公開日:2017/05/26 

ミシャのマジカルティントが進化!人気のブルーグロスについて

くちびるに塗るだけで透明感あふれる仕上がりになるトレンドのブルーグロス。韓国コスメブランド「ミシャ」のブルーグロスからティントに進化したマジカルティントが、発色良し、色持ち良し、コスパ良し、と美容意識の高い女子の間で話題を集めています。

まずはティントとグロス、口紅の違いを理解しよう

リップグロスは塗り過ぎ注意

リップグロスは英語でLip Glossと書きます。意味はそのまま、Lip(くちびる)に Gloss (ツヤ、光沢)を与えてパッと輝かせるためのリップメイク用アイテムです。リップグロスは通常透明や半透明のものがほとんどで、口紅を塗ったあとにリップグロスを重ねることにより、くちびるにプルっとした質感やツヤ、輝きを与え、口元を華やかに彩ります。

現在、人気が続いているのは、青みがかった仕上がりになるブルーグロスです。ただ、リップグロスは落ちやすく持ちが悪いのがウィークポイント。リップグロスはこまめに塗り直しが必要になったり、塗り過ぎると嫌味に光って、場面によっては周囲の人に良くない印象を与えてしまう恐れもあります。TPOにあわせて、リップグロスの量を調整するほうがベターです。

リップグロスは塗り過ぎ注意

リップグロスは英語でLip Glossと書きます。意味はそのまま、Lip(くちびる)に Gloss (ツヤ、光沢)を与えてパッと輝かせるためのリップメイク用アイテムです。リップグロスは通常透明や半透明のものがほとんどで、口紅を塗ったあとにリップグロスを重ねることにより、くちびるにプルっとした質感やツヤ、輝きを与え、口元を華やかに彩ります。

現在、人気が続いているのは、青みがかった仕上がりになるブルーグロスです。ただ、リップグロスは落ちやすく持ちが悪いのがウィークポイント。リップグロスはこまめに塗り直しが必要になったり、塗り過ぎると嫌味に光って、場面によっては周囲の人に良くない印象を与えてしまう恐れもあります。TPOにあわせて、リップグロスの量を調整するほうがベターです。

韓国発人気のリップティント

元々はアメリカで生まれたリップティント。ティント(Thint)とは英語で、色づける、染めるという意味を持っています。もともとアメリカ生まれのリップティントですが、日本で人気のリップティントは美容大国、韓国で発展したものになります。リップティントは着色した部分を色づける、染めるために使用されるメイクアイテムなので、口紅のようにくちびるの表面でなく、角質にまで成分が浸透し、くちびる全体を着色して色持ちがよいのが最大の特徴です。

くちびるのpH量(酸性、アルカリ性、中性など水溶性の性質を表す単位)によって発色が異なるため、例えば同じブルーのリップティントをつけた場合でも、つける人の体温やくちびるの水分量によって発色のしかたが変わってきます。自分だけのオリジナルカラーを楽しめるのもティントの大きな魅力です。

使い方によって印象が変わるティント

直接ティントをくちびるに塗って

ブルーラメ入りのミシャのマジカルティント・スカイブルーを直接くちびるに塗るだけで、プルッとしたジューシーな質感が生まれます。ブルーグロスなのにティントという最強のリップメイクアイテムは、塗った人のくちびるのpH量によって発色が変化しますので、塗る回数などは調整しましょう。一度塗りだとカジュアルな印象に、重ね塗りをするとよりしっかりと色づき、さまざまなシーンに対応可能です。人によっては濃い青みが出たりとオリジナルの発色が楽しめます。

ティントは発色がよいので一度塗りでもしっかりとくちびるを染めてくれ、長持ちするのがメリット。長時間つけているとラメやツヤツヤ感は落ちてしまいますが、色味はしっかりと残っていますので、長時間メイク直しができないときでもひと塗りしておけば心強い見方になってくれます。

