公開日:2017/06/26 

肌トラブルをなおすにはクレンジングを見つめ直す

メイクを落とした素肌は綺麗と言えますか?素肌が綺麗だと自信がつきますよね。美肌になるためにスキンケアで保湿を重要視する方が多いようですが、肌トラブルをなおすためにはクレンジングから見つめ直すことが大切です。あなたの使っているクレンジングは肌に優しい?それとも・・・

クレンジングは肌へ負担がかかっている

その日のメイクはその日の内に落としたいですよね。メイクがきちんと落とせていないと肌荒れなどの原因になるので、メイクをする女性にとってクレンジングは欠かせません。

しかし、クレンジングをすることによって、必要な皮脂などもメイクと一緒に落としてしまいます。すると肌は水分を失い乾燥してしまい、それが原因で様々な肌トラブルを起こしてしまうのです。

また、メイクを落とす際に生じる摩擦も肌への負担なるので、クレンジングは慎重に行うことが美肌への近道とも言えるでしょう。

乾燥肌がもたらす肌トラブル

「自分は乾燥肌だ」と感じている人で原因を知っている人はほとんどいません。実は間違ったクレンジングが原因なことが多いのです。原因が分からないと対処法も分からないですよね。

だからといってほったらかしにしておくと、様々な肌トラブルをもたらすことになります。肌が水分を失うと、皮膚の表面のバリア機能が低下します。すると紫外線・細菌などの刺激物がバリアをすり抜けて肌に入ってきてしまいます。

肌の中に細菌などが入ると、かゆみが起こるなどニキビとして肌の表面に現れてきます。そして、乾燥によってバリア機能が低下した肌は、少しの刺激にも敏感になってしまい敏感肌になることもあります。

クレンジングと洗顔の違い

意外と知らない人が多いこの問題。クレンジングと洗顔の違いって何でしょうか?クレンジングは『メイクを落とすため』洗顔は『不必要な皮脂やホコリなどを落とすため』です。

一見どちらも汚れを落としている、ということで同じ役割のように見えますよね。ですが、メイクは油性の汚れ、皮脂やホコリは水性の汚れとなり、全く別ものなのです。

「薄いメイクだから大丈夫」と洗顔だけで済ませても、メイク汚れはクレンジングでしか落ちません。なのでメイクをした日にはクレンジングと洗顔のどちらも必要になります。

いろいろなクレンジング

クレンジングの種類

世の中には様々なタイプのクレンジングがありますよね。特徴とともに挙げていきます。

  • オイル…オイル状。ウォータープルーフや落ちにくいメイクもしっかり落ちる。
  • リキッド…液体状。オイルフリーのものが多い。さらりとしていて肌なじみがいい。
  • ジェル…ジェル状。水性と油性の2種類がある。吸着性がいいのでしっかり密着する。
  • クリーム…クリーム状。保湿成分が入っているので洗い上がりがしっとりしている。
  • ミルク…ミルク状。滑らかなテクスチャで肌に優しい。肌なじみがいい。
  • シート…シートタイプ。拭き取ることでメイクを落とす。肌を擦るので負担になる。

それぞれのメリット・デメリットは?

クレンジングには様々な種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

オイルクレンジングやリキッドクレンジングは洗浄力が強く、濃いメイクやウォータープルーフも綺麗に落としてくれます。しかし、「しっかりメイクが落ちる」ということは「必要な皮脂なども落ちる」ということになり、肌へのダメージが大きくなってしまいます。

それに対してクリームクレンジング、ミルククレンジングのように滑らかなテクスチャのものは洗浄力はそんなに強くありません。ですが、保湿力も備わっているので肌へのダメージは抑えられます。

ジェルクレンジングは水性タイプと油性タイプに分かれます。水性タイプは油分が少ないため肌へのダメージは抑えられますが、洗浄力はあまりありません。油性タイプは油分が主なため洗浄力が強く、肌へのダメージは大きくなります。

シートクレンジングは「どこでもメイクが落とせる」という便利さがあります。しかし、メイクを落とす際、肌を擦ってしまうので摩擦力により、肌へはかなりのダメージになります。また、ふき取った後洗顔をしなかった場合、クレンジング成分が肌に残りやすいので肌荒れの原因にもなります。

肌へのダメージが強い順番

それではダメージの大きさだけで並べてみましょう。

  • シートクレンジング
  • オイルクレンジング
  • リキッドクレンジング
  • ジェルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • ミルククレンジング
 

メーカーや入っている成分などで多少は変動しますが、基本的にはこのような順番になります。こうして見ると、オイルやリキッドなど洗浄力が強いものはそれだけ肌へのダメージが大きいということが分かります。

正しいクレンジング方法

用途によって使い分ける

いろいろなクレンジングがありますが、メリット・デメリットがあるので一概にこれがいい、とは言い切れません。そこでオススメしたいのが、用途によって使い分けることです。強い日焼け止めを使用したり、濃いメイクをしたりした日は、オイルやリキッドなどの洗浄力が強いものを使います。

一方、ナチュラルメイクや簡単に落とせるメイクをした日はミルクやクリームなどの肌に優しく保湿力のあるものを使といいでしょう。「アイメイクやリップだけが濃い」という方は、落ちにくい部分だけ洗浄力の強いクレンジングを使い、他の肌全体はダメージが少ないものを使いましょう。

クレンジングはスピードが大事

しっかりメイクを落とすことに集中してしまうあまり、クレンジングに時間をかけていませんか?クレンジング剤には界面活性剤が入っている場合がほとんどです。界面活性剤は強い洗浄力を持っているので、肌に触れている時間が長いほど肌にダメージとなってしまいます。

では1回に使う量を減らせば肌への負担は減るのか?と思いますよね。しかし、少ない量で顔に広げようとすると、擦る回数が増えたり、指と肌の摩擦をやわらげる役割が果たせなくなったりしてしまいます。メイクを丁寧に落とすことはもちろん大事ですが、適度な量でスピーディーに済ませることで肌への負担を減らすことができます。

クレンジングはメイクをした日だけ?

「クレンジングをすることによって顔の汚れが落ちている」と思い、メイクをしていない日にもクレンジングを使用する人がいます。私たちは普通に生活しているだけでも、たくさんのホコリや汚れが身体に付着しています。ではそれらを落とすためにはクレンジングが必要でしょうか?

クレンジングは『メイクを落とすため』のものなので洗顔料などに比べて刺激が強い成分が入っています。肌の状態にもよりますが、ノーメイクで日常の汚れを落とすためには洗顔だけで十分でしょう。極力肌への負担は減らしたいですよね。

美肌への近道はクレンジングを見つめなおすこと

今まで何気なくしていたクレンジングが、いつの間にか肌を傷つけていたと思うと恐ろしいですよね。いつまでも綺麗な自分でいるためにメイクは欠かせませんが、土台となる素肌作りはもっと慎重にならなければなりません。

  • 洗浄力が強いもの、肌にダメージが少ないものをうまく使い分ける
  • 正しいクレンジング方法で肌への刺激を必要最低限に抑える
  • それぞれのクレンジングの特徴やメリット・デメリットを頭に入れておく

まさに、クレンジングを制する者は美肌を制す!肌トラブルで悩んでいる方は自分に合ったクレンジングを試してみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

19

Editor's Information

肌トラブルをなおすにはクレンジングを見つめ直す
荒川 知美(あらかわ ともみ)
フリーランスのモデルとして動画掲載、雑誌掲載など幅広く活躍中。
モデルの視点から皆さんのお役に立つ情報を発信していきます。


ページのトップへ