公開日:2017/05/26 

いつでもサラサラをキープ!ベタつかない「すっきり肌」を作るコツ

年中ベタつきを感じる「オイリー肌」の方も、汗をかきやすい季節だけベタつきが気になる方も、できればスッキリさらさら肌を維持したいですよね。そんな「スッキリ肌」を作る方法を紹介します。いつも涼し顔のクールな女性を気取ってください!

ベタつかない「さらさら肌」を作る方法

ゴシゴシはNG!洗顔し過ぎない!

肌がベタつくからと、ゴシゴシ洗顔をしたり、1日に何度も洗顔したりしていませんか?ベタつきの原因として洗いすぎの可能性があります。思い当たることがある方は、ぜひ洗顔方法や回数を見直してみましょう。

また、汗をかく季節に増えてくるのが、ベタつき防止シートなどを使い何度も顔を拭いてしまうことです。化粧直しの際に使うだけならいいですが、汗をかく度に何度も使うと、逆に皮脂の分泌を促す原因となることも。

次に洗顔料。洗い上がりがさっぱりするタイプの洗顔料は、必要な皮脂まで洗い流している可能性があります。洗顔後にキュキュっと音がするほどのさっぱり感は、いわゆる乾燥している状態かもしれません。少ししっとり感が残る、優しい素材の洗顔料に変えてみるのもオススメです。

与えすぎるくらいでOK!保湿はしっかり

ベタつきを防止するには「保湿」が重要です!ベタつくということは、肌が皮脂を過剰に分泌している状態です。そうなる前に、きちんと肌に水分を与えて保湿してあげれば、皮脂の分泌は通常に戻っていきます。汗や皮脂をしっかり落とした後は、お肌にたっぷりの水分を与えてあげましょう。

そして洗い流した油分を与えてあげることも大切です。水分と油分どちらか片方が多くなってしまい、バランスが崩れることにより「ベタつき」を感じます。水分を十分に与えてあげた後は、乳液などで油分もきちんと与えてあげます。

どうしても「ベタつき」が気になるという方は、化粧水も乳液も、油分の少ない「さっぱりタイプ」を選びましょう。そうすることで、少し油分を抑えることができますよ。

あぶらとり紙はNG!ティッシュオフを

「ベタつき」を感じる度に「あぶらとり紙」を使って皮脂を抑えている方はいませんか?その行為は、皮脂を余分にとりすぎて、さらに「ベタつき」を増加させる原因になっているかもしれません。皮脂をとりすぎないためには、かるくティッシュオフするのがおすすめです。ファンデーションが崩れたりよれたりしないように、顔の上にのせて軽く抑えるだけで十分です。

ティッシュオフした後は、化粧水をスプレーしてあげると肌が落ち着きます。化粧水が肌にしっかり染み込んだなと感じたら、その上から「パウダーファンデーション」や「フェイスパウダー」をさっと上からひと塗りしてあげましょう。これで化粧直しはバッチリ。べたつくなと感じた時には、ティッシュオフ。一つの習慣の違いでお肌のバランスが整いやすくなりますね。

生活習慣改善で「さらさら肌」になれる?!

キーポイントは、やはりストレスを溜めないこと

現代社会では、多くの人がストレス過多の状態にさらされていますよね。特に女性の身体は、ストレスが原因で男性ホルモンが過剰分泌されてしまうことも!男性ホルモンが活発に働いてしまうと、皮脂の分泌量が増え、テカリやにきびなどの原因となることもあります。

お肌トラブル防止のためにも、普段からストレスを溜めず、女性ホルモンの働きを活発にすることが重要です。ゆっくり入浴する、好きなアロマを焚いてリラックスタイムを過ごすなど、自分なりのストレス解消法を持っておきましょう。

また、睡眠不足などの不規則な生活リズムも影響しますので、質の良い睡眠を心がけてください。ホルモンバランスを整えることで、肌トラブルが解消されて「ベタつき肌」が解消されるということは十分あり得ます。

できるかぎり脂っぽい食事を避ける!

