公開日:2018/01/30 

気になるVIOライン部分の脱毛!痛み・範囲を徹底調査

今はほとんどの脱毛エステの全身脱毛コースの中にVライン脱毛が含まれています。

痛みの程度や脱毛できる範囲など、サロンに行く前にちょっと知りたい情報を掲載中。VIOラインの脱毛に不安や疑問を持っている方必見!まずは各ラインの脱毛のメリットをご紹介!

気になるVIOライン部分の脱毛!痛み・範囲を徹底調査

全身脱毛コースに含まれる・I・Oライン脱毛 ~人には聞けない素朴な疑問を解決!~

Vライン(ビキニライン)

脚の付け根のVの字のライン、または三角形のアンダーヘア部分。下着の形にも左右されない自己処理による肌荒れから解放されます。

Iライン

性器周囲の部位。下着からムダ毛がはみ出す事がなくなる、生理時の蒸れや被れ、肌荒れが治まるetc。最近人気のある部位です。

Oライン

肛門周囲の部位。サロンによってはヒップ奥ともいう。脱毛する事により排泄時に衛生的に。Tバックの下着を好む方に人気な脱毛です。

痛みはどのくらい?

痛みを気にしている方がやはり多いようですが、エステの光脱毛は針脱毛やレーザー脱毛に比べ痛みが少ないのです。光が拡散する分肌への負担が少なく、広い範囲を照射できるので施術にかかる時間もとてもスピーディ。

ゴムで一瞬弾かれる程度の痛みですが、耐えられないほどではないという方が圧倒的に多いです。通えば通うほど痛みは減っていきます。


やっぱり恥ずかしいの?

いいえ。ほとんどの方が「2回目から恥ずかしさはなくなった」と感想を述べています。

施術する体勢やスタッフに見られる、という抵抗を持つ方が多いようですが、スタッフは一日に何人もの施術を行っているので、特に気にもしていないと思っていいでしょう。

2回目からはすぐに慣れるはず。こちらが恥ずかしさを捨てれば、周りの目など全く気にならなくなるものです。


Vラインを脱毛したらI・Oラインも脱毛するべき?

そんな事はありませんが、やはりコースにIラインやOラインが含まれているのならもったいないので脱毛した方が良いですね。

Vラインだけやるという方は多くいますが、Iラインまで脱毛した方は流れでOラインも脱毛しているようです。

しかしサロンによって全身脱毛のメニューに含まれていないところもあり、今の主流はVラインとIラインといったところでしょう。


痛みや恥ずかしさよりも脱毛範囲の方が重要!

エステの光脱毛は2回目からどんどんと痛みが減っていくものなので、さほど気にする事はありません♪

今はVIO全てを綺麗にするハイジニーナコースなども段々と広まりつつありますが、私個人としてはやっぱりメインはVラインとIライン。

サロンによって脱毛できる範囲は違うので、痛みや恥ずかしさよりもそちらの方を重要視しましょう!もしもIラインを脱毛するなら、Oライン込みのコースで後悔はしないはず。

脱毛コースの各部位の料金を比較

脱毛部位をクリックしてください。 ワキ 乳輪周り お腹 へそ周り Vライン 両ヒザ 足の甲 顔 胸元 両ヒジ上 両ヒジ 両ヒジ下 両手甲 両ひざ上 両ひざ下 うなじ 背中上 背中下 腰 ヒップ Oライン

全身脱毛注目コンテンツ

ミュゼVSキレイモ
知名度No.1のミュゼと口コミで話題のキレイモ。全身脱毛をするなら一体どっちがお得?実は決定的な違いがありました。

特集!全身永久脱毛
全身脱毛にかかる費用や、本当に永久脱毛になるのか?などをチェック!全身脱毛に失敗しないためのポイントを教えます!


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

111



ページのトップへ