公開日:2017/06/26 

ダイエットに失敗する人、成功する人の違いって?

健康的なスリムボディを手に入れるには、大きな努力が必要と思っていませんか? 実は失敗する人と成功する人の差は、少しのコツだけ。女優やモデル、医師、カリスマトレーナーなどのプロに取材した経験を持つ筆者が、失敗する人がやりがちなダイエットの落とし穴と、成功する人が取り入れているコツをご紹介します。

ダイエットをする前にふまえておきたい基本

「●●ダイエットで●kg減」「モデルの●●さんもやっているダイエット」など、ダイエットに成功した人の話では、どんな方法を試したかということに注目しがち。でも、ダイエットの方法以外にも、重要なことがたくさんがあるんです。これをふまえれば、あなたも万年ダイエッターから卒業できるはず。

失敗する人が陥りがちな落とし穴

体重を減らすことにこだわりすぎている

「●kgやせた!」という言葉はとても魅力的。でも、「体型チェック=体重チェック」ではありません。目に見えて体重の変化が起こるには、最低でも数週間は必要です。体重を減らすことだけに固執していると、せっかくの成果を見落とす事に。

ダイエットの成果は、ウエストが少しくびれてきた、足がむくまなくなってきたなど、微量な変化から。また、正しいダイエットとは、体脂肪を減らし、筋肉を増やす(維持する)ことです。脂肪は軽く、筋肉は重いという性質があるため、脂肪が減ってもなかなか数値には現れません。しばらくすると必ずストンと落ちる時期があるので、焦らず続けて。

全身が写る鏡を持っていない

あるタレントさんは、スタイル維持のためリビングの壁一面を鏡に改装していました。スリムな人は、自分の長所と短所を常に観察しています。

漠然と「スタイルがよくなりたい」と思っているより、具体的に「下腹を凹ませたい」と思い、ダイエット法を探す方が目標を実現しやすくなります。むやみやたらにダイエット法を試す前に、自分の体をよく観察しましょう。実は、全身痩せの必要はなく、少しウエストをくびれさせる方がスタイルアップの近道かもしれません。

また、ときには「あたし意外といいお尻してる!」とポジティブな発見も!それをきっかけに「キレイになりたい欲」が増幅し、モチベーション維持に役立ちます。

複数の方法を混ぜて自己流にアレンジしている

万年ダイエッターに多いのがこのタイプ。巷に氾濫しているダイエット情報に詳しく、いろいろ試した経験もあるため、本来のルールを守らず自己流にアレンジしてしまいます。

例えば、体にいいからと、あれもこれも食生活に取り入れたりしている人いませんか?当然ですが、体にいいものでも取りすぎはカロリーオーバーになり痩せられません。監修者がついているダイエット法は、その人が研究して編み出した方法。

どうしても守れないルールが半分くらいあるなら、似たようなダイエット法を探す法が効果的です。また、ダイエット法を試すなら同時に2種類まで。食事系と運動系をから1つずつ選ぶと相乗効果が。

誰にも言わず1人でダイエットしている

芸能人が役柄のために体重を減らしたりするのは、職業のためという強い意思があるから。一般の人が、自分の意思だけでダイエットを達成するのは至難のワザです。

「こんどこそダイエットを成功させる!」と意気込んでも、隣の同僚から「この新作チョコおいしいよ」と差し出されたら、食べたくなりますよね。ダイエットをはじめるなら家族や友達に公表するのがおすすめです。

よけいな誘惑に惑わされることもなくなりますし、意思表明になるので目標意識が高まります。一緒に頑張れる友達がいるとモチベーションを保ててなおよし!ダイエットサポートアプリで仲間を探したり、匿名でもよいのでブログなどSNSも活用したりしましょう。

昔、ダイエットに成功したことがある

体重10kg減など、以前ダイエットに成功したことがある人は自分なりの成功メソッドがあります。そのため「本気を出せばヤセられる」とたかをくくって、痩せられません。でも、実際はその当時よりも年齢を重ねて、代謝が落ち、生活習慣も変わっているはずです。

