公開日:2017/06/15 

ポイントカラーメイクでちょこっとイメチェン!普段のメイクが旬顔に

普段通りのメイクに飽きてきた、ちょっと物足りない…という人には、メイクにほんの少し色を加える、ポイントカラーメイクがおすすめです。ポイントカラーメイクのやり方から、季節のおすすめカラーまでをまとめました。

ポイントカラーメイクとは

ポイントカラーメイクは、顔全体にではなく、ポイントにだけ少し色を入れるメイク方法です。色を使うのは少しの範囲だけなので、気軽に、いつものメイクに変化をつけることができます。

いつものメイクをイメージチェンジ

「普段のメイクに飽きてきたから、少しイメージチェンジしてみたい」という人にこそ、ポイントカラーメイクはおすすめです。

強い色を使うのは勇気がいりますが、ポイントに効果的に色を使うことができれば、普段のメイクが一気に華やかになり、印象も変わります。

イメージを変えたい日や、季節の変化でメイクも変えたいという時には、ポイントカラーメイクを取り入れてみましょう。

取り入れる部分で印象が変わる

ポイントカラーメイクは、取り入れる部分によって、与える印象が大きく変わります。特に強調したい目元には、いろいろなカラーの取り入れ方があります。

アイラインにカラーで旬なオシャレ顔

『カラーアイライン』は、「派手すぎないかな?」と不安になり、なかなかチャレンジできないという人も多いアイテムです。しかし、ポイントさえ押さえれば、簡単に華やかさを足すことのできるメイクアイテムでもあります。

例えば、目尻の部分に少しだけカラーを入れてみましょう。たったこれだけで印象的な目元を演出できます。この時、目のきわ全体に塗ってしまうと、目立ってしまうので気を付けましょう。

その年の流行色や、季節によって色を変えることで、旬なオシャレ顔を演出できますよ。

マスカラにカラーで個性的な目元に

普段通りのメイクで色味が無くても、『カラーマスカラ』を使うだけで、印象が一気に変わります。まつ毛の部分に色を差すので、アイラインに入れるよりも派手さが抑えられ、挑戦しやすいのも魅力です。

ポイントカラーメイクの取り入れ方

ポイントカラーメイクを上手に取り入れるには、普段の化粧とは違ったちょっとした工夫が必要です。ここでは、アイメイクに絞ったポイントカラーメイクのコツを紹介します。

アイラインは引き方でニュアンスチェンジ

カラーアイラインは『引き方』が大切です。まず初心者なら、肌に馴染みやすい『ピンクライン』で挑戦してみましょう。

下まぶたの、黒目の下から目尻までラインを引くことで、アイシャドウを使うよりも目がぱっちりと見え、目を大きく見せることができます。

もう少しカラーを強調したいときは、上まぶたと下まぶたの両方にラインを引きましょう。上まぶたは、目頭から目尻まで、まつ毛の隙間を埋めながら、目のきわに入れていきます。目を伏せたとき、ピンクのラインがきれいに見えるのがポイントです。

上級者なら、目元をさらに強調する『キャットライン』はいかがでしょうか?

ラインの入れ方は先に紹介したものと同じですが、最後に目尻に少し長く、跳ね上がったラインを引きます。キリっと引き締まった魅力的なカラーラインは、イベントやパーティーシーンなどにおすすめです。

さりげないカラーマスカラは目尻にオン

カラーマスカラのポイントは、『塗りすぎず、程よい量のカラーを乗せること』です。

ボリュームや長さで存在感を強めるのが、普段使いに多い黒やブラウンのマスカラですが、目尻にカラーマスカラを乗せるだけで、さりげない『ニュアンスカラーまつ毛』を作ることができます。

瞬きをするたびにカラーが揺れる目元は、とても魅力的です。

顔タイプ別ポイントカラーメイクのやり方

好きなカラーをメイクに加えるだけではなく、自分の顔に似合うカラーを知り、効果的に使いましょう!顔のタイプに合わせて、どのカラーを使うと良いか、上手な取り入れ方をまとめました。

