公開日:2017/05/26 

まつげを劇的に増やす6つの方法

毎日のメイクやストレスなどによって、まつげの薄毛に悩んでいる女性が増えてきています。自分のまつげが薄くなってしまう原因を知ることで、まつげが健康になります。今回はまつげを増やす効果が期待できる方法をご紹介します。

まつげ不足する原因

自分でまつげを抜いている

まつげが薄くなってしまう原因として、無意識に自分でまつげを抜いてしまっているというケースがあります。例えばまつげのカール具合を確認をするために触っていたり、ふと考えごとをしている際に目元を触ったり。そういった時に、知らず知らずのうちにまつげを抜いていることが多いようです。

対策としてはまつげを無暗に触らないようにすることです。どうしてもまつげが薄くなってきたと感じ始めると、心配になってまつげに触れる機会が増えてしまいます。

しかしここは我慢して触れないようにしましょう。気になって触れ続けていると、瞼やまつげの毛根にダメージを与えてしまって、余計にハリやコシがなくなってしまうこともあります。

ビューラーを使いすぎている

まつげが薄くなってしまう原因で最も多いのが、ビューラーを使いすぎた結果、脱毛症になってしまったというケースです。ビューラーはまつげを引っ張ってカールさせるので、当然まつげそのものや毛根、瞼にも負担がかかります。特に使い古したビューラーを使い続けていると、ゴムの部分にまつげが絡まって抜けてしまいます。

対策としてはビューラーのゴムが緩みだしたり、汚れが目立つようになったらこまめに交換をすること。緩んだゴムはまつげが絡まって抜けてしまいますし、汚れている場合は不衛生なので、肌荒れやものもらいの原因になってしまいます。

また毎日ビューラーを使い続けるのもオススメできません。週に何回かはビューラーを使わずに、まつげを休ませるようにしてあげましょう。

クレンジングでガシガシ洗う

メイクを落とす際に欠かせないのがクレンジング剤です。しかしクレンジング剤は強い洗浄成分が入っているので、ガシガシと洗ってしまうと瞼やまつげの毛根まで傷つけてしまう可能性があります。

クレンジングの際には、優しく丁寧に洗い流すようにしましょう。また長い時間をかけて洗顔するのも控えた方がいいですよ。クレンジングは「丁寧に素早く」が基本です。

もちろんメイクをしたのにクレンジングをせずに寝てしまうのは、肌荒れや乾燥の原因になってしまいます。また毛穴に詰まった皮脂や汗を洗い流さないとニキビの原因にもなります。メイクをしたまま寝てしまうとまつげ以外にもダメージが大きいので、寝る前には優しくクレンジングをする癖をつけるようにしましょう。

まつげの健康は身体の健康から

食事のバランスを整える

まつげも身体の一部です。まつげだけではなく、身体全身を健康にすることがまつげを健康にする1番の近道です。身体の健康を作るのに欠かせないのが、バランスの取れた栄養を毎日摂ることです。特に摂取を心がけたい栄養素は、「タンパク質・ビタミンE・ビオチン」です。

これらの栄養素を効率よく摂れる食材は、ナッツ類や納豆や豆腐などの大豆食品、卵食品です。ナッツ類は持ち運びも手軽なので、仕事中のちょっとした小腹に食べるといいでしょう。

豆腐などの大豆類は大豆イソフラボンが多く含まれているので、女性ホルモンを活性化し、美容効果も期待ができます。また卵は完全栄養食と言われるように、必要な栄養をバランス良く摂取できます。加熱処理をしても栄養素が失われないので、毎日1個を目安に食べることをオススメします。

食事で補いきれない栄養素はサプリメントで!