いざ、本気を出したところで、そのメソッドは今の自分に効かないこともしばしば。オリジナルのダイエットに失敗し続けると、脂肪は減らず、筋肉が落ちるばかりで、より痩せにくくなります。昔のダイエット情報に固執せず、新たな方法を取り入れましょう。

成功する人が取り入れているコツ

小さな体の変化も見逃さないで

どんなダイエット法も1週間続ければ、必ず体に変化が現れます。ただ、その変化は小さいので、せっかく成果が出ているのに見逃している人が多数います。ダイエット中は、体重、体脂肪、スリーサイズなど、計測をしっかりしましょう。めんどうなら、キツめのデニムなどを用意しておくと、体のチェックが簡単です。

また、よく眠れるようになった、お菓子の無駄食いが減ったなども成果の1つです。反対に、なんとなく体調が優れない場合は、そのダイエットが自分に合っていない可能性も。しばらく様子をみて、改善しないようならその方法を中断しましょう。別の方法で体に合うものがあるはずです。

憧れのモデルの写真や痩せたら着たい服を飾って

ダイエット成功のために欠かせないのがモチベーションの維持。痩せたら着たい憧れの服、理想のモデルの写真などを、目立つところに飾り、毎日自分の「やる気スイッチ」を押せるようにしましょう。

具体的なものを毎日見ることで、脳に情報が刷り込まれ、ダイエットを継続しやすくなります。憧れの服を着てキラキラした自分をイメージするのも有効。ダイエットは辛いなどの暗いイメージを払拭することにも役立ちます。モチベーションの上がる画像をスマホやパソコンのデスクトップに設定しておくのも◯。

生活スタイルに合ったダイエット法を試す

ダイエット法には、朝ごはんを摂る方法と、摂らない方法、両方があります。どちらが正しいというわけではなく、どちらが自分の生活に合っているかが重要です。

朝からフル回転で働く人にとって朝食は、1日のスタートを切る大切なエネルギー源。こういった生活スタイルの人が朝食をぬく方法を選ぶと「午前中、頭が働かない」など生活に支障がでて、ダイエットは成功しにくくなります。

多忙なのに「毎日、1時間歩く」といった無茶な目標を立てるのも失敗の元。生活に支障がでない、体が心地よいといった項目もふまえてダイエット法を選びましょう。

自分へのご褒美はヘッドスパやネイルサロンへ

ダイエットをしている自分に、ときにはご褒美をあげて気持ちを上げるのもOK。スイーツなどを買いがちですが、できればエステ、ヘッドスパ、新しいコスメを買うなど外見を磨くものにすると、その後のダイエットも新たな気持ちで取り組むことができます。

どうしても食べ物がいいなら、ショコラティエのチョコレートをじっくり味わう、ホテルのティーラウンジで紅茶とケーキをいただくなど、質が高いものを選んで。丁寧に作られたクオリティの高いものは、少量でも心が十分満たされます。「ながら食べ」ではなく、じっくりそのスイーツを味わうのもポイントです。

自分で自分を盛り上げる工夫がダイエット成功のカギ

ダイエット成功者は、自分の気持ちの盛り上げ方、自分の得手不得手をよく知っています。ダイエットは、最適でも数ヶ月の時間が必要。重要なのはその間、モチベーションをキープできるかどうかです。気持ちが落ち込む日も必ずでてきます。それを引きずらないように、早く気持ちを切り替えることが重要です。

また、無理なプランを立てずに自分が続けられそうなものを選ぶこと。ダイエット情報は常に更新されています。昔の定説が、今では覆っていることも。新しいことをどんどん試して、自分に合った方法を見つけましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

34

Editor's Information

ダイエットに失敗する人、成功する人の違いって?
小山陽子(こやまようこ)
ダイエット系編集ライター。健康美容雑誌の編集部に7年在籍。女優やモデル、医師、カリスマ整体師など、第一線で活躍する美容と健康のプロフェッショナルを多数取材する。
2015年に最新のヘルシー情報を求めてロサンゼルスへ。新聞、雑誌、webでLAの情報コラムやダイエット記事を編集・執筆している。http://yoko-la.com/


ページのトップへ