公開日:2017/05/26 

自宅でできる簡単なお手入れ方法で目指せマイナス5歳肌!

しわやくすみ、たるみが気になったことはありませんか?年齢とともに肌の衰えが気になり始めた人も多いのではないのでしょうか。今回はマイナス5歳肌を目指したいあなたに、自宅で簡単にできるお手入れ方法をご紹介します!

保湿の徹底はマスト!自分に合った保湿を

シーズンごとに保湿方法を変えてみよう!

1年中同じケア方法をしている人はいませんか?マイナス5歳肌を目指すなら、シーズンごとにお手入れ方法を変えてみるのがおすすめです。春から夏にかけては紫外線に有効な化粧水を使用したり、乾燥が気になる秋冬には保湿力の高いものやクリームをプラスしてみましょう。シーズンごとにお手入れ方法を変えるだけで、悩みに左右されないベストな肌を手に入れることができますよ。

肌が弱い人は、自分に合った化粧水などが見つかりにくい場合があるかもしれません。販売店に行けば化粧水、乳液、クリームなどのサンプルがもらえますので、使った後に刺激がないか、次の日の肌の状態はどうか、チェックしてみるといいかもしれませんね。

年齢が表れる目元のケアはすぐに始めましょう

年齢が表れる顔の部分に、目元があげられます。目じりのしわやたるみ、くまなど、目元の悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。しわやたるみなどは、今までの生活習慣やお手入れ不足が蓄積してできたもの。このまま放っておくと、状況は改善するどころか衰えていくばかりです。

目元のケアにおすすめなのが、目元専用のアイクリームです。保湿力に優れたものが多いのが特徴で、目元に悩みを持っている人は毎日でも使ってほしいアイテムです。アイクリームは値段が張るものが多いので、しっかりと成分をチェックし、サンプルで自分の肌に合うか試してから購入しましょう。年齢が表れやすい目元のケアは、今すぐに始めるのがマイナス5歳肌を手に入れる秘訣です。

シートパックは使用時間を守って!

自宅で簡単にできるシートパックを使ってお手入れしている人もいるでしょう。シートパックは顔に貼るだけなので、手軽に使えるアイテムとして優秀ですよね。その際に保湿成分をもっと浸透させようと、記載されている使用時間以上にシートパックを使っている人はいませんか?そんなあなたは要注意です!

長時間シートパックを顔に貼ったままにしておくと、シートパックが成分を吸い込むことになります。肌の乾燥やトラブルの原因になることがあるので、使用時間はきちんとチェックしておきましょう。もったいないと思うかもしれませんが、間違った使用法では逆効果になってしまいますので、トラブルを防ぐためにもシートパックは使用時間を守って使うようにしましょうね。

正しい日焼け対策でマイナス5歳肌を手に入れる

保湿+日焼け対策をしっかりと!

春から夏にかけて、紫外線量は大幅にアップします。まだ肌寒い春先にもたっぷりの紫外線が降り注いでいますので、早めの紫外線対策を心掛けましょう。UV効果のある化粧品を使うのはもちろん、帽子や日傘でしっかりとガードすることも忘れてはいけないポイントです!

日焼け対策に数字の高い50+++などのアイテムを購入している人も多いでしょう。しかし50+++などの数字が高めのアイテムを1度塗って終わるより、20+などのアイテムを2~3時間ごとに塗りなおすことでUV効果が持続するといわれています。肌が弱い人は50+++などのアイテムは肌トラブルをおこす原因になるので、普段使いには数字の低めのUVアイテムを使い、こまめに塗りなおしましょう。

日焼け対策だけでなく保湿も心掛けよう

日焼けが気になる時期には、日焼け止めを塗ることに意識が向きがちですが、マイナス5歳肌を手に入れるためには保湿をしっかり行うことも必要不可欠です。現在は肌に優しい日焼け止めも販売されていますが、やはり多少なりとも肌に負担はかかってしまいます。しっかりと日焼け対策を行いながら、十分に肌に潤いを与えることが大事ですよ。特に長時間外にいたときや、夏の海に行った後などはしっかりとしたケアが重要です。

自分の肌に合ったなるべく肌に優しい日焼け止めを使い、保湿を十分に行うことで紫外線のダメージを少なくすることができます。乾燥が気になる冬はもちろん、春夏の紫外線対策にも保湿は最優先ですのでケアアイテムを上手に使いながら、春夏を乗り切りましょう!

