公開日:2017/05/26 

シミを消すにはどうしたらいい?化粧品や食べ物ではじめる自宅ケア

世の中には美白化粧品をはじめ、たくさんのシミ対策アイテムがあります。

「何を基準に、美白化粧品を選べばいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?シミに効果が期待できる成分を調べ、おすすめの商品と食べ物をまとめました。

シミを消したい!まずは、シミについて調査

シミには、医学的に6つの種類に分類することができます。『セルフケアできるシミ』と『セルフケアできないシミ』があるため、まずは自分が気になるシミがどちらに分類されるか確認しましょう。

シミの種類と、シミができる原因

まず、『セルフケアできるシミ』は、紫外線やストレス、新陳代謝の崩れが原因である『老人性色素斑』、同じく紫外線と、女性ホルモンの乱れが原因の『肝斑(かんぱん)』、傷やニキビ、虫刺されによる色素沈着でできる『炎症性色素沈着』の3つです。

これらには、美白化粧品やピーリングなどのセルフケアの働きで、ある程度の改善が期待できます。

『セルフケアできないシミ』は、紫外線と遺伝が原因の『そばかす』、紫外線と加齢が原因の『脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)』、同じく紫外線が原因の『花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん』の3つです。

セルフケアでは改善が難しいため、薄くするためにはレーザーなどの美容医療が必要となります。

化粧品にシミを消す効果は期待できるのか

販売されている化粧品の中には、美白効果をうたい、シミを消すことができるとアピールしている商品も多く見られます。化粧品でシミが消せるとしたら非常にうれしいことですが、実際のところはどうなのでしょうか。

化粧品でシミは消せない

結論から言うと、残念ながら通常の化粧品には『シミを消す効果はありません』。医薬品、医薬部外品とされているもののみ、シミを薄くする効果を期待することができます。

シミに効く化粧品を選ぶときには、『美白有効成分の入ったもの』『価格がお手頃なもの』の2点をクリアしているものを選びましょう。

おすすめの美白有効成分は、シミを薄くする効果が期待できる『エナジーシグナルAMP』、シミを予防してくれる『アルブチン』『トラネキサム酸』、どちらの働きも期待できる『ビタミンC誘導体』です。

あくまでシミを薄くし、予防効果が期待できるというだけで、完全にシミを消せるわけではないので注意しましょう。

美白化粧品は1~3カ月以上は継続して使うことが推奨されるため、価格面で無理なくリピートできる商品を選びましょう。

できてしまったシミにはハイドロキノン

『ハイドロキノン』は、医療現場でも使われるほど美白成分が強く、シミやニキビ跡に効果が期待できます。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を促進する『酵素チロシナーゼ』という物質の働きを抑えるため、シミの予防に効果的なのです。

さらにハイドロキノンは、肌に出てきてしまったメラニン色素そのものを薄くする作用を持っています。今あるシミにも、将来できるシミにも効果が期待できるアイテムと言えるでしょう。

ハイドロキノンは、市販化粧品には1%未満~4%、病院で処方される薬としては5%以上の配合率が多くなっています。効果が高すぎて、皮膚に強い刺激があるため、使用の際にはパッチテストをするのが安全でしょう。

特に肌が敏感な人は、皮膚科の医師と相談することをおすすめします。

予防には日々の丁寧なスキンケアが鍵

シミの原因の大半は紫外線です。通常、紫外線を浴びてメラニン色素が活性化し、皮膚が黒くなれば、肌の新陳代謝で元の肌色に戻りますが、過剰に紫外線を浴び続けたり、新陳代謝のサイクルが崩れたりすると、肌にメラニン色素が蓄積され続け、シミとなってしまいます。

日焼け止めクリームでの紫外線予防と、美白効果のある化粧水を使って保湿を欠かさないようにしましょう。

洗顔で変わるシミなし美肌

『洗顔の仕方』でも、シミのできにくい肌を目指すことができます。肌トラブルは、将来のシミ原因となります。朝と夜の2回、しっかりと洗顔を行いましょう。

洗顔料の使用量を守り、十分に泡立てたら、その泡をつぶさないように肌を撫でるように洗顔します。洗い始めからすすぎまで1分半を目安に、ゆっくり優しく洗うようにしてください。

事前にクレンジング剤を使う場合は、肌の負担を軽くするため、1分程度の短時間で済ませるのがおすすめです。熱すぎるお湯も肌への刺激となるため、人肌程度のぬるま湯ですすぎましょう。

最後に水分をふき取る際にも、タオルでごしごし擦らず、そっと肌を押さえて水分を吸い取るようにします。

ハイドロキノンでシミをケアしよう

シミ消しに高い効果が期待できるハイドロキノンですが、刺激が強いため、いきなり使うのは不安という人もいるのではないでしょうか。逆に、より強力なハイドロキノンを手に入れて、しっかりシミを消したい、という人もいるかもしれませんね。

