公開日:2018/03/16 

ビーフジャーキーダイエットの効果とやり方を調査!気になるカロリーは…?

ダイエット方法には、さまざまなものがあります。

そのなかでも、注目を集めているのが『ビーフジャーキーダイエット』です。

今回はビーフジャーキーダイエットの効果や注意点などについて紹介します。

ビーフジャーキーダイエットは空腹のお腹を落ち着かせる効果がある

ビーフジャーキーダイエットは1ヶ月で5kg痩せた人もいるほど、高い効果が期待できます。

こちらでは、なぜビーフジャーキーがダイエットに適しているのかを説明します。

噛むことで錯覚を起こさせる

ビーフジャーキーの魅力は、その固さにもあります。ビーフジャーキーは固いため、何度も噛んで食べるものです。何度も噛むことで満腹中枢を刺激して『食べている』と錯覚を起こさせてくれます。

少し前には『噛むダイエット』というものも流行りました。噛むダイエットは少ない食事量でお腹いっぱいになり、食べすぎを防いでくれます。

噛む回数を増やすことで、満腹中枢が刺激されるというデータもあるため、何度も噛まないといけない硬いビーフジャーキーは、ダイエットに適しているといえます。

ちなみに、ゆっくりと時間をかけて噛んで食べないと効果は得られません。満腹中枢を刺激するためには『ゆっくり食べる』『固いものを食べる』などは最低条件となります。

大体噛む回数の目安としては20回~30回が推奨です。しかし、最初から噛むことだけを意識していると食事をつまらなく思う人もいるでしょう。

そうならないためにも、いきなり20回などを決めず、5回、10回と少しずつ自分のやれる範囲で回数を増やしていきましょう。

ビーフジャーキーには小顔効果もある

ビーフジャーキーを何度も噛んで食べることで、代謝促進や脂肪燃焼の効果も得られます。特に、噛むという動作を繰り返すことで顔全体の筋肉も鍛えられるため、小顔効果も期待できるのです。

顔の筋肉を鍛えるために、美顔ローラーを使う人もいますが、ビーフジャーキーでも小顔効果は期待できますし、他にも『噛む』という動作を行うことで、普段は使わない筋肉、歯も鍛えられるためおすすめです。

ビーフジャーキーダイエットで注意したいのが塩分とカロリー

ビーフジャーキーはダイエットに関して、とても優秀な食べ物ですが、注意したい部分もあります。

それはビーフジャーキーを多く食べることによって塩分の過剰摂取、そしてカロリーにも気をつけなければいけません。

ビーフジャーキーは塩分が高め

ビーフジャーキーには塩分が多く含まれています。塩分の過剰摂取は、ダイエットの天敵ともいわれているほど、良くない影響を与えてきます。

その影響の代表といえるのが『むくみ』と『太りやすくなる』ということです。塩分によって身体がむくんでしまうと、体内に水分をためやすくなってしまいます。

人間の身体はほとんどが水分で出来ています。成人であれば60%~65%の水分量を保有しているので、あまり大きく考えない人もいますが、このむくみによる水分で1Kg~3kgほど増加する場合もあります。

決して楽観視できる数字ではないので、塩分の過剰摂取には気をつけましょう。1日の塩分の摂取基準量は8gとされていますが、これは日本基準であり、世界基準では5gです。

特に日本は味噌やしょうゆなど、塩分を多く含む調味料も多いため、特に気をつけなければいけません。ここで注目したいのが、ビーフジャーキーに含まれている塩分です。

商品によって差はありますが、一般的にビーフジャーキーに含まれている塩分は、ビーフジャーキー20gに塩分1gが含まれているといわれています。

いくらダイエットに効果があるからといって、ビーフジャーキーばかり食べるのはおすすめできないようです。

ビーフジャーキーは低カロリー

ビーフジャーキーがダイエットに適しているといわれる最大の理由、それはカロリーの低さにあります。

ビーフジャーキーは、カロリーの高い食べ物と考えている人もいますが、実は意外と低いのです。商品によって多少の差はありますが、大体100gで290kcal前後です。

しかも、100gきっちり食べる人はいません。大体25g前後を食べることになるので、摂取カロリーは72kcalほどになるのです。普通のおやつを食べるよりは低カロリーだといえるでしょう。

◆飲み物に注意して

塩分を摂りすぎると喉が渇く人が多いのではないでしょうか。そういう時に甘いジュースを飲むと渇きは収まりますが、糖分を摂りすぎて太ってしまう人もいます。

せっかく、ビーフジャーキーでカロリーをコントロールしていても、飲み物で過剰に糖分を摂取してしまう人もいるので気をつけましょう。

また、ビーフジャーキーは塩分が多く含まれているため、おつまみにもなりますが、ダイエット中にビールなどのアルコールを摂取することは控えたいものです。

あくまでもダイエット目的でビーフジャーキーを食べるため、あわせる飲み物はお水やお茶など、カロリーの低いものにしましょう。

ビーフジャーキーは、栄養成分も豊富に含んでいるのが特徴的です。特に亜鉛とビタミンB12が豊富に含まれています。

亜鉛は代謝や免疫力の向上、血糖値を下げる効果があることで有名であり、ビタミンB12は糖尿病の予防や神経の修復に特化しています。

食べすぎてしまってはカロリーが気になりますが、上手に食べればダイエットに適した食品といえます。

ビーフジャーキーダイエットはたんぱく質の補給にもなる

ダイエット中に気をつけたいのが『たんぱく質不足』です。

たんぱく質が不足してしまうと、筋肉をエネルギーとして使ってしまうため、体脂肪が燃えにくくなるという状況を生み出してしまい、体重は減ったけれど脂肪が減らないという、成功したのか失敗なのか分からない状態になるのです。

他にも、たんぱく質が不足することで新陳代謝が落ちて痩せにくくなるだけではなく、貧血にもなりやすくなります。しかし、ビーフジャーキーには豊富なたんぱく質が含まれているため、懸念される状態にはなりません。

1日のたんぱく質摂取目安量は60gです。ビーフジャーキーには1袋(45g)で18.5gのたんぱく質が含まれています。商品によって含まれているたんぱく質の量は変わってくるので、購入する時にどれくらいかを確認しておきましょう。

ビーフジャーキーは、ダイエットという目的に忠実な効果を得られるだけではなく、健康も損なわずに行えるためおすすめしたい方法です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

105



ページのトップへ