毎日の食事でバランスの良い栄養を摂取することが1番ですが、なかなか必要な栄養素を計算して摂取するのは難しいですよね?そこで足りない栄養素の補助として便利なのがサプリメントです。

特にオススメのサプリは、マルチビタミンとマルチミネラルです。これだけでも基本的な栄養素は網羅できるので、簡単に栄養不足を解決できます。まずはマルチビタミンとマルチミネラルを試してみて、必要に応じて自分に足りない栄養素のサプリメントを試してみるといいでしょう。

注意点は、栄養摂取の基本は食事という点です。サプリメントで栄養素を全て摂っていても、基本的な食事が偏っていると意味がありません。バランスの摂れた食事の補助にサプリメントを利用しましょう。

質の良い睡眠をとる

バランスの取れた栄養を摂取したらゆっくり休むようにしましょう。寝不足や質の悪い睡眠では身体の疲れが十分に取れず、まつげの新陳代謝も活性化しません。質の良い睡眠をとるコツは4つ。

  1. 寝る前にストレッチをする
  2. ぬるま湯に浸かる
  3. 照明を暗めにする
  4. 就寝1時間前はテレビやスマホ、PCの使用を控える

特に最近は寝る直前までスマホを使用していることが多く、身体は寝ていても脳が活性化した状態になってしまい、朝スッキリ起きれなかったり、休んでも疲れが残っていることが多いようです。大切なことは就寝前に、身体と頭を休養モードにすること。身体と心をリラックスして質の良い睡眠を確保しましょう。

まつげを労わって増やす方法3選

マスカラを美容液に変えてみる

まつげを増やす方法として、まつげへのダメージが大きいマスカラの使用頻度控えることが有効です。ただマスカラの使用を控えるだけではなく、代わりにまつげ専用の美容液を使用すると、美容液が汚れや雑菌から守ってくれながらまつげに栄養を与えてくれるので、まつげを健やかな状態に戻してくれる効果が期待できます。

最近では育毛効果のあるまつげ美容液が販売されているので、お悩みの方は使用してみると良いかもしれませんね。美容液の効果には個人差があるばかりか、自分に合わないものを使用すると思わぬ肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

人気やブランド名だけにこだわらずにしっかりと自分の肌に合った美容液を選ぶようにしましょう。本当に相性の良い美容液に出会えたら、マツエクなども必要なくなるかもしれませんよ!

まぶたの血行を良くする

まつげも髪の毛と同様に、血液によって栄養が運ばれてきます。まつげが薄くなったお悩みの方は、目の筋肉を酷使してしまって、目の周りの血行が悪くなっていることが多いようです。

目のマッサージをして、目の周りの筋肉のほぐし、血行を良くすることでまつげの育毛に大切な栄養素をしっかり補給できるようにしましょう。マッサージの方法としては、親指で眉頭の骨の下から骨に沿って瞼の下まで円を描くように押していくようにマッサージすると良いでしょう。

あまり強く押しすぎると皮膚を傷めてしまう可能性もあるので、指の腹で優しく押し込むようにすると気持ちがいいですよ。またマッサージの前に蒸しタオルなどで目元の温めるとよりマッサージが効果的になりますよ。

病院で薬を処方してもらう

まつげがあまりにも減ってしまっている場合は「まつげ貧毛症」という病気かもしれません。原因はストレスなどによって自分で抜いてしまったり、メイクなどでまつげを酷使してしまったなど色々なケースが考えられます。

深刻に悩んでいる場合は、眼科や皮膚科に行って専門の医師に相談してみることをオススメします。まつげが薄くなってしまう原因を専門の先生に診断してもらうことで、悩みの解決も早まるかもしれませんよ。

最近ではまつげの脱毛専用の薬もあるようです。通販などで個人輸入などを通して気軽に購入ができるようになりました。しかし偽物の可能性があったり、自分に合わない成分が含まれていることもあるようです。安全面を考えると病院でしっかりと処方してもらった薬を服用したほうがいいでしょう。

まつげの健康は身体の健康から

  • まつげの健康には「ナッツ類・大豆・卵」がオススメ
  • 足りない栄養にはサプリメントで補って!
  • たまにはマスカラなしで、まつげ専用の美容液を!
  • 目元の血行を良くして育毛を促進
  • 深刻な悩みは専門医師に相談しましょう!

まつげの育毛を考えているのなら、身体全身からのケアが大切です。バランスの良い栄養と休養、マッサージで健やかなまつげを育毛しましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

60



ページのトップへ