公開日:2017/06/15 

美魔女の真実は毎日の積み重ねにあり!今のうちにしたいケア

年齢を重ねても若々しい女性が増えて、美魔女という言葉が定着しています。髪の毛から足元まできれいにお手入れされていて、明るく元気な姿が魅力的です。美魔女になれるケアにはどんなものがあるのでしょうか?若い今のうちから始めましょう。

美魔女のような美肌になれるスキンケア

たっぷりの泡でやさしく洗顔

美肌作りの基本は洗顔から始まります。ゴシゴシ洗うのは御法度、肌の表面に刺激を与えてしまわないようにやさしく洗うのが重要なポイントです。メイクを落とす際も、皮膚が動くほどの力では強すぎるので、マッサージするようにやさしくクレンジングします。洗顔料はたっぷりとふわふわに泡立てて使うようにしましょう。

具体的には手の平が顔に触れず、泡で洗うようにイメージします。泡を立てるのが難しい場合は泡立てネットなどを使うと簡単にふんわり泡が作ることができておすすめです。すすぐ時にもゴシゴシせずに泡を水で流すようにやさしく。洗い上がりは、タオルで押さえるようにして水分を拭くようにしましょう。洗顔後は、なるべくすぐにスキンケアをして乾燥を防ぐのも大切です。

肌の奥へと届ける保湿ケア

お肌が乾燥していると、ファンデーションのノリが悪くて粉浮きしたり、よれたりしてしまいます。乾燥はお肌トラブルの始発点です。しっかり保湿ケアをしてうるおいのあるお肌を保ちましょう。化粧水を手で簡単につけているだけという方はハンドプッシュを取り入れるのがおすすめです。化粧水をまんべんなくつけたら、最後に手の平でやさしく覆うようにします。

化粧水をお肌の奥へ届けるイメージで、ハンドプッシュするのがポイントです。次に使う美容液の浸透も変わってきます。乾燥が気になる時は化粧水を使ってパックをしましょう。ホットタオルで血行を良くしたり、入浴中にパックしたりすると、より効果的でおすすめです。

目元と口元のスペシャルケアを!

皮膚の薄い目元と口元にはスキンケアのひと手間を加えるのがおすすめです。顔全体のクレンジングをする前に目元と口元のクレンジングをします。アイラインまできちんとメイクしている場合は綿棒やコットンを使ってアイリムーバーでクレンジングするようにしましょう。指先では届かない細かい部分にメイク汚れが残るとくすみに繋がってしまいます。

いつもの洗顔で、目のキワにアイカラーやアイラインがうっすら残っている方はパーツクレンジングを試してみるのがおすすめです。口元は、リップラインや縦シワの中に汚れが残りがちです。コットンにクレンジングを含ませて少し押さえてから拭き取ると落ちやすくなります。目元や口元は乾燥しやすいパーツなので、ローションパックと一緒にアイパックやリップパックをすると効果的です。

年齢が出やすいパーツをしっかりお手入れ

デコルテと首は保湿とUVケア

首やデコルテはシミやシワができていたり、くすんでいたりするのが目立ちやすいパーツです。スキンケアは顔だけでなく、首やデコルテまでしっかり行うようにしましょう。いつものスキンケアをデコルテまで取り入れるだけでハリのある美肌に近づけます。クリームをつける時はマッサージを加えてリンパを流すのがおすすめです。顔の老廃物を耳の下にまとめたら、首筋に沿ってデコルテのくぼみまで下ろします。最後は左右にそれぞれ流しましょう。左側は右手、右側は左手を使うと流しやすいです。

また、日焼けはお肌へのダメージが大きく修復するのに時間がかかるのでUVケアも忘れないようにしましょう。日焼け止めを塗ったり、ストールを使ったりして首とデコルテを日差しから守るのが大切です。

美しい手元を保つハンドケア

手元は日常で酷使されるパーツの1つです。職場ではパソコンのキーボードを叩いたり紙に触ったりすることで水分が失われて指先が乾燥しがちです。家庭では食器洗いや掃除で洗剤によって手が荒れてしまいます。手元のケアにはハンドクリームを塗るのが大切です。毎日ハンドクリームを使ってケアするのは面倒に思いがちですが、年齢を重ねた時に差が出てくるので今のうちから習慣にしておきましょう。

