公開日:2017/06/15 

肌に優しくメイクもきちんと落とせるクレンジングクリーム!

様々なタイプのクレンジングがある中で、こってり重めなイメージのクリームタイプ。上手に使うことができれば、お肌に負担をかけず汚れをきちんと落とすことができます。クレンジングクリームの使い方についてご紹介します。

知っておくべきクレンジングクリームの入門知識!

クリームタイプの特徴について

オイルやミルクタイプとの大きな違い、それはクリームならではの特有の重みと、油分をたっぷりと含んでいる点にあります。特にメイク汚れは毛穴に入り込んだ油脂を浮かび上がらせて効率よく取り除くことが大切なポイントになってきます。その点クレンジングクリームは豊富な油分がお肌となじみやすく、汚れを落としやすいのが特徴です。

またクレンジングクリームはたっぷりと手に取って使用することで肌と手との摩擦も最低限ですむので、洗っている間もお肌への負担がほとんどかかりません。洗い上がりもしっとりするので、乾燥肌の方はもちろんのこと、冬場に乾燥しやすい方のメイク落とし対策としても良いでしょう。ゆっくりと丁寧にお肌をいたわることができるのがクレンジングクリームです。

どんな肌質の方向けなのか?

肌質別では、普通肌・乾燥肌・敏感肌の方に向いています。使う方の感触の好みや肌の状態、メイクの度合いにもよって適しているかどうかを決めると良いでしょう。

逆にあまり向いていないのが、脂性肌の方です。クレンジングクリーム自体にたっぷり油分が含まれているので、オイリーな肌の状態で使うと、しっとりし過ぎてべたつきを感じてしまったり、毛穴の奥に脂が詰まったりすることがあります。また、洗い上がりや使い心地にさっぱり感を求めている人にもあまり向いていないかもしれません。

肌への負担が少ないものを選びたい、しっとりとした潤いが欲しい、優しい使い心地を重視したいといった人にはピッタリのアイテムといえるでしょう。

どんな効果を期待できるの?

クレンジングクリームを使うことで、簡単に、優しく、メイク汚れを落とすことができます。そしてうるおいを守ってくれるので、使い続けることによって常にお肌をいたわりながらメイクを落とすことができます。他のクレンジング方法と比較しても、肌へのダメージを考慮するとクリームタイプが優れている部分が多いです。注意しておきたい点は、あくまでもクレンジングなのでメイクをしていない日は使わない方が良いでしょう。

普段どのようなタイプのファンデーションを使っているかにあわせてクレンジング剤を選ぶことも肝心です。しっかりメイクするという方であれば、力を入れなくても汚れを落とせるクレンジングクリームを選びたいですね。

肌に合うクレンジングクリームを探そう

クレンジングクリームの種類について

クレンジングクリームは、メイクになじませたあとティッシュやコットンを使って拭き取るタイプ、そのまま水やぬるま湯で洗い流せるウォッシャブルタイプの2通りが主流となっています。時間をかけてゆっくり落とせるのなら、拭き取りタイプでも問題はないでしょう。忙しい日々の中でお肌に負担をかけたくない場合は、さっと洗い流せるタイプのものを選びましょう。

ティッシュやコットンで拭き取るタイプのものは、拭き取ったあとそのままスキンケアを行うこともできますが、念のため洗顔も行うという方も多いです。ウォッシャブルタイプはしっかりと洗い流したあと、水気をおさえ肌が落ち着いたらスキンケアを行うことができます。

洗っている時に気をつけたいポイント!

