公開日:2018/02/22 

下っ腹を集中攻撃!短期間で簡単にできる下っ腹ダイエットの方法とは?

脂肪がつくことで多くの人が悩んでいるのが、下っ腹です。ぽっこりと出てしまったお腹は、ほかの部位より目立ってしまい恥ずかしく感じる人も少なくありません。

下っ腹を短期間で効果的にダイエットするためには、どんなことをすればよいのでしょうか。ここでは簡単なダイエット方法や、器具を使ったトレーニング方法をご紹介します。

下っ腹ダイエットは下っ腹の正しい知識が必要

下っ腹が出てしまっているとき、その原因はさまざまな部分にあります。たとえば皮下脂肪や内臓脂肪がついて太ってしまった場合が想定されやすいですが、それだけではありません。便秘になってしまっていることもあります。

また、腹筋が少ないということや、あるいは姿勢が悪いあまりに、内臓が下がってきてしまっていることも原因として挙げられるでしょう。冷えによるむくみが原因の可能性もあります。下っ腹が冷たい場合は、まさにむくんでいる状態でしょう。この場合、ダイエットよりも冷えを解消することがとても大切です。

このように、下っ腹がぽっこりと出てしまっている原因は決して脂肪だけではありません。だからこそ、正しい原因を知ってから対策をとることが欠かせません。

便秘の場合は食物繊維などを取って腸内環境を整えたり、腸をもんで血流をよくしたりなどのケアが必要ですし、むくみには体を温めて血流をよくする必要があります。

しかし、脂肪がついたり、筋力が足りなかったりすることによるお腹ぽっこりは、ダイエットとしてトレーニングすることが重要になることでしょう。次は簡単にできるダイエット法をご紹介します。

短期間で簡単にできる下っ腹ダイエット

下っ腹を鍛えるためには、インナーマッスルをトレーニングすることが効果的です。

インナーマッスルを鍛えれば、お腹まわりに脂肪がつきにくくなるほか、姿勢がよくなって内臓が下がりにくくなるなど、ぽっこりお腹を改善することができます。

いくつか簡単なトレーニングをご紹介するので、ぜひチャレンジしてみてください。

ウエストひねり

手を胸の前でクロスし、ウエストをひねるだけの方法です。血の巡りをよくしたり、筋肉をほぐしたりする効果が期待でき、ぽっこりお腹をおさえることにも役立ちます。

ドローイン

近年話題を呼んでいるのが、このドローインという方法です。ひっこめるという意味のドローインですが、その名の通り、お腹をひっこめることを表しています。
息を吐きながらお腹をへこませ、吸いながら膨らませるというとてもシンプルな方法であり、ちょっとした隙間時間にもすぐにおこなえるトレーニングです。

寝そべりながら足上げ

仰向けに寝そべり、足をそろえるようにしてまっすぐに伸ばします。その状態のまま、両足を直角にゆっくりと上げ、ゆっくりとおろすことを繰り返します。

座ったままの腹筋

オフィスワークなどで椅子に座る方は、座ったままの腹筋がおすすめです。椅子に座ったまま、片足を地面から少しだけ上げて、しばらくキープするだけです。仕事の合間にもできる簡単なエクササイズとなっています。

これらの方法はどれもシンプルでありながら、下っ腹に効果的であり、隙間時間におこなうことができます。時間を見つけてトレーニングしてみましょう。

器具を使った下っ腹ダイエットの方法

下っ腹ダイエットを成功させるためには、ときには器具の力を借りてみるのもよいでしょう。現在さまざまなダイエット商品が販売されていますが、下っ腹に効果的なものとはいったい、どのようなものなのでしょうか。いくつか代表的なものを見てみましょう。

腹筋ローラー

腹筋ローラーとは、両手で持って転がすローラーがついている器具で、これを前後に転がすことで腹筋を鍛えることができます。下っ腹はもちろん、腹筋を直接的に鍛えたい方には特におすすめです。

有酸素運動ができる器具

下っ腹ダイエットに有効な運動の一つに、有酸素運動があります。ルームランナーやエアロバイクなどの器具は、有酸素運動を促してくれるアイテムとして活躍してくれます。体全体の脂肪を燃焼することで、下っ腹にも効果が出てくることでしょう。

ステッパーは特に、下半身を鍛えることに長けているため、下っ腹にも効果的です。ステップを踏むだけの簡単な運動であり、音楽を聴いたりテレビを見たりしながらでも、ダイエットに取り組むことができます。

バランスボールなどの簡単トレーニング器具

定番としてはやはり、トレーニング器具があります。クッション型のものやバランスボール、スリッパなど、下っ腹を鍛えるために効果的なものがたくさん販売されています。効果にはもちろん、個人差がありますから自分が使い勝手の良いものを見つけるのがよいでしょう。

EMSマシンを使う

近年話題となっているのがEMSマシンです。これは電気を入れて筋肉を振動させて鍛えると方法で、有名スポーツ選手が宣伝しているものなどもあることから、アスリートにも人気が高いとされています。運動が苦手な方でも取り入れやすい器具といえるでしょう。

着圧インナーで日頃から鍛える

着圧インナーはふだんから身につけられるほか、ほどよい締め付けによって、着るだけで下っ腹を鍛える効果を見いだすことができます。トレーニングする時間が取れない人は、まずはインナーから取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分に合った下っ腹ダイエットをしよう

下っ腹がぽっこりと出てしまうとき、脂肪がついているのはもちろんのこと、むくみや便秘、筋力低下によって内臓が下がってきていることなど、さまざまな原因が考えられます。

むくみや便秘はトレーニング以外のケアが必要ですが、脂肪は筋トレをしたり、器具を使って運動をしたりすることで落とすことができるはずです。気になる下っ腹を集中的にトレーニングすることで撃退し、すっきりとしたウエストを目指しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

41



ページのトップへ