かわいい系の顔はピンクで抜け感を

かわいい系の顔に当てはまる特徴は、以下の4つです。

  • 涙袋があり、目が丸い
  • 眉毛が薄め
  • 鼻先と小鼻が丸い
  • 唇が厚く、ぽってりしている

童顔に見られやすいかわいい系の顔は、無理に大人っぽさを目指さずに、かわいいイメージを引き立てましょう。

かわいい系の人を引き立ててくれるのは、やっぱり『ピンク』です。クールピンクのアイシャドウを、二重線をなぞるように繊細に入れることで、抜け感や陰影が出てバランスよくなります。

クール系の顔は寒色カラーで個性を立たせる

クール系の顔に当てはまる特徴は、以下の5つです。

  • 目の形はアーモンド形
  • 眉毛は毛が細く薄め
  • 鼻は高く、つんとしている
  • 頬が薄く、フェイスラインがシャープ
  • 薄い唇

クール系のタイプの人は『寒色』と相性が良く、個性を引き立て、印象的なメイクに仕上げることができます。

パステルブルーのアイシャドウを、薄くアイホールにオンして、透明感と抜け感を演出するのもおすすめです。

季節で楽しむポイントカラーメイク

季節に合わせてカラーを変えれば、ますますカラーメイクを楽しめるでしょう。それぞれの季節でメイクに取り入れたい、おすすめカラーを紹介します。

春パステルピンクでツヤ感を

春は、やはり桜をイメージさせるピンクが王道でしょう。特に、優しい色合いの『パステルピンク』がおすすめです。

パステルピンクをうまく使うことで、目元や肌にツヤ感を足すことができ、若々しいメイクに仕上がります。

パステルピンクのアイシャドウは、アイホールに1番薄い色を乗せ、目のきわには、濃い色を使ってグラデーションを作りましょう。指などでぼかし、主張させすぎないのがポイントです。

チークにもパステルピンクを取り入れることで、肌のツヤ感をアップできます。クリームタイプのチークを使えば、ナチュラルなツヤ感が出せますよ。

夏ピンクブルーでこなれ感を演出

夏をイメージさせる『ブルー』と『ピンク』を使ったポイントカラーメイクで、目元にクールさとオシャレ感を出しましょう。

ベースに使うのは、薄ピンクのアイシャドウです。上まぶたにはアイホール全体に塗り、下まぶたには目のきわにさっと塗りましょう。その後、より濃い色のピンクアイシャドウを目尻に塗っていきます。

ゴールドのラメシャドウをアイホールの真ん中と目頭に乗せたら、いよいよブルーのアイラインを使います。上まぶたのまつ毛のきわに沿って、黒目の上あたりから、目尻に向かってラインを引いていきましょう。

最後に、ブルーのアイラインとも相性が良い、ダークブラウンのアイシャドウを下まぶたのきわに塗り、ブラウンのマスカラで仕上げれば完成です。

秋スモーキーカラーでモードに

秋は、大人っぽく落ち着いたスモーキーカラーがおすすめです。特に、『グレーがかったパープル』は、目元を引き締め、シックなイメージを与えてくれます。

繊細なラメが入ったものを選べば、スモーキーカラーでも重たくならずに仕上げることが可能です。

冬ボルドーで季節感をプラス

冬メイクには、『ボルドーカラー』がおすすめです。目元に取り入れるだけで、一気に季節感をプラスできます。落ち着いた色合いなので、グッと大人らしくなるでしょう。

ボルドーカラーのジェルアイライナーであれば、滑らかなアイラインを引けます。あまり太く濃くせずに、さりげなくボルドーを乗せるのがポイントです。

ポイントカラーメイクを上手に取入れ旬顔に

普段のメイクにポイントカラーを入れるだけで、印象が一気に変わります。

今までカラーメイクは目立ちすぎて踏み出せなかったという人でも、アイライン・目尻・まつ毛など、目元を中心にカラーを入れるだけなら、気軽に試すことができそうですね。

ポイントカラーメイクを使いこなし、華やかな旬顔を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

31



ページのトップへ