公開日:2018/02/23 

くびれを作るダイエット法3選!失敗する原因や注意点を紹介します

食事制限や激しい運動だけでは美しいくびれを作ることができません。腰まわりが太くなる原因を知り、自分に合った方法を継続することが大切です。普段の生活の中で簡単に実践できる『くびれを作るダイエット法』を3つ紹介します。

モデルのようなくびれ作りダイエット法3選

一般的に筋肉が多い部位は脂肪がつきにくいといわれますが、座りっぱなしで腰を動かす機会がない人は腰まわりの筋肉が少ないです。

また、内臓を支える筋肉が衰えることで腹がたるむ、便秘のせいでお腹がはるといったケースもあります。

ここではそれぞれのケースに特化した3つのダイエット法を紹介します。

8の字エクササイズ

腰まわりには、腹斜筋(外腹斜筋・内腹斜筋)、腹直筋、腹横筋などの筋肉があります。くびれを作るには、腹斜筋を集中的に鍛えることが重要です。

8の字エクササイズは、腰を8の字に動かすだけですが、腹斜筋にしっかりアプローチでき、道具なしでいつでもどこでも行えるのがメリットです。

  1. 足を肩幅ぐらいに開く
  2. へそとお尻に力を入れる
  3. 糸で頭を引っ張られるイメージで姿勢を整える
  4. 左腰骨を前方に突き出し、左後方に回す
  5. 右腰骨を前方に突き出し、右後方に回す

4と5を繰り返すと、へそを起点に腰が8の字を描くような形になります。ポイントは顔と上半身は正面に向けたまま、急がずにゆっくりと回すことです。

ドローイン

『ドローイン』とは呼吸法によりインナーマッスルを鍛えるエクササイズのことを指します。

深い呼吸でお腹をへこませたとき『腹横筋』という筋肉が動きます。

この腹横筋は内臓を正しい位置に収め、体幹を安定させる役割があるので、鍛えれば鍛えるほど、引き締まったボディラインと正しい姿勢が手に入るのです。

  1. 仰向けになり膝を立てる
  2. 鼻から息を吸い、お腹を膨らませる。
  3. 口からゆっくり息を吐きながらお腹をへこませる
  4. お腹の空気がなくなるまで息を吐き続け、最後に息をフッと強く吐く

ただ深呼吸するだけでなく、へその下にある丹田部分をへこませるのがポイントです。続けることで腹横筋が鍛えられ、垂れ下がった内臓が元の位置に戻っていくでしょう。

とはいっても、すぐにくびれができるわけではありませんので『継続』が大切です。

腸もみマッサージ

エクササイズをしてもなかなか痩せないという人は、便秘でお腹がはっていないかをチェックしてみましょう。大腸に老廃物やガスが溜まっていると下腹部やへそ周りがポッコリ出てきます。

腸内環境を整え、腸の動きを活発にする目的の『腸もみマッサージ』を行いましょう。

  1. 両手の人差し指・中指・薬指を、へそから3cm左横の部分にあてる。
  2. 『へその左→へそ下→へその右』とUの字を描くようにして小腸をマッサージをする(3周)
  3. 『へその右下→へそ上→へその左下』と時計回りに大腸を刺激する(3周)

腸もみマッサージで便秘が解消されると、ウエストがすっきりしてきます。肌荒れやむくみの改善にもつながるので、女性は積極的に取り入れましょう。

くびれ作りダイエットに失敗する原因

「体重は減ってもなかなかくびれができない」という人は少なくありません。なぜくびれ作りダイエットに失敗してしまうのかを3つの視点から考えてみましょう。

肋骨と骨盤間の距離が短いまま

一般的に『肋骨と骨盤の距離』が短い人に比べて、長い人の方がくびれができやすいといわれています。つまり、距離が短いままでは、いくら運動をしても効果が出にくいのです。

生まれつきの体型もありますが、普段の生活や姿勢がくびれにくい骨格を作ってしまいます。

肋骨と骨盤の間には、背骨以外支える骨がありません。猫背や姿勢が悪い人は、徐々にこの距離が狭まっていき、くびれができにくくなるのです。普段から姿勢をよくするように心がけましょう。

