公開日:2018/04/23 

フルーツダイエットは一食置換えが基本!正しい方法でもっとキレイに

置き換えダイエットはいろいろありますが、ここで紹介するのは『フルーツダイエット』です。フレッシュな生フルーツを毎日食べるだけでダイエットになるというのは嬉しいですよね。

正しいダイエット方法を知り、もっとキレイになりませんか?

ブログでも話題のフルーツダイエットとは?

『フルーツダイエット』のポイントは、『1食をフルーツに置き換える』ことです。ブログやテレビ等で盛り上がっていたので、ご存知の人も多いのではないでしょうか?

「やってみたい!」と思った人は、フルーツダイエットのポイントをチェックしてくださいね。

食べる時間と量は?

1日のどの食事をフルーツに置き換えるかは、好きに決めて構いません。朝食は摂らないという人なら昼か夜がいいですし、夜はちゃんと食べたいという人なら朝か昼がいいでしょう。

置き換えの時間は問いませんが、気を付けたいのが『食べる量』です。フルーツを食べる目的は『ダイエットのため』なので、気の向くままに食べるのはNGです。

どれだけ食べたらいいかわからないという人は、1日の目安量を200gに設定してみましょう。これは『農林水産省』が推奨するフルーツ1日の摂取量です。複数の果物を組み合わせる時も、この量を意識してください。

どんなフルーツがおすすめ?

基本的にはどんなフルーツを食べても構いませんが、カロリーの高いものは控えましょう。また、美肌や体調改善も目指す人は、成分に注目してフルーツを選ぶのもおすすめです。

成分ごとのおすすめのフルーツは次のようになります。

  • ビタミンC(抗酸化作用):アセロラ、いちごなど
  • カリウム(むくみ解消):キウイフルーツ、グレープフルーツなど
  • アントシアニン(眼精疲労回復):ブルーベリーなど

気分に合わせて好きな物を選んでみましょう。

フルーツダイエットのメリット

フルーツダイエットのメリットには、次のようなものがあります。

  • 少量でも満足感を得やすい
  • 腸内環境改善
  • 体調が整う

フルーツはほとんどが水分のため、お腹に入ると少量でも満足できます。カロリーも通常の食事よりは控えめなので、空腹を感じずにダイエットに励むことができるでしょう。

無理な食事制限や定期的な運動が必要ないので、忙しい人でも続けられます。

またフルーツには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘気味の人には最適です。ビタミンやミネラルといった体に有益な成分も多く、フルーツの定期的な摂取は体調改善にもつながるでしょう。

フルーツダイエットの仕方

フルーツダイエットはいわゆる『置き換え』ダイエットの1つですが、ちょっとした注意を守ることで、より効果を実感できるようになります。フルーツダイエットのやり方を見てみましょう。

朝置き換えフルーツダイエット

フルーツダイエットにはじめて挑戦する人は、朝食と置き換えるのが1番簡単かもしれません。その際の注意点は次の3つです。

  • 生のフルーツを常温で食べる
  • 午前中は水だけを摂取
  • 昼・夜は普段通りの食事

冷たく冷やしたフルーツは美味しいですが、ダイエットでは常温がおすすめです。

体を冷やすと代謝低下につながりますし、冷たくて食べやすいからと食べすぎてしまうかもしれません。フルーツそのものが体を冷やすこともあるので、体調のためには常温を心がけてください。

また午前中は胃に負担のかかるコーヒーやジュース等は避け、水だけを摂取するようにしましょう。デトックス効果もアップしますし、フルーツの栄養効果を妨げません。

フルーツを朝食に置き換えると、昼食や夕飯をたくさん食べたくなるかもしれませんが、ここはぐっと我慢です。置き換えダイエットのポイントは『普段通り』の食事をとること。

ダイエット成功のため、昼食と夕食は今までと同量に抑えましょう。

夜置き換えフルーツダイエット

ダイエット効果は一番高いと言われるのが夕飯との置き換えです。

1日の食事のうち、1番しっかり食べるのが夜という人は多いでしょう。1番多大なカロリーを摂取する夕飯をフルーツに置き換えることで、高いダイエット効果を期待できるのです。

ただし食後の活動が少ない夜は、フルーツ選びがより重要になります。低カロリーのフルーツを選ぶよう心がけ、就寝3時間前には食事を終えているようにしましょう。

フルーツダイエットで失敗してしまったら?

