公開日:2018/04/23 

効果的なところてんダイエット方法とアレンジレシピをご紹介

ところてんといえば、あっさりしていて食欲がないときでも食べられるものです。特に暑さが厳しくなる夏場などに食べたくなる人も多いのではないでしょうか。

そんなところてんにダイエット効果があるのは知っていますか?今回はところてんダイエットの効果的なやり方と、アレンジレシピについて紹介します。

ところてんダイエットのアレンジレシピとダイエット方法

ところてんは海藻が原料のため、99%近くが水分です。しかし、水溶性食物繊維を含んでいるため腸内で膨らみ、満腹感を得やすいのでダイエットに適しています。

ところてんは摂取しても、腸内で消化されずに老廃物を身体の外に排出する働きもあり、便秘改善にも活躍してくれるのでおすすめです。

三杯酢をかけて食べる

ところてんの食べ方としては、三杯酢をかけて食べるのが一般的です。さっぱりとした味わいだけではなく、酢の効果で健康にも良いといわれています。

ところてんを食べる人のほとんどは、付属している三杯酢やたれで食べるのではないでしょうか。ごまを入れることで香ばしさも増すため、失敗しない食べ方のひとつです。

わざわざ三杯酢を用意しなくても、市販のところてんには三杯酢は付属されていることがほとんどなので、付属しているところてんを買うようにしましょう。

黒蜜をかけて食べる

ところてん自体には味がないため、たれを変えることでまったく違ったものになります。

この「黒蜜」もそのひとつです。ところてん=食事、というイメージが強いのですが、黒蜜をかけることでスイーツに大変身します。

ダイエット中はスイーツを我慢しなければいけない部分もありますが、ところてんに黒蜜をかけるとヘルシーなスイーツが出来あがるのでおすすめです。

ただ、黒蜜は大さじ1杯で24kcalといわれているのでかけすぎには気をつけましょう。

キムチとわかめと混ぜて食べる

ひと口大に切ったキムチとわかめをところてんに乗せて、醤油をかけるだけで完成します。キムチのピリッとした味がアクセントになり、ダイエット中の良い刺激になります。

発酵物は健康にも良いので健康的なダイエットとしても適しています。ただし、あまり多く食べるのはおすすめしません。キムチ自体は100gで45kcal程度といわれています。

しかし、低カロリーの割には糖質が多く含まれているので、食べすぎることによって太ってしまう可能性があります。他にも塩分も多く含まれているので食べすぎないように注意しましょう。

ところてんダイエットはよく噛んで食べると効果的!

つるりとしていて、食べやすいところてんですがよく噛んで食べることをおすすめします。

こちらでは、食べにくいわけでもないのに、なぜよく噛まないといけないのかということについて説明します。

よく噛むことで満腹中枢が刺激される

ところてんだけに限らず、食べ物は基本的によく噛むことを習慣づけましょう。その理由は、よく噛むことで満腹中枢が刺激されて、満腹感を得やすくなるからです。

満腹中枢の効果が現れるのは、大体食事を始めて20分後といわれています。そのため、早食いをしてしまうと満腹中枢への刺激が遅れて満腹感を得られず、食べすぎてしまう可能性もあります。

理想としては30回噛んで食べるのが良いでしょう。よく噛むことで、少量の食事でも満足できるようになるのでおすすめです。

しかし、最初から30回はハードルが高い人もいるでしょう。まずは10回、15回と自分なりによく噛んで食べることを意識して、徐々に回数をあげていくと慣れていくかもしれません。

ところてんダイエットのやり方とは

ところてんダイエットのやり方、それは食事の前にところてんを食べるだけです。

ほとんどカロリーのないところてんを食事の前に食べることで、その後の食事量を抑えることが出来ます。

例えば、食事前に150gのところてんを食べると、ところてんだけで半分以上の満腹感を得る人もいます。

そのため、ところてんを食べる前の食事量を100とするなら、食べた後は50で済むのです。

ただ、毎日同じ味付けで食べていると飽きてしまうので、味付けやトッピングを工夫して食べ続けるようにしましょう。

ところてんはかけるもので、大きく変わる食べ物なので、さまざまなトッピングなどを用意しておくことで飽きることを防げます。

ところてんダイエットの効果とは

ところてんには、ダイエット効果だけではなく「便秘解消」や「血糖値の上昇を抑える」働きがあります。このふたつは、ダイエットをしているときに欠かせないものといっても過言ではありません。

ところてんは水溶性食物繊維のため、腸内で水分を含んで膨らみます。その結果、腸の動きを活発化させて、老廃物を排出しやすくしてくれるのです。

そして、水溶性食物繊維は善玉菌のエサにもなるため、善玉菌が増えて、腸内環境が整いやすくなります。血糖値の上昇を抑える働きは、脂肪の蓄積を軽減してくれるため、ダイエット効果が高くなります。

食事の前にところてんを食べることで、糖の吸収速度を抑えられ、血糖値の上昇も軽減できるので、ダイエット中には常に意識しておきたいところです。

ところてんダイエットはコレステロールの排出効果も

ところてんは糖やコレステロールの吸収を阻害して、血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。しかも、コレステロールを吸収せずに排出する働きもあるのです。

そのため、ところてんはダイエット食品としても有名になっていますが、デトックス効果のある美容食品としても知名度をあげています。

デトックス効果があるということは、美肌効果も期待できるということです。肌の調子が悪いときは、ところてんを食べて腸を綺麗にしてみると効果が期待できるかもしれません。

ところてん自体、夏の季語として使われているだけあって夏の食べ物という認識が強いです。しかし、近年はスーパーなどで1年中見かけるのでダイエットをするにも影響はありません。

食前にところてんを食べるだけのダイエット方法なので、挑戦しやすく、他のダイエット方法が長続きしない人は一度ところてんダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

275



ページのトップへ