公開日:2018/03/22 

忙しい人でも簡単にできる毎日食べても飽きない湯豆腐ダイエットのやり方

ポン酢やゴマダレなどでいただく湯豆腐は、寒い季節には特においしい食事となります。

おいしく食べて痩せられる、これが湯豆腐ダイエットです。湯豆腐ダイエットの効果や口コミ、成功するポイントなどについてお伝えしましょう。

湯豆腐ダイエットの効果

豆腐が美容や健康にいいと言われているのは、よくご存知のことでしょう。

さらに、湯豆腐はダイエットにもおすすめです。湯豆腐ダイエットの効果には、どのような点が挙げられるでしょうか?

ダイエットに効果的な湯豆腐に含まれる栄養素

湯豆腐には、豆腐をはじめネギやしめじ、ニンジンなど、低カロリーで栄養のある食材が使われます。

それらの食材は、ダイエットにおすすめと言われている食材ばかりです。湯豆腐の主な具材の効果について紹介しましょう。

  • 豆腐
  • 豆腐はタンパク質が豊富で、ビタミンやミネラルが多く含まれています。ダイエット中は肉類を控えるため、どうしてもタンパク質が不足しがちです。

    タンパク質が不足すると、筋肉量が減り、脂肪燃焼効果が低下してしまいます。痩せにくい体になってしまうため、タンパク質は重要です。豆腐でタンパク質を補うことで、カロリーの過剰摂取も防げるでしょう。

    大豆イソフラボンが豊富なのも、ダイエットにおすすめの理由です。女性ホルモンのバランスを整えることで、更年期障害の症状の緩和や生理不順、生理痛などの症状を軽減し、健康な体づくりに役立ちます。

    さらに、豆腐に含まれる脂質は必須脂肪酸のリノール酸やリノレン酸の比率が高く、血糖値の急激な上昇を抑えてくれたり、高血圧などの生活習慣病を予防してくれたりする効果が期待できます。

  • ネギ
  • 100gあたり約28kcal、糖質は約5gのネギはダイエット向きの野菜です。

    さらに、ネギに含まれる硫化アリルやフルタンは、体内の脂肪を燃焼してくれる働きがあります。

    体を温めてくれる作用もあり、代謝アップも期待できるでしょう。

  • もみじおろし
  • 薬味に使われるもみじおろしは、大根と唐辛子を一緒におろしたものです。

    酵素が豊富に含まれ脂肪の分解も促すと言われる大根は、ダイエットには最適です。食物繊維も豊富で、便秘の解消効果もあると言われています。

    さらに、唐辛子に含まれるカプサイシンが、脂肪を燃焼させるという効果は、よく知られていることです。

体を温めてくれる

湯豆腐そのものが温かく、体を温めてくれる効果がありますが、ネギや唐辛子といった食材も体を温めてくれる栄養素を含んでいます。

体が冷えていては血行が悪くなり、代謝も低下するばかりです。体を温めて、血行をよくし、代謝を高められるという点は、湯豆腐の大きな効果と言えるでしょう。

手軽にできる

ダシを取ったお湯でお豆腐を温めて食べるだけ、という簡単な方法も、ダイエットを成功させるポイントです。

手軽にできるので、いつでも、簡単にダイエット料理ができます。

湯豆腐ダイエットの口コミ

おいしくてヘルシーな湯豆腐ダイエットは、手軽にできるので試している人も多いです。

実体験した方々の口コミにはどういったものがあるでしょうか?

キレイに痩せられる湯豆腐ダイエット

湯豆腐ダイエットのメリットは、痩せられるという効果だけではないようです。口コミには湯豆腐ダイエットのメリットも多くあります。

  • 肌もキレイになって体重も落ちた
  • 肌荒れしにくくなった
  • 体がポカポカして気持ちがいい
  • 代謝がよくなった気がする
  • さっぱり食べられるのでダイエットを継続しやすい
  • 野菜も摂れるのがうれしい
  • 便秘が改善された

など、美容面においてもうれしい効果があった、という声も少なくありません。豆腐に含まれる大豆イソフラボンの働きや、血行がよくなることで肌荒れも改善しやすいのでしょう。

また、体が温まることで、冷え症の改善にもつながります。むくみなども取れやすくなるでしょう。

湯豆腐の具材は豆腐だけでなくてもいいわけです。ネギやしめじ、白菜など野菜を入れて食べるのもおすすめです。

湯豆腐ダイエットは、野菜をたっぷり摂れることで、便秘の解消や栄養も摂れるので、ダイエットには最適とも言えるダイエット方法です。

また、夜はお腹がすいてつい食べ過ぎてしまうという人も、湯豆腐であれば満腹感を得られるので、空腹を満たすことができます。

夜、空腹で眠れない。または食べ過ぎて眠れないということもありません。

豆腐だけでは栄養が不足する

湯豆腐ダイエットをしてみたけれど、途中で挫折した、という口コミもあります。

  • お豆腐だけでは物足りず、他のものを食べてしまいダイエットにならなかった
  • 湯豆腐ダイエットをはじめたら、体力がなくなった
  • 体重は減ったけれど、破棄がなくなったと周りから言われる

このような失敗例の原因は、豆腐だけを長期間食べ続けていることで起こる可能性があります。お豆腐は健康食ではありますが、それだけでは栄養が偏ってしまいます。

また、低カロリーなので豆腐だけ食べていれば体重は落ちますが、体力もなくなりますし、疲れやすいなど、体調を崩してしまいます。

湯豆腐ダイエットは、置き換えをするとしても1日1食にしましょう。それ以上行うと、栄養不足になってしまいます。

また、時には野菜や鶏肉、海藻類などを入れて、栄養を補うことも必要です。栄養不足のままでは、肌も荒れてしまいますし、体を壊してしまうので注意しましょう。

湯豆腐ダイエットはポン酢などたれを変えれば飽きない

湯豆腐ダイエットはおいしく食べられて、体も温まり、無理をしなくても痩せられるという口コミの多いダイエット方法です。

豆腐のほか栄養豊富でダイエット効果のある成分が多い具材も多く、肌もキレイになれる、といううれしい効果も期待できます。そのためには、栄養には注意することが大事です。

1日湯豆腐だけ、という日を長期間続けたり、豆腐だけを食べ続けたりするのは体によくありません。野菜や鶏肉なども食べるようにしましょう。

また、湯豆腐は味が淡泊なので飽きてしまうこともあります。ポン酢やゴマダレ、ユズ風味など、たれを変えてみたり、具材を変えてみたりすることで、飽きない工夫をしましょう。そうすることで、継続でき、痩せやすい体になれるはずです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

67



ページのトップへ