クリームタイプのクレンジングでメイク落としをする上で気をつけておきたいポイントは、肌になじませることです。クレンジングクリームと肌とでは、温度差が意外と大きいです。そのまま顔につけて洗うと温度差でメイクが上手に落ちないこともあります。

そこでまずはクリームを手にとり、少し手のひらで温めます。こうすることによってクリームが肌になじみやすくなるので、メイクを落としやすくなります。この時なるべくぬるま湯で洗い流しましょう。ぬるま湯の方が温度が近いので、きれいに落とすことができます。

また濃いアイメイクなどは1回ですべて落としきるのが難しいことも…。そのためメイク落としシートやリキッドなどで先に濃い部分のメイクを落とした後でクリームクレンジングを行えば、きれいに落としきることが可能になります。

優しく仕上げるワンポイントアドバイス

クリームを肌になじませてからティッシュやコットンでオフする場合には、普通のティッシュよりも繊細なタイプのティッシュを選ぶとお肌への負担が少なくなります。さらにその後、ぬるま湯に浸した柔らかいコットンで残りの汚れをとることや、洗顔を行うことでより細かい汚れも取り除くことができます。

ウォッシャブルタイプの場合は、クリームを肌になじませる際に、前述の通り手のひらで温めてから優しくなじませます。肌の上にすべらせるようにして力をかけないことが優しく仕上げるコツです。

敏感肌や乾燥肌の方、現在お肌が疲れていると感じる方にとって、優しくメイクを落とすことができるクリームクレンジングはメリットとなるポイントが多いです。

クレンジングクリームの良さを引き出そう

洗い方の基本を抑える

クレンジングクリームは適量を守ることが大切です。1回の量が多すぎるとこってりとしたべたつき感が出てしまうこともあります。 顔全体に均等に伸ばしてから、優しくくるくるとなでるように洗っていきます。油の出やすいTゾーンから顔全体へ広げていきましょう。

決して力を入れず、丁寧になじませていくとやがてクリームがオイル状に変わってきます。オイル状に変わったら、ティッシュやコットンでオフ、またはぬるま湯で洗い流していきます。洗う際にはあまりせっかちにならず、ゆったりとした気分で肌へクリームをすべらせなじませることが基本です。

肌になじませる時間を考えよう

クリームクレンジングは洗浄力は弱めに設定されているため、つい肌へなじませる時間を長くとってしまうことがあります。しかし肌へなじませている時間を伸ばしても劇的にメイクや汚れがおちるというものではなく、かえって肌へダメージになってしまうことも…。

アイテムにもよりますが、クリームクレンジングは顔全体へ伸ばしていき、優しくすべらせたら約40秒~1分で落とすようにしましょう。ウォッシャブルタイプはそのあとしっかりすすぎます。ティッシュやコットンオフの場合、ぬるつきが気になる場合はぬるま湯でさっと流しましょう。

あくまでもなじませるための目安となる時間なので、お使いになっているアイテムの使用方法をよく読み、適切な時間を意識してみましょう。

クリームクレンジングの注意点

クリームタイプのクレンジングを使う際、つい顔をマッサージするように洗ってしまっていませんか?実はお肌に力を加えることでシワやたるみの原因となることもあります。クリームタイプは肌へのなじみがよく、指先に力が入りがちになります。

顔へのマッサージを行いたい場合には、専用のマッサージクリームなどを用いたスキンケアの時に行うようにしましょう。クレンジングの際におこなうと、肌へのダメージになってしまったり、目や粘膜にクレンジング剤が入ってしまったりするリスクがあります。あくまでもメイクを落とすものとして扱うこと、そしてご自身の肌に合うものを選ぶことで素肌の潤いも守ることができますよ。

クリームクレンジングでお肌をいたわろう

自分の肌に合うクレンジングクリームを使っていくことで、素肌のうるおいを残してメイク落としができます。ベースとなるお肌の調子次第で、メイクのノリが決まってきます。メイク汚れをきちんと落として、美しいお肌をキープしてくださいね。

  • クリームクレンジングは肌に優しいです
  • クリームは手のひらで温めてから顔にのせるとなじみやすくなります
  • ティッシュやコットンオフの際は優しく拭きとりましょう
  • ウォッシャブルタイプはぬるま湯でしっかりすすぎましょう
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

20



ページのトップへ