公開日:2017/06/15 

下半身太りを解決!女性は骨盤のゆがみをチェックしよう!

ダイエットやマッサージをしてもなかなか細くならない下半身。下半身太りに悩みをもつ女性は多くいらっしゃいますが、原因は骨盤のゆがみかもしれません。今回は下半身太りになってしまう原因と解決法を詳しくご紹介します。

下半身太りしてしまう原因はさまざま

下半身太りの原因は骨盤にあった!?

下半身太りの原因の1つとして骨盤のゆがみがあげられます。体の重心である骨盤がゆがんでしまうと、どのような影響があるのでしょうか。骨盤は柔軟な開閉運動を繰り返すことで正常に機能しています。上体を支えたり、歩行の基盤となったり、臓器を保護するなどといった大切な役割を持っているのです。

女性の場合、妊娠の際に胎児を包み込む子宮のベッドにもなります。その骨盤にずれが生じてしまうと、姿勢が悪くなったり、老廃物の排出が滞ったり、血行不良になったりします。これが下半身太りの原因です。さらに、女性の場合は子宮と骨盤がじん帯でつながっているため、女性ホルモンが骨盤に影響を与えてゆがみを招くことがあります。

下半身太りにはセルライトも関係している?

骨盤のみならず、セルライトも下半身太りと関係しています。セルライトとは、皮下脂肪の一種で体の老廃物や余分な水分を含んだ脂肪細胞です。実はセルライトがある女性は8割もいるといわれています。しかも、一度できてしまうとなかなか取れずやっかいです。

皮膚をつかんだときにボコボコとした凹凸が見えたら、セルライトができている可能性があります。セルライトは血行不良やホルモンバランスの乱れから蓄積していくだけではなく、たまったセルライトが肥大化して血管を圧迫します。これが血流を悪化させ、老廃物の排出を妨げるなどさらなる悪循環をもたらすのです。

冷え性も下半身太りの原因になる?

下半身太りの原因として冷え性もあげられます。体が冷えている状態では、老廃物や脂肪が固まってしまう性質があります。冷えによって代謝が悪くなってしまうので、老廃物や脂肪がたまり下半身太りの原因になってしまうのです。

女性は男性より冷え性になりやすい体質といわれています。女性ホルモンの1つエストロゲンは熱を作りだしにくく、多量に分泌される生理のときには特に体温が低くなりがちです。男性と比べて体の筋肉量が少ないのも、冷えの原因になっています。冷えを解消するためには、意識的に足を動かして血流を良くしたり、半身浴で下半身を温めたりするのが効果的です。

骨盤のゆがみをなおして下半身太りを解決!

まずは骨盤のゆがみをチェックしよう

普段の生活から骨盤のゆがみをチェックすることができます。チェックポイントは次の5つです。

  • 立っている状態で自然と片方の足に体重をかけている
  • 腰痛や腰に違和感を覚えることがある
  • お尻が突っ張ったような感じがする
  • 足を組んで座ることが多い
  • 片方の靴底だけ擦り減っていることがある

このいずれかに該当する場合、骨盤がゆがんでいる可能性があります。骨盤がゆがんでいる状態では、無意識に足を組んだり、自然と片方の足に体重をかけてしまうことが多いそうです。腰痛や筋肉の緊張など、体の不調を引き起こすことがあるため、普段からゆがみをチェックして改善策をとりましょう。

骨盤のゆがみはストレッチで解決できる?

下半身太りの原因のひとつである骨盤のゆがみ。下半身から老廃物を効率よくだすためには、股関節をストレッチすることが有効といわれています。簡単にできるストレッチの手順をご紹介します。

  1. 立っている状態から右ひざを立て、左ひざは地面につくようにゆっくりと伸ばします。両手も地面につくようにまっすぐ伸ばします。
  2. 上の状態のまま、右足のつま先を45度外側へ向けます。このときバランスを崩さないように注意してください。
  3. ゆっくりと息をはきつつ、体を前に倒します。股関節が伸びて気持ち良い角度まで倒したら、5秒間ほど姿勢を維持した状態でゆっくりと呼吸します。

この流れを毎日3~5分続けることで、血流の改善が期待できます。骨盤のゆがみをチェックして、該当していたら行ってみましょう。

股関節の痛みを感じる場合は病院へ

骨盤のゆがみをチェックしたり、股関節のストレッチをしていると、股関節になんらかの痛みを感じる場合があります。痛みによっては変形性股関節症や関節リウマチなどのおそれがあります。日常の中で対処することも必要ですが、まずは病院へ行き、医師の診断を受けましょう。適切な診断を受けることで無理のない範囲で治療を行うことができます。

股関節はとてもデリケートな場所です。症状が悪化してしまうと、歩行や階段の昇り降りをするだけでも痛みを感じることがあります。股関節を動かしていて、少しでも違和感を覚えたら早めに医師に相談しましょう。

下半身太りに向くダイエットやマッサージ

ダイエットで下半身太りを解決できる?

ダイエットをすれば下半身太りは解決できるのでしょうか?結論から申し上げますと、ダイエットだけで下半身太りを解決することは難しいです。しかし、下半身太りに効果的なダイエットやマッサージを意識的にとり入れることは大切です。下半身太りの原因は1つではないため、様々な方面からアプローチをしていきましょう。

まずは下半身太りの原因の1つである、からだの老廃物や血液の流れを正常にすることが必要です。骨盤のゆがみや血流の改善に加えて、正しいダイエットやマッサージを行うことで下半身太りの軽減ができる可能性があります。

下半身太りの解決に有効な運動があった!?

ダイエットにとり入れたいのが下半身太りに効果のある運動です。中でも即効性があると言われるスクワットをおすすめします。スクワットは直接的に太ももの筋肉を刺激することができます。太ももの筋肉を鍛えることは、見た目はもちろんのこと、血行促進による冷え症の改善にも効果があるといわれています。回数は1日10回程度、毎日継続して行うことが大切です。

特別な道具が不要で場所も選ばないため、お手軽に始めることができるのもポイントです。実は、スクワットは下半身だけではなく全身の筋肉をバランスよく鍛えることができるワークアウトなんです。正しいフォームを身につけてから行うと、より効果が期待できます。

下半身太りの解決に効果的なマッサージとは

下半身太りに効果的といわれているのがリンパマッサージです。リンパマッサージをすることで足のむくみの改善や代謝を高めることが期待できます。方法はとても簡単で、足首からふくらはぎ、ひざの裏を順番に後ろからつかんでさするようにマッサージしていきます。ポイントはリンパの流れにそって下から上へとゆっくりと行うことです。

次に、両手で挟むようにしてひざ裏から足の付け根まで、リンパを流すようにマッサージしていきます。体が温まっている入浴中や入浴後に行うことで、より効果が期待できるといわれています。翌朝の違いに驚くかも知れません。あなたも、リンパマッサージをとり入れて下半身太り解消を目指しましょう!

下半身太りの解決には毎日の積み重ねが大切

最後に、今回のポイントをまとめます。

  • 下半身太りの原因はさまざま
  • 骨盤のゆがみと下半身太りは関係している
  • ダイエットやマッサージを効果的にとり入れて下半身太りの解決を目指す

下半身太りを解決するためには、原因を知り、骨盤のゆがみや冷えの改善を行う必要があります。ダイエットやマッサージなど日々の積み重ねも大切です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

51



ページのトップへ