公開日:2017/05/26 

カバー力で選ぶBBクリームとCCクリーム!おすすめ3選

マットな仕上がりのBBクリーム、肌を美しくするCCクリーム。しかし、最近はレベルアップをしてきて、CCもカバー力が増えましたし、BBも透明感が出てきました。どれを選んで良いか難しいです。それぞれのおすすめを3選ご紹介します。

BBクリームとCCクリームの違いは?

韓国で開発されたBBクリーム

BBクリームは、コンシーラーや下地などが全部ひとつになったファンデーションです。もともとBBクリームは医療の現場で傷や欠点を補うクリームとして発達しました。「Blemish(傷)Balm(香油)」の頭文字を取って、BBクリームと名付けられました。その後、レーザー治療をした後の赤みのある顔をカバーするためのファンデーションとして開発され、普段にも使えるようなりました。男性用も発売されています。

これひとつで下地メイクが出来上がるために人気が高まりました。忙しい女性が朝、短時間でメイクができるので需要が増えてきたのです。その後韓国だけではなく日本でも、またメイベリンなど海外ブランドでも製造が始まりました。

CCクリームはカラーがポイント

CCクリームの名前は、BBクリームのような明確なことばによるものではありません。ただ、Bの次はCという感じでつけられたのでしょう。メーカーは、それぞれのコンセプトにより、「Control Color(コントロール・カラー)」あるいは「Color Condition(コントロール・コンディション)」といったことばを当てはめています。

BBクリームの進化型と言われますが、それぞれに違う性質を有するものです。BBクリームはカバーして「欠点」を隠すためのクリームです。いっぽうで、CCクリームは色を整え自然な仕上がりのクリームです。ナチュラルメイクにはCCクリームがおすすめです。

カバー力ならBBクリーム

カバー力はもちろんBBクリームの方がマットな仕上がりでとても優れています。ただし欠点として、厚塗りに見えてしまうことが挙げられます。透明感がないので、厚化粧という印象が強くなる傾向にあります。

もっと自然な感じが好きな人には、基本はCCクリームを使いカバーしたい部分にのみコンシーラーを使うと良いでしょう。また、仕上げにルースパウダーを使うと毛穴がさらに見えなくなり、きれいな肌が実現できます。

付け方次第でカバー力が変わります。カバーしたい場所には、指先で叩きつけるように丁寧に塗ることでカバーできるでしょう。

おすすめBBクリーム!カバー力で選ぶ

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ CC+

雑誌や口コミサイト、専門家の意見などで高評価のヘレナルビンスタイン・リプラスティは、カバー力がかなり高いにも関わらず厚塗りに見えず、しっとり陶器肌になるCCクリームです。紫外線対策もSPF50 / PA++++と最大限で、スキンカラーをアレンジし、理想的な肌色を作ります。美容成分もたっぷりで潤いが続き、オフした後もしっとりしています。

テクスチャーが重すぎず、流れすぎず、ちょうど良い固さなので、あずき程度の量で、お肌全体に伸ばせます。肝心のカバー力ですが、薄づきでさっと塗っただけで、毛穴も見えず肌がワントーン明るくなります。カラーは1色だけですが、透明感があるので肌にマッチします。

SK-Ⅱ オーラアクティベーター CCクリーム

今風の輝く肌を実現します。ポンプ式の容器で、1回押して出てきた量で、顔全体に塗ります。CCクリームは、BBクリームに比べてカバー力がないと言われますが、SK-Ⅱ オーラアクティベーター CCクリームは、成分の光の屈折率を利用して毛穴やしみ、ニキビあとなどが見えにくくなります。

SPF50+・PA++++で紫外線対策OKにも関わらず、肌疲れがなく、つやつやと美しい肌が続きます。CCクリームの中では、崩れがほとんどないと言って良いでしょう。気持ちの良い使い心地でおすすめです。

シャネル CCクリーム50

頭文字がCのシャネルCCクリーム50は、テクスチャーが若干堅いにも関わらず、手にとって肌にのせるとすっと伸びます。カバー力があり、長時間崩れにくいCCクリームです。香りもシャネルのコスメらしく、ホワイトピーチとウォータメロンの甘いフルーティで、つけている間、とても快く過ごせます。

また、シャネルCCクリーム50には、ピチピチしたお肌になるピーチエキスコンプレックスと保湿成分としてヒアルロン酸、シワが見えにくくなるプランクトンエキス配合で、さらにきれいなお肌になります。カラーは2色です。サンプルで試して、顔にあったカラーを選びましょう。

さらにカバー力! BBクリームおすすめは?

BBパーフェクトクリームエンリッチリフト(ドクターシーラボ)

ドクターシーラボからはBBクリームが何種類か出ていますが、その中でいち押しはこのエンリッチリフトです。リフトというのはドクターシーラボ独自の金のコラーゲンが入っているシリーズです。。そのコラーゲンが、メイクしている時も働いて、しっとり潤いを肌に与え、その上、顔のリフトアップ効果も期待できます。リフトアップ効果があるということは小顔効果もありそうです。

おまけに香料、人工着色料、鉱物油、パラベンなどが入っていない、お肌に優しいBBクリームです。数種のヒアルロン酸配合で保湿もしてくれます。カラーは2種、ナチュラルとライトがあります。

BB クリーム イドラタン(クラランス)

クラランスはボディケアからフェイスケアまでラグジュアリーなスキンケアで有名なフランスのコスメカンパニーです。1986年に日本上陸した時に、新宿伊勢丹にショップを置きましたが、それ以来男性利用者も増えています。

クラランスのBBクリームは、紫外線や大気汚染からもお肌を守ってくれます。ひと塗りで毛穴を見えにくくし、顔色をアップさせてくれます。カバー力があるのに厚塗りに見えず、透明感のある繊細な肌に見せます。多層構造ピグメントによって、顔の欠点が見えにくくなります。カラーは2種、アジア系女性の肌に合わせて作られています。とはいえ、美白志向の人には少し濃すぎる色かもしれませんので確認してみてから購入しくださいね。

デイプロテクター BB(アベンヌ)

消炎、沈静、免疫力をアップする成分の入ったアベンヌ温泉水配合で、保湿効果を期待できます。アベンヌ温泉水とは、フランス南部アベンヌ村で湧き上がる温泉です。特に肌のトラブルに効果があると言われ、アベンヌ村にはアトピーで悩む子供達を連れてくる湯治客が後を絶ちません。

アベンヌ温泉水を使った化粧水で肌を整え、アベンヌデイプロテクターBBでメイクするとさらに効果的です。BBクリームの中には、温泉水以外に植物由来の保湿成分が含まれています。ですから、1日中しっとりしたお肌で、化粧崩れもしにくく快適に過ごせます。デイプロテクターBBはケアをしながら、シミくすみをカバーしてくれる効果も期待できます。無香料で、パラペン等を利用していません。

カバー力で比べるBBとCC

カバー力はやはりBBクリームの方があるようです。しかし最近はCCクリームも改善され美肌効果だけではなくカバー力がアップしてきました。

  • 一般的にはBBクリームがCCクリームよりカバー力が上。
  • CCクリーム、おすすめは、ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ CC+、SK-Ⅱ オーラアクティベーター CC クリーム、シャネルCCクリーム50。
  • BBクリームでおすすめは、BBパーフェクトクリームエンリッチリフト(ドクターシーラボ)、BB クリーム イドラタン(クラランス)、デイプロテクター BB(アベンヌ)
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

75



ページのトップへ