公開日:2017/05/26 

乾燥肌にはレブロンのリキッドファンデーションがおすすめ?

乾燥肌に悩んでいる人にとって、肌のことを考えてメイクを行わないと最悪の場合乾燥肌の症状が悪化してしまうかもしれません。乾燥肌のファンデーションの選び方や人気のレブロンのリキッドファンデーションについてご紹介したいと思います。

乾燥肌におすすめのファンデーションとは

ファンデーションの種類はいくつある?

一言でファンデーションといっても、色々な種類のファンデーションがあります。ファンデーションには主に、次のようなものがあげられます。

  • パウダーファンデーション
  • クリームファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • スティックファンデーション
  • エマルジョンファンデーション
  • 2wayファンデーション
  • BBファンデーション
  • ミネラルファンデーション

同じような物であっても、メーカーによって呼称が違ってくることもありますが、水性や油性といった成分やテクスチャーの違いによって大きく差が出ています。個人の肌の性質などによって、向いているファンデーションや向いていないファンデーションに違いがあります。

ファンデーションを選ぶ際のポイント

ファンデーションを選ぶ際には、テクスチャーと水性・油性に重きにおいて選ぶほうがよいといわれています。

テクスチャーについては、メイクが得意でない場合はテクスチャーが軽めのファンデーションを選んだほうがよいといわれています。ただ、テクスチャーが重い場合はカバー力が高いため、カバー力重視の場合は重めのテクスチャーを選ぶほうがよいでしょう。テクスチャーの重さというのは、実際に試してみないとわかりません。店頭にあるテスターを使って確認しましょう。

ファンデーションには、水性と油性のファンデーションがあります。乾燥肌に悩んでいる場合は、油性のファンデーションを使用すると水分を保ちやすくなります。水性と油性の見分け方は、水をはじくかどうかで判断しましょう。

乾燥肌で悩む場合のファンデーション

乾燥肌の人がファンデーションを選ぶ際には、リキッドタイプのファンデーションを選ぶことが多いといわれています。また、リキッドファンデーションの中でも、保湿成分がどれくらいあるのかを確認して、選んでいくほうがよいでしょう。成分表示に、コラーゲンやセラミド、スクワラン、そしてレシチンなどの成分が含まれているファンデーションであれば、一般的なファンデーションと比べるとしっとりとした使い心地を実感することができる場合が多いです。また、保湿成分が多ければ肌が若々しく見える効果も期待できるので、相対的におすすめできると言えるでしょう。

レブロンのリキッドファンデーションとは

レブロンとはどのような会社か?

レブロンという会社は、アメリカにある化粧品メーカーです。1932年から存続している歴史的な企業として知られています。創立当時はネイルエナメルの販売だけしかしていませんでしたが、6年という短期間で一気に大企業にまで登りつめ、スキンケアアイテムや化粧品、香水なども販売するようになりました。販売戦略にも立ており、一般人が憧れるような女優やスーパーモデルを広告塔に立てて、販売活動を行っていました。

ただ、広告だけで大企業に登りつめたのではなく、品質についても評判がよかったようです。日本においては、かつては百貨店での対面販売のみを行っていたこともありますが、近年ではより手軽に購入することができるようにドラッグストアでも販売を行っているようです。

乾燥肌用のリキッドファンデーション

レブロンでは、スティックタイプ・パウダータイプ・クリームタイプなどのファンデーションも販売していますが、リキッドタイプのファンデーションの展開が充実しています。ファンデーションが崩れにくいものや、毛穴をしっかり隠してくれるタイプもあります。中でも特に人気の高いのが、乾燥肌に悩んでいる人のためのリキッドファンデーションです。通常のリキッドファンデーションと同様に、24時間キープ力が期待できるといわれています。

ファンデーションの特徴としては、ナチュラルでソフトマットに仕上げることができるファンデーションであり、SPF20程度の日焼け防止効果も期待できるようです。乾燥肌用でありながら通常のファンデーションとそん色ない効果が期待できるとされています。

レブロンのリキッドファンデーションのメリット

乾燥肌に悩む人に向けてのレブロンのリキッドファンデーションについてご紹介したいと思います。まず、レブロンのリキッドファンデーションの魅力は潤いキープ力が高いという事です。タイムリリース処方といわれる効果により、肌のオイルコントロールをしつつも、うるおいを保つ効果が期待できます。それにより、ファンデーションが崩れにくく、うるおいが24時間キープすることができるといわれています。

また、次のような肌の保湿に効果が期待できる成分が含まれています。

  • ゼニアオイエキス
  • マドンナリリー根エキス
  • 乳酸桿菌・エリオジクチオンカリホルニクム発酵エキス
  • シムビジウムグランジフロルム花エキス
  • ヒアルロン酸Na

正しいリキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションの下準備

いきなりファンデーションを塗るのではなく、下準備が非常に重要だといわれています。リキッドファンデーションを塗る前には、化粧水・乳液・化粧下地などをしっかりと肌になじませてから使用しましょう。また、乳液やクリームなどを使用する際には、皮脂が多く分泌される部分にはあまり使用せず、乾燥しやすい部分には多めに使用するとよいでしょう。

さらに、下準備の後にティッシュなどを肌にあてて、余分な油分を除去するのも重要といわれています。これを怠ってしまうと、化粧のりが悪くなったり、化粧崩れが早くなったりする可能性があります。手間がかかるかもしれませんが、念入りに下準備をするようにしましょう。

リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションはカバー力が高いのですが、シミや毛穴を隠そうとするあまり厚く塗りすぎてしまうことがあります。リキッドファンデーションは、厚くなりすぎると化粧が崩れやすくなる原因になるともいわれています。リキッドファンデーションは、厚塗りしてしまうと失敗しやすいようです。そのため、大前提として薄く塗る必要があります。

もし、毛穴やシミが気になるようであればコントロールカラーなどを使用して、カバーしていくほうがよいといわれています。また、リキッドファンデーションは直接肌につけるのではなく、まずは手のひらで伸ばしから使用すると肌になじみやすく化粧のりがよくなりやすいです。

リキッドファンデーションの仕上げ

リキッドファンデーションを使用すると保水成分があるものの、つけてすぐはべたつきやすい場合があります。そのようなときには、仕上げにフェイスパウダーではたいてあげると特有のべたつきを抑えることができ、化粧崩れ予防効果も期待できるといわれています。

しかし、ここでフェイスパウダーをつけすぎてしまうと、リキッドファンデーションのメリットが失われるだけでなく、白く浮きやすくなってしまう可能性があります。パウダーをつけた後は、ティッシュなどで余分なパウダーを落とすことを忘れないようにしましょう。何事もやりすぎずに適度な分量をつけることが失敗を防ぐポイントです。

リキッドファンデーションで乾燥肌対策を

レブロンの乾燥肌用のリキッドファンデーションは、高い効果が期待できるようです。乾燥肌に悩んでいる場合は試してみてもいいかもしれません。

  • 乾燥肌で悩む人はリキッドファンデーションがおすすめ
  • ファンデーションを選ぶ場合には保湿成分をチェック
  • レブロンには乾燥肌用のファンデーションがある
  • リキッドファンデーションを使用する前は下準備が必要
  • リキッドファンデーションは薄く塗る
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

83



ページのトップへ