骨盤の歪みも関係している

『骨盤の歪み』は骨自体が曲がっているわけではありません。骨盤が正しいポジションに収まらない状態のことを指します。

良くない姿勢で生活を続けると骨盤周辺の筋肉に癖がつき、次第に歪んだ状態で固定されていきます。骨盤の歪みは、むくみや血行不良、腰痛、冷え性、生理痛などに繋がるので、女性にとっては一大事です。

まずは自分の骨盤の歪みの癖を知り、原因を排除することからはじめましょう。ストレッチなどで骨盤の歪みを矯正してから、くびれ対策をしていきます。

腸の働きが悪くお腹がはったまま

腸もみマッサージのところでもお話ししましたが、腸の働きが悪いと、老廃物やガスが溜まりお腹がはってきます。

腸の働きが低下する原因はストレスや食事、不規則な食生活、運動不足などさまざまです。

POINT

根本的な生活を改善すると同時に、先ほど紹介した『腸もみマッサージ』を適度に取り入れてみましょう。

くびれ作りダイエットを成功させるポイント

くびれたウエストを作るために、日々心がけたいポイントを2つ紹介します。

体を冷やさないように注意する

まず1つめは、体を冷やさないように注意することです。体が冷えると新陳代謝が低下し、いくらエクササイズをしても脂肪が燃焼されにくくなるのです。

また『お腹や腰に脂肪がついている=内臓が冷えている』という可能性も考えられます。女性の場合、皮下脂肪が厚くなるのは、冷えや衝撃から子宮を守るためといわれています。

腹巻やカイロを使って外側から温めるのはもちろんですが、体を冷やす食材を避ける、入浴時はしっかり湯船に浸かるということも大切です。

鏡や画像でボディチェック

ダイエットというと、体重の増減を気にしがちですが、大事なのは、バランスのとれたプロポーションです。全身が映る鏡を用意し、理想とする体型に近づいているかを日々チェックしましょう。

鏡に映った自分の姿を見て「なんとかしなければ」と思うことが大切です。モチベーションの維持になり、ダイエットが長続きする要因になります。写真を撮ってチェックするのも効果的です。

くびれ作りダイエットにおすすめのグッズ

くびれ作りダイエットを成功に導く、おすすめグッズを紹介します。

ブログで話題のフラフープで即効に期待

お腹まわり、腰まわりをぐるぐる回すフラフープは、くびれへの効果が期待できます。

これは8の字エクササイズを同じ原理で、腹斜筋を集中して鍛えられるほか、骨盤矯正、腰痛予防にも一役買ってくれるでしょう。

ブログで話題の『Shusoul ダイエット フラフープ 』は、フラフープに大きめの凹凸がついていて、お腹が適度に刺激される仕組みです。マッサージ効果も期待できて一石二鳥です。

表面はやわらかいスポンジでコーティングされていて、体にあたっても痛くありません。使わないときは短く分解してしまえるのもポイントです。

  • 商品名:Shusoul ダイエット フラフープ 大人用
  • 価格:1380円~1680円(税込)
  • Amazon:商品ページ

DVD付 たった5回! 「骨盤クランチ」で下半身からヤセる!

体の歪みを直し、骨盤を正しい位置に整える運動を『シンメトリーエクササイズ』といいます。その1つである『骨盤クランチ』は、腹斜筋や腹筋に集中的にアプローチするので、くびれダイエットには最適です。

骨盤が左右対称になることで、今まで使われていなかった筋肉がどんどん目覚め、体全体の筋肉がバランスよく動かせるようになるでしょう。

著者の永井正之氏は、接骨院を営むプロの柔道整復師(接骨師)です。本編は体の仕組みを知り尽くしたプロの視点で、しっかりとエクササイズができるように説明されています。

ポイントを分かりやすくまとめたDVD付きで、誰でも簡単に実践できるでしょう。

  • 商品名:DVD付 たった5回! 「骨盤クランチ」で下半身からヤセる!
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon:商品ページ

理想のくびれを作るダイエットにトライ

くびれがない体には、骨盤の歪み、腸内環境の悪化、生活習慣の乱れなど、さまざまな問題が潜んでいます。

美しいくびれは女性の象徴とも言われますが、くびれを作ることは見かけの良さだけでなく、健康にもつながることを忘れないようにしましょう。

鏡でプロポーションをチェックし、モチベーションを上げるのがくびれダイエットのポイントです。

POINT

鏡でプロポーションをチェックし、モチベーションを上げるのがくびれダイエットのポイントです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

77



ページのトップへ