公開日:2017/06/15 

ニキビにおすすめの美容液を探そう!症状別おすすめ美容液

ちょっと夜更かしをしたり、ホルモンのバランスが乱れると現れるのがニキビ。顔にできると毎朝鏡を見るのが憂鬱になり辛いものですよね。皮膚科に行く前に、自分でできることってないのかな?そんなあなたに、ニキビの症状タイプ別のおすすめ美容液をご紹介します。

ニキビ対策におすすめの美容液1

皮脂で毛穴が詰まってしまう場合

急に出現して成長するニキビは、毛穴が皮脂で詰まったときにできる炎症です。昨日まで何もなかったように見えても、詰まりはじめるとすぐに炎症がひどくなってしまい、ニキビへと発展してしまいます。このニキビの症状を治すには、肌や皮ふ内部の皮脂の量を正常に戻さなければなりません。

また、炎症を抑えるために、殺菌成分の効果で肌や皮ふの環境を清潔に保てるようにすることも必要です。顔の皮ふは、他のどこと比べてもとても敏感。お肌を優しくケアして炎症対策ができる美容液を探したいですよね。

「プロアクティブ+」の美容液

「プロアクティブ+ ポアターゲティング トリートメント」は、敏感なお肌のバランスを整えてくれます。有効成分であるサリチル酸は殺菌作用があるので、肌の雑菌が広がるのを防いでくれ、角質を柔らかくしてくれます。もうひとつの有効成分である、グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビの炎症を抑えてくれるのに力を発揮します。

この美容液のいいところは、これらの有効成分を、独自で開発されたテクノロジーの働きで、毛穴の奥まできちんと届けてくれるところです。どんなにいい成分が入っていても、お肌の奥まで届かなければその効果は発揮されません。

「プロアクティブ+」の使い方

朝晩1日2回、洗顔後に、目のまわりを避けながら、顔全体に薄くのばしてなじませていきます。できれば、この「プロアクティブ+ポアターゲティングシリーズ」の洗顔料と、クリームをラインで使いがおすすめです。このポアターゲティングシリーズは、洗顔料、美容液、クリームの3ステップからなり、化粧水は含まれません。

また、同じ会社が出している化粧水は、コットンで拭き取るさっぱりした使用感タイプなので、もうちょっとしっとりした使用感の化粧水を使いたい方は、手持ちの化粧水を使用しても効果が期待できるようです。使い慣れた化粧水にプラス美容液でも使えるというのは嬉しいですね。

ニキビ対策におすすめの美容液2

引用元:https://www.orbis.co.jp/small/1152010/?adid=f0top_PC_28

疲れたときに現われる「大人ニキビ」

思春期の時ほど皮脂が大量に分泌されているわけではないのに、なぜニキビができてしまうのでしょうか?原因は、ホルモンバランスの乱れによって、皮ふ組織が男性ホルモン優位な状態になってしまい、その結果皮脂がたくさん分泌されてしまうからです。そんな状態のときに、お肌の乾燥などによって毛穴に角栓が詰まってしまうと、大人ニキビになってしまうのです。

また、飲酒やたばこ、睡眠不足などが原因となって、皮ふの新陳代謝がきちんと機能できなくなり、残ったままの古い皮ふ組織が毛穴の詰まりを引き起こすこともあります。ホルモンバランスの乱れはストレスによるものであることが多く、なかなか肌ケアだけでは治すことはできませんが、肌に必要な栄養素は補ってあげる必要があります。そのため、美容液でのケアは大切です。

大人ニキビの解消が期待できる有用成分

オルビスの「クリアアクネスポッツ」は、そんな大人ニキビと戦うためのさまざまな要素を兼ねそろえています。油分は使用されていないのでさっぱりと使えるのも魅力。イオウ、甘草由来のグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が配合されていて、ニキビや肌荒れを防ぐ働きをします。

さらに保湿成分として、アンズ果汁が配合。お肌の角層を柔らかくほぐしてくれ、薬用成分が浸透しやすくなります。さまざまな成分がお肌の角質層までアプローチするので、改善されにくい大人ニキビへの効果が期待できます。

使い方はとてもシンプルで簡単!

オイルを使用していないので、軽く柔らかなテクスチャーです。半透明のジェルは、化粧水のあと、ニキビの気になる部分にのせて薄くなじませます。そのあと、保湿液などで肌を保護しましょう。

朝晩のお手入れの際はもちろんですが、半透明のジェル状なので、日中のメイクの上から塗ってもなじみやすく、目立ちにくいので、外出先でも気軽に気になる部分に塗りなおすことが可能です。小さい容器なので持ち運びやすいのも魅力。いつでもどこでも使用できて、目立たず塗り直しも可能というのはうれしいですよね。

放っておけないニキビ跡対策にはこれがおすすめ

引用元:http://jp.rohto.com/melanocc/essence/

かぎを握るのはビタミンC!さらに誘導体ならなおよし!

ニキビを改善したい一心でお手入れをしてきても、ついつい気になって、触ってしまいますよね。炎症がひどければひどいほど気になるものです。ニキビ跡とは、炎症を起こした皮ふが傷つき色素が沈着してしまった状態のことをいいます。ニキビは治っても、跡が目立ってしまうためにストレスを感じます。

ニキビ跡にもいくつかの種類がありますが、よくみられる赤みのあるニキビ跡の場合は、自宅で行えるシンプルケアで和らげることができます。メイクでニキビ跡を隠そうとすると、毛穴が詰まってしまい症状がまた悪化してしまうこともあるのです。隠すのではなく、しっかりとケアすることが重要になります。

ニキビ跡の対策方法としておすすめなのは、ビタミンC誘導体を含む美容液などを継続して使用することです。皮ふの環境の改善に役立つ栄養素が角質層に浸透していくので、効果を期待できます。

ロート製薬「メラノCC薬用シミ集中対策美容液」

プチプラでありながら、有効成分もしっかり入っている美容液。アスコルビン酸(別名活性型ビタミンC)という美白有効成分が含まれており、透明感へと導いてくれます。さらにビタミンE誘導体も配合されているので、ダブルのビタミンが肌の奥まで働きかけます。

また、ロートの独自処方で、肌の深層部まで有効成分を届けてくれるので、メラニンの生成を抑えたり、シミを抑えたりする効果が期待できます。さらに、うるおい成分としてアルピニアホワイトも配合されているので気になるニキビ跡もなめらかに整えてくれます。継続しやすいプチプラというのも魅力のひとつですね。

ニキビ跡用の美容液をどうやって使うの?

ビタミンCが配合された化粧水などで保湿をしたあと、顔全体に薄く塗り広げて使います。お手入れの最後の仕上げとして、ピンポイント使いで気になる部分に塗るのも効果的です。べたつかないリキッドタイプなので、季節を問わずいつでも快適に使えます。

毎日の朝晩のお手入れとして使用します。ニキビ跡を改善するには、ある程度の時間が必要となるかもしれませんが、使い心地と、継続しやすい価格、欲しいと思ったらすぐに買い足せる手軽さは魅力的です。同じシリーズで使用すると赤いニキビ跡を目立たなくしてくれる、さらなる効果を期待できるかもしれません。

種類と原因を突き止めて健やかな肌を育もう

それぞれのニキビの種類に合わせたおすすめの美容液を使ってみてください。

  • 皮脂量のケアと殺菌には「プロアクティブ+ ポアターゲティング トリートメント」
  • 大人ニキビには「クリアアクネスポッツ」
  • ニキビ跡には「メラノCC薬用シミ集中対策美容液」
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

52



ページのトップへ