公開日:2017/06/15 

カサつく前にケアしましょう!売れているハンドクリーム3選

「毎日の家事や仕事の雑務で手荒れがひどい…」「ハンドクリームを毎日使っているのに、カサカサが治らない…」という悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?そこで、今回はカサつく前に気をつけるハンドケアについて検証していきます!

手のカサカサの原因は、いったい何なの?

手肌のカサカサは皮脂の不足が原因

手は、もともと皮脂腺の分布が少なく、乾燥しやすい場所です。そこに、何らかの刺激によっていっそう皮脂が不足すると、カサつきやかゆみの炎症が起こってしまいます。

外気や紫外線などの自然現象が手肌に与える影響も見過ごすことはできません。生まれながらにお肌が弱い敏感肌の人もカサカサお肌になりがちです。

最近ではアレルギー体質の人も多く、洗剤や炊事用のゴム手袋、金属などに反応して手荒れが生じているケースも見られます。もしかしてアレルギーかも?と心あたりのある人は、まず病院で診察を受けることをおすすめします。

水をさわる仕事だから仕方ない

皮脂腺の少ない手の表面は、当然皮脂膜が作られにくい環境です。その悪環境の上に、掃除、洗濯、料理など家事で水にさわることが多くなれば、貴重な皮脂膜はいとも簡単に流されてしまいます。膜のない手肌は無防備な状態なので、皮膚の水分が蒸発がしやすくなります。

また、冷たい水に触れることが多い指先は、血行が悪くなり肌の機能が衰えてしまいがちです。健康な肌は、自らの力で保湿成分を作り出すことができるのですが、衰えてしまった肌は保湿力が落ちてますます乾燥していきます。

カサカサの大敵である水をさわる家事をする時には、水に直接触れないように、炊事用のゴム手袋をすることをおすすめします。また、水仕事の時は、肌のバリア機能を損ねないようにぬるま湯を使うほうが良いです。

ちょっと生活習慣が乱れているかも

皮脂が減少してしまう原因は、水にさわることだけではありません。毎日の何気ない生活習慣が、手荒れを引き起こしている可能性があります。

実は、手荒れの原因は、自律神経の乱れと大きく関係しているのです。自律神経が乱れると、身体の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると皮膚の潤いに必要な栄養素や酸素の運搬が滞ります。その結果、身体の末端にある手まで届けることができず、乾燥しがちな手をフォローすることができなくなるのです。

自律神経の乱れは、ストレスやバランスの悪い食生活、不規則な生活や睡眠不足が原因で起こります。健全な生活を送ることで手荒れだけではなく、若々しく健康な身体も手に入れることができますので、あなたの生活習慣を見直してみるのもいいですね。

手荒れの症状別ハンドクリームの選び方

軽くカサついた手には「高保湿ハンドクリーム」

比較的軽い症状で、手の表面がカサつく程度の「手荒れ予備軍」には、シアバターやヒアルロン酸が配合された高保湿のハンドクリームがおすすめです。敏感肌や乾燥肌で、常に保湿が必要な人には必須アイテムとなるでしょう。

ですが、ただハンドクリームを塗ればいいというものではありません!手を洗った後には毎回ハンドクリームを両手均一に塗って、爪の先まで一緒に保湿しましょう。水に触ったらすぐに水気をきり、その後すぐにハンドクリームでバリアをはるイメージでいると、手のカサカサはかなりの高確率で防ぐことができます。

カサカサがひどい時には、バリアをはった上に重ね塗りをするといっそう効果的です。また、ハンドクリームは手が冷たいとなかなか浸透しませんので、温まった手に塗るか、手の上で温まったハンドクリームを塗るようにしましょう。

あかぎれ、ひび割れには「ビタミン配合ハンドクリーム」

手肌の乾燥がひどく、指先がひび割れてきたり、全体にあかぎれを起こしていたりする手には、ビタミンCが配合されたハンドクリームが良いでしょう。手の血行を良くし、身体全体の免疫力をつけて皮膚の再生を促進します。

肌の表面を保湿してくれるグリセリンや、血の流れを良くする作用のあるビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)などが配合されたハンドクリームを使うと、あかぎれ、ひび割れを効果的に保湿してくれます。おやすみの前には保湿効果、血行促進効果のあるハンドクリームを塗り、木綿の手袋できっちりと保護をして寝るようにしてください。