お酒が好きな方や、会社のお付き合い、友達との食事などで、ついつい飲んでしまうお酒。そしてついつい食べてしまうラーメンやスナック菓子や、ファストフード!たまになら問題ないかもしれませんが、そういった油分の高い食事をひんぱんに摂取していると、「ベタつき肌」になりやすくなります。顔のテカリを抑えたいのであれば、脂っぽい食事や刺激のある食事をできるかぎり避け、お酒も最低限に抑えましょう。

また、脂質の代謝を促すビタミンB群や、良質なタンパク質を積極的に摂取してください。納豆やレバー、うなぎといった食品や、豆腐や魚、卵などは肌に良いといわれています。肌の質を改善することで「ベタつき肌」の改善も期待できます。表向きだけでなく、肌細胞の段階から意識することで、顔のテカリや「ベタつき」は解消されますよ。

代謝をあげる努力をする!

できるかぎり汗をかきたくないから、「ベタつき肌」に汗は禁物だからと思い込み、普段からなるべく汗をかかないようにするのは間違いです。

適度な運動をして汗を流し、身体の代謝をあげることが「ベタつき肌」を予防してくれると思ってください。しっかりメイクで汗をかかないようにするのは、ニキビの原因になったり、皮脂の分泌を増やしてしまう可能性があります。汗をかいた時は拭き取ってあげればいいだけです。

それよりも健康的に身体を動かし、代謝をあげるほうが大切です。身体の代謝をあげることにより身体のバランスが整い、健康面の状態も良くなります。そうやって細胞レベルで身体を改善することにより、結果的に「ベタつき肌」も改善できると考えましょう。

メイクで作る「さらさら肌」!

化粧下地からしっかりと!

ベタつきが気になるから、できるかぎり化粧下地をつけないという方も少なくないはず。しかしその考えは危険です。きちんと化粧下地を使用することで肌とファンデーションの密着度が増し、化粧崩れをしにくい仕上がりになります。

特に日差しの強い春夏は、日焼け予防も兼ねた下地を使うのがおすすめです。その際オイリー肌の方は、油分が少ないもの、毛穴を塞ぐ成分が入っていないものを選びましょう。

化粧下地でしっかり下地を作り、そして日焼け防止もばっちり整えたら、あとは「パウダーファンデーション」や「ルースパウダー」を使い軽く仕上げるだけで十分です。下準備を念入りにすればするほど、さらさら肌は長時間キープできると思ってくださいね。

パウダーファンデーションでさらさら肌

さまざまな種類のファンデーションが存在しますが、中でもさらさら肌を演出してくれるのは「パウダーファンデーション」です。しっかりカバーしたいから、肌に密着したほうが汗をかかなさそうだからと、リキッドファンデーションやクリームファンデーションを選びがちですが、肌質によって見極めが必要かもしれません。

しっかりカバーした分、皮脂の分泌量が増えたり、洗顔時にしっかりと落としすぎるため乾燥肌になってしまう可能性があります。パウダーファンデーションでも、コンシーラーを使用すればカバー力は十分ですし、お化粧直しも簡単です。

お化粧直しの際は、分泌された皮脂をティッシュで軽くおさえてからパウダーファンデーションをブラシなどで軽くひと塗りしましょう。まるで今までのべたつき肌が嘘のように生まれ変わります。

フェイスパウダーを活用!

洗顔後に下地を塗った後、またはパウダーファンデーションも塗った後に、「フェイスパウダー」を使うのもおすすめです。お手軽に購入できる、肌にも優しいベビーパウダーをパウダーの代わりに使う方もいるようです。

フェイスパウダーを仕上げにお肌に乗せることで、顔のテカリが抑えられたり、時間が経っても化粧崩れが少なくなる効果があります。透明に近い明るい色合いなので、顔色全体が明るくなるというメリットもあります。

化粧直しの際に、ファンデーションではなくフェイスパウダーを使うという方法もありますね。非常に軽くて細かい粒子なので、スキンケアが終わり下地を施したら、10分くらい経ってつけるようにしましょう。慌てて塗ってしまうとムラやヨレができてしまうので要注意です。

「ベタつき」はひと手間で解決できます!

ベタつかない肌を作るポイントは次の3つです。

  • ベタつかせないために充分な保湿を行う
  • 習慣を変えて「さらさら肌」にする
  • メイクで「さらさら肌」をつくる

ほんのひと手間や、生活スタイルを少し変えるだけで解決できます。この夏は「ベタつき」から解放されましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

102



ページのトップへ