ブルーグロスとして普段の口紅の上に塗って

ミシャのマジカルティントは、ブルーグロスとして口紅を塗った後に重ね、プルッとした血色のよいくちびるを演出することが可能です。買ってはみたものの、実際塗ってみるとイメージが違ってあまり使わなかったということもあるかもしれませんが、口紅の上にグロスとして塗ってみると、青みがかったピンク色の発色がプラスされまた違う色味となり、新しい色に生まれ変わりますよ。

また、普段愛用している色の口紅にブルーグロスとして塗ってみると、透明感がプラスされて、いつもとは違った印象の口元が演出できます。ラメもほどよくスペシャルな雰囲気を出してくれるので、いつものメイクをミシャのマジカルティントでアップグレードしてみてはいかがでしょうか。もちろん、ティントなので口紅を保護して色も長時間キープしてくれます。

口紅の下地としても

実際愛用している人の使い方は本当にさまざま。ミシャのマジカルティントを口紅のベースとして使っている人も多いようです。ミシャのマジカルティントのブルーをくちびるに塗ったあとに口紅を重ねると、主張しすぎないラメ効果もプラスされて、普段の口紅もいつもと違ったニュアンスの色合いが楽しめそうです。

また、口紅の下地として塗るとくちびるの保護となって保湿力もアップし、するようです。

ミシャのマジカルティントは最強?

自分だけのオリジナルな発色を楽しめる

売り切れになるほど人気が高まっているブルーグロス。ミシャのマジカルティントはブルーグロスがさらに進化して発色が長持ちするティントになっています。プチプラ最強コスメのひとつとして、女子ならコスメポーチに入れておきたいマストアイテムでしょう。透明ブルーにラメがキラキラと輝く可愛い外観は、ポーチに入っているだけでハッピーな気分になると大好評。ほどよいブルーのラメ入りなので、ラメ好きメイクが好きな人はもちろん、普段メイクにラメを取り入れない人に、ハレの日のメイクアイテムとして役立ちそうです。

ブルーベースのスキンでブルー系ピンク色がお好みの方には、かなり使えるコスメグッズがミシャのマジカルティント・スカイブルー。くちびるの中央に乗せて、グラデーションを楽しむのも素敵です。

紫外線対策効果や保湿機能もあり

お肌の紫外線対策をしっかりしていても、くちびるの日焼け防止は忘れがちな方は多いのではないでしょうか? これからの紫外線の気になる季節も、ミシャのマジカルティントを塗っていれば安心。SPF15ですので、約5時間の間、くちびるを日焼けから守ってくれる効果があります。

また、保湿効果や抗酸化作用にも優れている成分、オレイン酸を豊富に含むシア油、抗酸化作用の高いサンフラワーシードオイル、抗炎症効果を持つホホバ種子油、保湿、潤湿感をアップするハチミツエキスが配合されています。数多くのリップティントの中でも、その保湿性は高いと評判です。ティントで色の変化を楽しみつつ、くちびるを日焼けから守ってくれる効果もあります。

塗り方のヒント

ミシャのマジカルティントは、筆タイプのアプリケーター式なので、リップティントに多いチップタイプとは異なり、筆タイプなのでくちびるのラインに合わせてカーブをきれいに描くことが可能です。

使用前は筆の部分が硬いので、ティッシュやぬるま湯などでほぐしてから使いましょう。チップタイプのグロスだと塗り過ぎたりぼってりしたりしますが、ミシャのマジカルティントは細部も丁寧に描け、重ね塗りをすると色味が変化しいろんなシーンに対応が可能です。

とにかく使えるミシャのマジカルティント

トレンドメイクには欠かせないブルーグロス。ポーチに1本忍ばせておきたいメイクアイテムです。

  • これ1本でベース、グロス、ティントとして使えます
  • 発色、色持ち、保湿力もプチプラながらオシャレ女子の間ではかなりの高評価
  • ツヤは消えても色味はしっかり着色
  • 化粧直しが出来ないときやマスクを使用するときなどにも安心
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

63



ページのトップへ