また、血行を良くするためにハンドクリームで保湿をしたあと、マッサージや程度な運動を取り入れるとあかぎれやひび割れの悪化を防ぐことができます。

皮膚の表面がゴワゴワした手には「尿素配合ハンドクリーム」

皮膚が硬くごわついた手肌には、尿素が配合されたハンドクリームをおすすめします。尿素は昔から、皮膚の角質を柔らかくするための外用薬として使用される医薬品で、化粧品にも多用されています。

尿素は天然保湿成分の1つとして皮膚の角質層の中に含まれている成分で、ごく微量ですが汗にも含まれています。尿素の働きとして保湿がありますが、もう1つの特徴としてタンパク質を分解する働きがあり、固くなった角質を柔らかくしてくれるのです。ですので、かかと、ひざ、肘など角質が固くなってしまった部分にピンポイントで塗るといいでしょう。

ハンドクリームのパッケージに「医薬部外品」「第3類医薬品」と表示されているハンドクリームは、手肌のお手入れに高い効果が期待できますよ。ただし、敏感肌やひび割れ、あかぎれで出血が見られる人、痛みを伴う人には使用をおすすめできません。

カサつく手におすすめのハンドクリームはコレ!

ロクシタン:シアハンドクリーム

ロクシタンはフランスのプロヴァンス地方で産声をあげたスキンケアのブランドです。ロクシタンのスキンケア製品の主原料となる植物はオーガニックのものが多く、地中海沿岸のプロヴァンス地方で生産されています。

その中でも代表アイテムであるハンドクリームは、シアバター配合でリッチ感あふれる潤いがお肌を滑らかにしてくれます。数あるロクシタンの製品の中でも、ダントツNO.1で売れている人気の高いベストセラーがハンドクリームと言えます。

手肌のカサカサを改善するだけでなく、カサつく前の予防にも効果があり敏感肌の人にも刺激を与えないため、安心して使うことができますよ。高い保湿力はもちろんのこと、手に広げると優しく上品な香りに包まれ、癒しの効果も抜群です。パッケージも可愛いのでちょっとしたプレゼントにもおすすめです。(本体価格:3,200円)

パピリオ:ハンドマッサージエッセンスリペア

パピリオは「成熟した日々を、もっと楽しく、美しく」をテーマにした大人の女性のためのコスメブランドです。パピリオが扱う製品の中でも人気の高いこのハンドマッサージエッセンスリペアは、植物の恵みがたっぷりと配合され、メルティスクラブ(粒)で年齢肌と手荒れをケアするダブル効果があります。

8種類の和漢植物エキスが凝縮されているメルティスクラブには、お茶のエキスや紅茶エキス、クロレラなどの成分が含まれ、マッサージすることで引き締め効果を発揮し、透明感のある滑らかな手肌をつくり出してくれるのです。

ピチピチと弾力のある手肌をキープするためには植物コラーゲンや納豆エキス、天然ビタミンEが大活躍!また、硬くなりがちなひじやひざ、頑固なかかとのケアにもバッチリです。(本体価格:1,500円)

第一三共ヘルスケア:ロコベースリペアクリーム

ロコベースリペアクリームは第一三共ヘルスケアが製造・販売するしっかりとしたテクスチャーのハードタイプのハンドクリームです。保湿成分としてシアバターが配合され、ナノ化された油成分がお肌の角質層にぴったりと密着し、ドライスキンの人に不足しがちな肌脂質成分をバランスよくとり入れています。乾燥はもちろん、外部の刺激からも手肌を守り、保湿効果が高いハンドクリームです。

ロコベースリペアクリームは、防腐剤無添加を実現するために、クリームに含まれる水分量を極力減らしています。ですので、クリームの使用感は少し硬めですが、皮膚表面にはしっかりとバリアをはり、表面からの水分蒸発を防いでくれます。

また、保湿力をキープするために、硬めの油成分であるナノ化されたパラフィンが肌表面の細かいスキマに入り込み、水分にも負けない長時間の保湿力を発揮し潤いを保ちます。(本体価格:1,800円)

カサつく前にお手入れのコツを知りましょう

手肌のカサつきは、肌表面の皮脂不足が原因となります。おすすめのハンドクリームは以下の3つのタイプです。

  • 高保湿ハンドクリーム
  • ビタミン配合ハンドクリーム
  • 尿素配合ハンドクリーム

手荒れの症状に合わせてハンドクリームを選び、コツコツと根気よくケアをして、健康で美しい手肌を手に入れてくださいね!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

71



ページのトップへ