は多方向に走っているため、勢いで行うことや、痛みを我慢して行うと逆効果になってしまいます。

目安は90秒以上の時間をかけるのが理想的です。筋膜がねじれ硬くなっている部位に意識を集中し、体の感覚をしっかりと感じながら、じんわりとじっくりバターが溶けて広がるようなイメージで行うと良いでしょう。

悪性腫瘍のある人は厳禁

筋膜リリースを行ってはいけない人はいるのでしょうか? 悪性腫瘍・急性リウマチ・骨折・けがをしている場合は、筋膜リリースを行うことはやめましょう。

悪性腫瘍の場合は、転移を防ぐために、腫瘍の周囲に特殊な膜がはられています。そのため絶対に筋膜リリースを行ってはいけません。

筋膜リリースで顔も体もスッキリしよう

全身に張り巡らされている筋膜は、ゆがみや癒着により、肩こりや腰痛などの不調だけではなく、顔のタルミやシワなど美容にも影響を及ぼしてしまいます。

筋膜をほぐして伸ばす『筋膜リリース』を行えば、顔も体もスッキリと健康な状態を取り戻すことが可能です。ぜひチャレンジしてみてください!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

35

Editor's Information

筋膜リリースは美容に良いって本当?気になる効果とやり方
谷 加菜香(たに かなか)
パーソナルトレーナー。
東京と京都を拠点に、ピラティスやヨガ、トレーニングなど様々なムーヴメントを取り入れ、女性向けのしなやかで健康な身体作りを指導。


ページのトップへ