ここでは、トライアルセットで気軽にお試しができる商品と、日本よりも強力な、海外のハイドロキノン配合商品をご紹介します。

お試しができる、 ビーグレン

スキンケアブランドであるビーグレンが出しているのが『QuSome ホワイトクリーム1.9』です。

ハイドロキノンを独自技術の『QuSomeテクノロジー』を使って包み込み、成分を角層まで浸透させることができます。さらに、ビタミンC誘導体も配合しており、高い美白効果が期待できるでしょう。保湿成分を多く配合しており、肌の潤いも保つことができます。

公式ホームページでは、トライアルセット7日分が、特別価格で注文できるため、「ハイドロキノンを試してみたいけど、価格が高くて手が出ない」「自分に合うか不安」という人にもおすすめです。

ハイドロキノンで悩みを解消する ホワイトケア プログラム | ビーグレン

より高い効果を期待するなら海外商品

海外商品には、日本では化粧品への配合が認められていない成分や、より強く高い効果が期待できる商品も販売されています。ただし、個人輸入した商品を使うのは、あくまで自己責任なので、慎重に選ぶことが必要です。

BIHAKUENからは、『ハイドロキノン配合クリーム』と『トレチノイン配合クリーム』のセット商品が販売されています。

トレチノインは、ビタミンA誘導体の1種で、肌の新陳代謝を促進し、新しい肌の再生を早めます。ハイドロキノンと合わせて使うことで、より肌の漂白を早めることも期待できるでしょう。

日本では化粧品への配合が認められていませんので、使用する際には十分に注意しましょう。

  • 商品名:BIHAKUENハイドロキノン&トレチノインクリームセット
  • 価格:4810円(税込)
  • オオサカ堂:商品ページ

ハワイで販売されているシミ消しクリーム『ナディノラ』は、現地でも人気の商品です。日本で販売されているハイドロキノン配合商品に比べても、非常にコストパフォーマンスが高い商品となっています。

  • 商品名:NADINOLA 強力美白クリーム 64g
  • 価格:1990円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ビタミンC誘導体でシミ予防

ビタミンC誘導体は、ハイドロキノンと違い肌への刺激が少なく、日本の美白化粧品にも多く配合されています。

保湿効果の高い アスタリフト

アスタリフトは、美白成分にビタミンC誘導体を配合し、さらにコラーゲンとアスタキサンチンという保湿成分も加えられているので、美白と保湿を同時に叶えること可能です。

富士フィルムの独自技術で、成分がナノ化されているため、肌の奥深くまで浸透して、シミに働きかけてくれます。シミを薄くするには、継続して使用しましょう。

  • 商品名:アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト 30ml 【医薬部外品】
  • 価格:6999円(税込)
  • Amazon:商品ページ

本気の高級ライン ホワイトショットSXS

ホワイトショットSXSは、ポーラの美白ケア美容液です。普段使いするには、他と比べて高価な商品ですが、紫外線以外にも、ストレス・加齢により濃くなっていくシミにも働きかけてくれます。本気でシミ対策したい女性は注目したい商品です。

  • 商品名:POLA ポーラ ホワイトショットSX S 20g cs
  • 価格:1万1129円(税込)
  • Amazon:商品ページ

シミを消すにはこんな方法もある

美白化粧品を使ったシミケアをまとめてきましたが、シミ対策には他にも様々な方法があります。シミ対策に効果が期待できる食べ物と、レーザー治療による方法を紹介します。

食べ物で体の内側からケアする

美白効果が期待できる栄養素を含む食品を摂ることでも、シミを予防することができます。

『ビタミンC』は、キウイやアセロラ、レモンなどに含まれ、美白効果が期待できる有名な栄養素です。

『セラミド』と『エラグ酸』はメラニンの生成をおさえ、肌を紫外線から守る働きがあります。セラミドを多く含んでいる食品は、大豆、小麦など、エラグ酸はザクロ、ナッツ類です。

肌の代謝は、『Lシステイン』と『ビタミンE』が高めてくれます。Lシステインは、体内合成される物質なので、原料となる『メチオニン』を摂取しましょう。メチオニンは、マグロ・鶏肉・豚肉など、ビタミンEはナッツ類に含まれています。

肌の抵抗力を高めるのは、『リコピン』と『ベータカロテン』です。リコピンは、トマトやスイカ、ベータカロテンはニンジン・しそ・カボチャなどの食品から摂取できます。

皮膚科でレーザー治療をする

セルフケアできないシミや、どうしても早く消したいシミがあるという場合は、皮膚科でのレーザー治療という方法があります。

集中して消したいシミ、顔全体のシミを消したいのかによって、使うレーザーが異なるので、気になる人は1度レーザー治療を取り扱う皮膚科に相談すると良いでしょう。

シミのタイプによってもおすすめのレーザーが異なるうえ、皮膚科によって、料金設定が異なります。個数や面積、ダウンタイムと痛みの大きさなども考慮し、医師の判断を仰ぎましょう。

シミを消すのは大変!自宅ケアで予防もしっかり

シミに有効な化粧品や成分はいくつもありますが、1度できてしまったシミを消すには、強い刺激のあるアイテムやレーザーなどを駆使する必要があるなど、なかなか大変です。

今あるシミには、美白化粧品でできるだけ薄くなるように働きかけ、将来できるシミは事前に予防できるように、日々のセルフケアや食事でしっかり対策しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

103



ページのトップへ