「1食をフルーツに置き換えているのに、全然痩せない」という人は、ダイエット方法を見直してみてはいかがでしょうか。

また、厳しい食事制限等を行わないフルーツダイエットの効果は、すぐには現れません。すぐに失敗したとあきらめず、少しずつやり方を変えて、自分に合ったフルーツダイエットを見つけましょう。

太る場合は食べる量を見直す

ダイエットを始めてから、逆に太ってしまったという人は、適量の200gを超えていませんか?

前述のとおり、これは気の向くままに好きなだけフルーツを食べるダイエットではありません。まずはフルーツをどれだけ食べたのか思い出してください。「200gのフルーツってどのくらいかわからない」という人は、次でチェックしましょう。

リンゴ 1個
みかん 2個
もも 2個
キウイフルーツ 2個
さくらんぼ 40個

これが200gの目安です。適量を守って、ダイエット効果を狙ってください。

フルーツの単品摂取をやめる

フルーツを食べ過ぎていないのに痩せない、という人は同じフルーツばかり食べていませんか?

食事にはバランスが重要です。同じフルーツばかり食べていると栄養が偏り体に良くないうえ、栄養バランスの乱れから太りやすくなることもあります。

ダイエット効果がないと感じたら、フルーツの種類を変えたり組み合わせを変えて食べたりして、栄養バランスを整えてみましょう。

高カロリーなフルーツは避ける

フルーツの量も種類も問題ないのに痩せないなら、フルーツのカロリーをチェックしてください。これはすでに述べましたが、ダイエットの上で高カロリーな食べ物を避けることは基本です。

含まれる栄養が違うように、フルーツのカロリーも違うので、なるべく低カロリーなフルーツを選ぶようにしましょう。

以下が、ダイエットにおすすめのフルーツとカロリーです。

みかん1個 45kcal
いちご10粒 150kcal
りんご1個 140kcal
キウイフルーツ1個 55kcal
グレープフルーツ1個 120kcal

また、バナナ、マンゴーは『太りやすいフルーツ』と言われているので、避けた方が無難です。

フルーツダイエットで注意すべきこと

絶対にフルーツダイエットを成功させたいという人は、注意点を守ってチャレンジしてみましょう。

フルーツダイエットで気を付けたいポイントを紹介します。

基本は生で摂取

フルーツダイエットの基本は『生』のフルーツを口にすることです。ドライフルーツや加工フルーツは糖分が高く、栄養価は高くてもダイエットには向きません。

また熱を加えたフルーツはせっかくの栄養素がなくなることもあるので、避けましょう。ダイエットを目指す人は、フレッシュな状態のフルーツを食べてください。

1日1食置き換えが基本

フルーツダイエットではフルーツと食事の置き換えは1日1食、あとは普段通りが基本です。

早く痩せたいからとフルーツばかり食べたり、他の食事を制限したりするのは止めましょう。ダイエットはただ痩せればいいというものではなく、健康的に減量することが重要です。

POINT

フルーツばかり食べていては栄養が偏りますし、食事量を減らせばストレスも増加するでしょう。リバウンドで太ってしまうことの無いよう、体や心にストレスなくダイエットに取り組むことをおすすめします。

フルーツダイエットでデトックス

食事をフルーツに置き換えるダイエットなら、「やってみたい」と感じる人も多いでしょう。

まとめ

どんなフルーツを食べるかと選ぶ楽しみもありますし、苦痛を感じずに済むダイエットです。おいしいフルーツをたっぷり味わって、体の内側からデトックスしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

280



ページのトップへ