ハンドクリームを塗ってから、ビニールやゴム手袋をしてお湯で食器洗いをするとハンドパックになるのでおすすめです。スペシャルケアでネイルサロンでのハンドケアを受けるのも効果的です。ハンドケアのみを受けられるサロンも多いので、ぜひ利用してみましょう。

髪の根元から美しくなれるヘアケア

年齢を重ねてくると髪にコシがなくなってきたり、白髪が増えてきたりします。そうなる前にヘアケアの習慣をつけましょう。美しい髪の毛を保つには、まず毛穴をきれいにすることが大切です。シャンプーの前にお湯を使い、表面の汚れを落とす予洗をするのがポイントです。シャンプーはまず手で泡立ててから指の腹を使ってマッサージするように洗います。すすぎもしっかりと、特に耳の後ろや髪の生え際は泡残りがないようにします。

毛穴の汚れが気になる時は、美容院のヘッドスパでスペシャルケアをしてもらうのもおすすめです。シャンプーの後にコンディショナーやトリートメントを使う場合は毛先から真ん中くらいを中心にして毛穴を塞がないように。髪のハリを保つにはアウトバストリートメントを使ったケアも効果的です。

毎日の食事でキレイな身体作り

糖化現象は美魔女の大敵

糖分とタンパク質が結びついて、AGE(最終糖化産物)に変わってしまうことを糖化現象といいます。

糖化が起こるとコラーゲンが糖と結合してしまうので、細胞と細胞の間が緩くなって、シミやシワの原因になることも。糖化は美魔女への道を大きく妨げる現象です。血糖値が急激に上がるものを避けて、糖化を防ぐ方法を取り入れましょう。スナックのお菓子や小麦を使ったパン、白米は急激に血糖値が上がる食材です。糖を緩やかに分解する低GI食品を取り入れるのがポイントです。

例えば、白米を玄米に変えたり、小麦のパンを全粒粉のパンに変えたり、砂糖もきび糖や黒砂糖を使うのがおすすめです。精製されず皮や殻のついている食品はミネラルもたっぷり含まれています。

アンチエイジングの優秀食材

低カロリーで栄養価が高い食材は美魔女作りに欠かせません。エイジングのケアに効果を発揮する食材を今のうちから取り入れておきましょう。おすすめなのが豆類、ごま、玄米、野菜、魚、海藻類、キノコ類、いも類、発酵食品です。海藻サラダにごまをかけたり、野菜炒めにキノコを加えたり、レシピにプラスしやすい食材ばかり。白米を玄米に変えてみるのも効果的です。

三大栄養素の1つであるタンパク質は肉類に偏るとコレステロールが気になるところ。美魔女を目指すなら、大豆製品やアボカドでタンパク質を補給しましょう。ビタミンEも同時に摂れる優秀食材です。また、調理に必要な油は悪玉コレステロールを減らす作用のあるオリーブオイルや血液サラサラ効果が期待できるエゴマ油・亜麻仁油を選ぶのがおすすめです。

美肌を作るビタミンとミネラル

美肌作りに欠かせない栄養素といえばビタミンとミネラルです。ビタミンAとビタミンBには新陳代謝を高める作用があります。お肌の再生を助けるビタミンAは卵に多く含まれています。ニンジンやほうれん草が持つβカロチンは身体の中でビタミンAに変化する栄養素です。細胞の新陳代謝に働きかけるビタミンBは玄米や納豆、バナナに含まれています。酸化を防ぐ抗酸化力があるビタミンEは血行促進にも効果的です。ナッツ類や玄米、かぼちゃに多く含まれています。

ミネラルはお肌のうるおいを保ってくれる効果があり、免疫力もアップする栄養素です。海藻類にはマグネシウムやカルシウム、亜鉛など多種類のミネラルがたくさん含まれているので積極的に取り入れたい食材です。

内側と外側からのケアで美魔女を目指しましょう

美魔女の真実は、毎日の積み重ねにあることが分かりました。若い今のうちから習慣にすることで年齢を重ねた時に成果を実感できます。未来の自分のために今からケアを始めましょう。

  • スキンケア
  • 目立ちやすいパーツごとのケア
  • 食べもので内側から美しく

見た目も体の内側からも美魔女になる道を歩みたいですね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

47



ページのトップへ