窓から降り注ぐ紫外線にも要注意!

晴れている日はもちろん、曇りの日も紫外線は降り注いでいます。また、窓から部屋の中に日が射す場合も、紫外線が窓を突き抜けてあなたの肌に影響を与えていることはご存知ですか?春から夏にかけては1日家の中にいる場合も注意が必要です。フルメイクはしなくても、せめて日焼け止めは塗るようにしておきましょう。

外出するときには必ず帽子や日傘を使って、紫外線が直に肌に当たるのを防ぎましょう。短時間だからといって油断は禁物です。紫外線の影響が肌に蓄積し、シミやくすみの原因になる場合があります。5年後、10年後のあなたの肌を守るためにぜひ今からしっかりと対策しておきましょうね!

体の内側のケアでマイナス5歳肌をゲットしよう

食事バランスを整えることが最優先!

太ることを気にして、極端に食事量を減らしていませんか?カロリーを気にする割には、野菜などを食べずにお菓子を口にしている人も多いのではないでしょうか。食事で気を付けたいのは、炭水化物やタンパク質、野菜や果物に多く含まれるビタミンやミネラルなどをバランスよく食べることです。

特に気を付けたいのは油分などが多いファストフードの食事やお菓子類です。たまにはいいかもしれませんが、週に何度も、というのはやめましょう!かといってすぐに止めるのはつらいかもしれません。そんな時は栄養価の高いナッツやカカオ分の高いチョコレートで代用するようにしましょう。もちろんこれらを食べすぎては本末転倒ですので、節度を持って食べるようにしましょうね!

タンパク質を意識して取るようにしましょう

肉や魚、大豆製品などのタンパク質を普段意識して食べていますか?タンパク質は筋肉や皮膚、髪の毛などを形成するだけでなく、肌の調子を整えるためにも重要な栄養素になります。普段から意識してタンパク質を多めにとることで、肌のトラブルが改善するかもしれませんよ。

1日のタンパク質の適性摂取量は、18歳以上の男性で70g、女性が55gとされています。

引用元:【医師監修】危険!タンパク質不足が肌に与える影響 | スキンケア大学

また、肌を作っているのはタンパク質などを成分とするコラーゲンです。もしタンパク質が無くなってしまうとハリツヤが無くなるということにも繋がります。タンパク質は美肌作りに欠かせません。

ハリ・ツヤのある美しいマイナス5歳肌を手に入れるためにも、毎日の食生活に55g以上のタンパク質摂取を心掛けていきましょう!

サプリメントを上手に活用しましょう

毎日の仕事や育児などで忙しく、なかなか食生活まで気が回らない人もいるでしょう。そんな人はサプリメントを上手に使ってみましょう。手軽に必要な栄養素が摂取できるので、忙しい人にはピッタリです。そのためにはビタミンが数種類入っているものや、鉄分や亜鉛などのミネラルが入っているものなど、自分に不足しがちな栄養素を知ることが不可欠です。

サプリメントをとってもすぐに効果を実感できないかもしれませんが、普段から意識して摂取していくことで、少しずつ体の内側から変化が表れるかもしれません。必要な栄養素をとるために毎日ちゃんとした料理をするのは大変ですよね。その点サプリメントは簡単にできる1番のお手入れ方法かもしれませんね。

体の外側・内側からアプローチを

マイナス5歳肌になるために、簡単にできるお手入れ方法をご紹介しました。

  • 保湿を徹底しよう!目元にはアイクリームを
  • 日焼け対策はしっかりと行いましょう。合わせて保湿も忘れずに
  • 食生活を変えて体の内側からきれいになりましょう。

タンパク質摂取を心がけて、サプリメントも活用しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

58



ページのトップへ