公開日:2018/03/22 

コンビニで手軽に買えるおでんでダイエット!気になる具材のカロリーと糖質を徹底調査

おでんはカロリーが高い、と思っている人も多いでしょう。しかし、おでんはダイエットに適した食事なのです。

そうはいっても、好きな具材を好きなだけ食べていてもダイエットにはなりません。

おでんダイエットで痩せられる理由と正しい方法を紹介しましょう。

おでんダイエットは手軽にできる

おでんダイエットのメリットは手軽にできることです。

家で具材をぐつぐつ煮ればできる料理ですし、コンビニにもさまざまな具材を煮込んだおでんがあります。

おでんには、ダイエットしやすいメリットがいろいろあります。

手間をかけずにできる

おでんダイエットをしようと思ったら、具材を購入し、だしを入れて鍋で煮るだけ、という簡単な方法でできるのがメリットです。

具材を煮ている時間は自由に使うことができるので、手間がかかりません。

ダイエットをする際には自宅で作ることが基本ですが、忙しい時間をやりくりして、ダイエットメニューを作るのは大変です。

その点おでんであれば、面倒ではなく、簡単にできるので、継続しやすいでしょう。

自分で作るのが面倒であれば、スーパーやコンビニで温めるだけでできるおでんセットもあります。

コンビニでは、煮込んでいるおでんが売っているので、それを買ってくるだけですむでしょう。

具材が安い

ダイエット食品などは継続するとなると、費用がかかります。

おでんの具材はどれも安く、また、量をあまり使わないので、素材に費用がかかりません。お金をかけずにダイエットができるのも魅力です。

体を温めてくれる

おでんは体を温めてくれます。

生野菜は栄養が摂れるものの、体を冷やしてしまい血行不良の原因になってしまいますが、おでんであれば体を温め、血行をよくしてくれます。

お腹を壊すこともなく、腸の機能も高まるでしょう。

またおでんは満腹感を得やすいので、食べ過ぎずにすみます。ゆっくり噛んで食べることで、カロリーも抑えることができるでしょう。

スープの味を変えて飽きるのを防ぐ

おでんダイエットは1食をおでんに置き換えることで、カロリーの摂取量を減らすことでダイエットをするというものですが、同じ味ではすぐに飽きてしまいます。

そこで、スープにしょうがを加えたり、みそ味にしたり、中華風にするなど、スープの味を変えてみましょう。味が変わることで、飽きずに続けやすくなるはずです。

おでんダイエットで重要なコンビニの具材のカロリーと糖質

メリットの多いおでんダイエットですが、食べる具材によっては、ダイエットを成功させることができません。

なかには高カロリーの具材もあるからです。おでんダイエットを成功させるには、具材選びが大切です。

ダイエットにおすすめの具材

ダイエットをするにはカロリーと糖質をチェックすることが必要です。コンビニのおでんでダイエットに向いているのは次のような具材です。

  • 大根
  • こんにゃく
  • つみれ
  • 昆布
  • しらたき

これらの具材はどれも1個あたり4~10kcal程度で低カロリーです。次に糖質量を見てみると、

  • 大根(100g)…約2.7g
  • こんにゃく(100g)…約0.1g
  • つみれ(20g)…約1.3g
  • 昆布(10g)…約4g
  • しらたき(100g)…約0.1g

と、どの食材も低糖質です。

大根は食物繊維が豊富で、整腸作用もあります。満腹感を得られるのもメリットです。こんにゃくやしらたきは特に低カロリーで低糖質です。

しらたきの95%以上は水分で残りの5%は食物繊維です。100g中のカロリーも約6kcalなので、ダイエットには適した食材です。

さらに、つみれがタンパク源となり、昆布はカリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富です。

カリウムは余分な塩分を排出する作用もあるので、ダイエットにもおすすめです。

牛すじもダイエット向き?

またおでんの具材として牛すじも人気があります。おいしいけれどカロリーも高いのでは?と思っている人も多いでしょう。

確かに、100gあたり155kcalと、他のおでんの具材と比べるとカロリーは高めです。

しかし、肉類のなかでは低カロリーです。しかも、牛すじの糖質は0gです。

ただし、おでんや煮込みなど、砂糖やみりんなどで煮込むと、糖質も0gというわけにはいきません。

しかし、それでも低糖質には変わりありません。

食べ過ぎなければ食べてもいい具材

はんぺんやちくわなどの練りものは、しらたきやこんにゃくなどと比べると、カロリーも糖質も驚くほど低いものではありませんが、食材のなかでは揚げ物ではないのでカロリーは低めです。

原料は魚で、動物性タンパク質を含むので、栄養素的には摂っておいてもいいでしょう。

玉子もおでんには欠かせない食材です。必須アミノ酸やタンパク質をはじめ、ビオチンなどの成分も含み、栄養豊富です。

大豆製品でもある厚揚げも大豆の栄養を摂取できる点ではおすすめなのですが、油を使っているので、食べ過ぎには注意が必要です。

ダイエットに向かないおでんの具材

おでんの具材のなかには、高カロリーで糖質が比較的に高い具材があります。なかでも、これらの具材には注意しましょう。

  • ジャガイモ
  • さつま揚げ
  • 餅巾着
  • ちくわぶ
  • ウインナー

特に餅巾着は炭水化物と油で揚げてある油揚げでできているので、ダイエットには向いているとは言えません。

小麦粉からできているちくわぶ、糖質の高いジャガイモも食べ過ぎないようにしましょう。

おでんダイエットの注意点

おでんダイエットで注意したい点は塩分です。特にコンビニのおでんは塩分も多く、自分で調節することができません。

塩分を摂り過ぎると、むくみの原因になるので、汁などは控えめに飲むようにしましょう。

自宅で作る際には、塩や調味料の入れ過ぎには注意しましょう。

おいしくおでんを食べて気軽にダイエット

コンビニで買って帰れば、すぐに食事ができてダイエットにもなるのが、おでんダイエットのメリットです。

おいしく食べられてカロリーを抑えることができるのも魅力でしょう。家で作るとしても、具材を買ってきて煮込めば簡単にできます。

ただし、ダイエットに向いている具材とそうでない具材があるので、カロリーや糖質を考えて、バランスよく食べることが大事です。

また、コンビニのおでんは塩分が多いので、スープは飲み干さないようにしましょう。

自宅で作るときにも、塩分や調味料の使い過ぎには注意が必要です。むくみやすくなるので、塩分は控えめにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

159



ページのトップへ