公開日:2017/06/15 

目指せ、黒髪美人!漆黒ヘアを艶やかに魅せるポイントとは

日本人女性の誇りである、美しい黒髪。黒髪の美しさは髪の状態はもちろん、メイクやファッションなどにも左右されます。憧れの黒髪美人になるには、どうすればいいのでしょうか。今回は黒髪をより艶やかに魅せるためのポイントをご紹介します。

毎日のヘアケアで美しい黒髪を手に入れる

美しい黒髪の秘訣は毎日のシャンプーにあり

数年前から人気が高まっている「黒髪」。美しく艶やかに輝く黒髪は全ての女性の憧れですが、美しい黒髪を維持するには日々のヘアケアが欠かせません。そこでまず注目したいのが、毎日のシャンプーです。というのも健康で美しい髪を育てるには、その土台である頭皮の健康を維持する必要があります。そして頭皮の健康を維持するためには、毎日のシャンプーをきちんと行い、頭皮を清潔に保つことが大切なのです。

シャンプーは、以下の手順を参考にしておこなってみましょう。

  1. ブラッシングをして髪のもつれをとかす。
  2. 頭皮と髪を濡らし、「予洗い」をして汚れを浮かせる。
  3. シャンプーを適量とり、よく泡立てる。
  4. 頭皮をマッサージするイメージで、指の腹を使いしっかり洗っていく。
  5. すすぎ残しがないよう、丁寧にすすぐ。

頭皮のケアをして健康な髪を育てよう

私たちの髪の毛は、頭皮下に張りめぐらされている毛細血管の中を流れる栄養分を元にして、成長しています。そのため綺麗な黒髪を育てるには、頭皮下の血行を促進することが大切です。そこでおすすめしたいのが、頭皮マッサージです。マッサージといっても美容室で行うヘッドスパのように本格的なことをする必要はなく、指の腹で頭皮を軽く揉む程度でOKです。

またマッサージをする際は、保湿作用のある頭皮用ローションを使用するといいでしょう。ローションを使うことで指との摩擦による頭皮へのダメージを軽減することができますし、保湿をすることで頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮を柔らかくすることも期待できます。例えるならば頭皮は、植物が育つ大地のようなものですので、水分量と栄養分を維持しつつ、柔らかい状態を保つことが大切なのです。

トリートメントによるお手入れも忘れずに

ここまで頭皮のケアについて紹介してきましたが、黒髪を美しく輝かせるには、トリートメントによるケアも欠かせません。

トリートメントをつけるときですが、タオルドライをして髪の水分をできるだけ取り除いておきましょう。そして毛先を中心にトリートメントを揉みこんだ後、目の粗いくしで優しくブラッシングして10分程度放置します。こうすることで、トリートメントに配合されている有効成分をまんべんなく行き渡らせることができるのです。また、トリートメントには髪をコーティングする役割もありますので、すすぎ過ぎないことも大切です。

美しい黒髪には「みずみずしさ」と「艶感」が欠かせませんので、トリートメントはパサつきを改善するタイプのものや、髪に艶を与えてくれるタイプのものをおすすめします。

黒髪をより艶やかに魅せるヘアスタイル

ミディアム~ロングの方は「ゆるふわ」

「漆黒ヘア」なんて呼び方をすることもある、美しい黒髪。ただ、艶のある黒髪ならばどんなヘアスタイルでもいいのかというと、そんなことはありません。特に、ミディアム~ロングの方が黒髪ストレートにすると、よほど小顔で全身のバランスが取れている方でない限り重く見えてしまいます。

ミディアムからロングの方におすすめしたいのが、「ゆるふわ」スタイルです。髪を軽く巻いて全体的に動きをつけることで、重くなりがちな長い黒髪を軽い感じに仕上げることができるのです。またゆるふわスタイルは毛先の動きをだしやすいため、ハーフアップスタイル、アップスタイルにも短時間でセットすることができます。毎日アイロンで髪を巻くのが億劫だという方は、デジタルパーマを検討してみてはいかがでしょうか。

ボブの方はブランドカットがおすすめ

ボブスタイルの方が黒髪にする場合、ヘアスタイルによっては子供っぽくなったり、昔のアニメの主人公のようになったりすることがあります。いくら髪が綺麗でも、全体として与える印象がダサくなってしまっては意味がありませんよね。

ボブスタイルにおすすめなのが、「ブランドカット」です。ブランドカットとは、切りっぱなしにしたようにぱつんとしていて無造作なスタイルのことで、海外セレブや有名女優の中にも、このヘアスタイルを取り入れている方が数多く存在します。そのままでもお洒落度高めなブランドカットスタイルですが、アイロンで巻いて毛先に動きをつけたり、バランスを見ながら部分的に外ハネになるように巻いてみたりするのもおすすめです。

黒髪には前髪をあげたスタイルが似合う

黒髪をより美しく魅せるには、ヘアスタイル全体だけでなく「前髪」にも着目してみましょう。

黒髪スタイルには、「かきあげ前髪」をおすすめします。というのも黒髪には肌の白さを強調する効果が期待できます。そのため前髪を上げて額を出せば、髪の色との対比で肌の色をワントーン明るくみせることができるのです。ただ前髪をかきあげるだけではつまらない…という方は、ピンを使ってポンパドールスタイルにしたり、後ろの髪と一緒にまとめてすっきりハーフアップスタイルにしたりと、アレンジしてみてはいかがでしょうか。ミディアム~ロングヘアの方の場合、センター分けにしてエキゾチックな雰囲気に仕上げてみるのもいいですね。

黒髪を艶やかに魅せるメイク&コーデ

童顔を卒業して艶やかな黒髪美人に

いわゆる「黒髪美人」と呼ばれる人は皆、上品で色っぽい雰囲気を醸し出しています。日本人が黒髪にすると幼い印象を与えてしまうことがありますので、ヘアスタイルだけでなく、メイクにも気を遣ってみましょう。

まずチークについてですが、いわゆる「イガリメイク」に使うような強めのピンクではなく、コーラルピンクや青みがかったピンクがいいでしょう。黒髪にはマットでナチュラルなスキンカラーが似合いますので、「顔色を良くみせる」程度にとどめ、あまり色をつけすぎないようにすることをおすすめします。

また口元ですが、赤みが強めのリップを使うと大人っぽい雰囲気になります。また、輝きを少し抑えたグロスを仕上げに塗ると、上品で色っぽい口元に仕上げることができます。

強めのアイライナーでセクシーな目元に

黒髪が似合う大人っぽい雰囲気に仕上げるには、アイメイクも工夫する必要があります。眉の色は髪の色に合わせるのが一般的ですが、黒髪の場合、眉まで黒くするとやぼったくなってしまいます。黒髪にはナチュラルブラウンの眉がよく似合いますので、黒いアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使っている方は、やや明るめの色に変えてみましょう。

次に目元のメイクについてですが、丸くすると幼い印象を与えてしまいますので、横幅を長くして「アーモンド型」なるよう意識してみましょう。リキッドタイプのアイライナーを使い、目尻にいくほど幅が太くなるようにアイラインを引いてみてください。そうすることで、目の横幅を長くみせることができます。

漆黒ヘアにはブラックコーデがおすすめ

黒髪特有の艶やかさや上品さを醸し出すには、ヘアスタイルやメイクだけでなく、コーディネートにも気を遣う必要があります。黒髪にすると、「髪が黒いんだから洋服くらいは…」と明るい色の服を選びがちですが、黒髪には黒い服がとてもよく似合います。黒髪に明るい色の服を合わせると、髪の黒さが悪目立ちしてしまうことがあるのです。

とはいえ全身を黒でコーディネートすると、重たい印象を与える可能性もあります。そこで黒い服をセレクトする場合は、ノースリーブやスリット入りの服を選んだり、アップスタイルにして首をみせたりというように、程よく肌を露出させることをおすすめします。

これであなたも艶やか黒髪美人!

  • 毎日のヘアケアで髪に艶を与える
  • 毛先に動きをつけるなど、ヘアスタイルを工夫してみる
  • コーディネートも黒髪に似合うスタイルを選んでみる

重く見えがちな黒髪ですが、工夫をすることで上品で艶やかな黒髪美人になることができます。カラーリングした明るい髪も素敵ですが、この機会にぜひ漆黒ヘアにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

454



ページのトップへ