公開日:2018/03/01 

健康的に痩せたいのなら和食ダイエットがおすすめ!口コミで成功率の高い和食ダイエットを徹底調査!

体重を減らすだけのダイエットは少し前の考え方です。健康的に体を整えるためのダイエットが、今は脚光を浴びています。特におすすめしたいのが健康的に痩せる和食ダイエットです。和食ダイエットの成功率が高い理由や和食ダイエットの方法をまとめました。

本も出ているほど口コミで人気の和食ダイエット

和食は世界的に高い人気を誇る健康食です。その効果を利用して行う和食ダイエットも口コミで広く支持を集めており、和食ダイエットの特集やレシピ本も多く出版されています。和食ダイエットとはどのようなダイエットなのかまずはご紹介します。

和食ダイエットとは

和食ダイエットとはその名の通り、和食を食べるダイエット方法です。実は、私たちが当たり前のように食べている和食は、ヘルシーで痩せやすい食事と海外の人々からも注目を集めています。

この注目の表れとして、和食はユネスコの無形文化遺産にも登録されたことが挙げられます。特に評価されたのが、新鮮な食品を多彩に使いこなして栄養バランスに優れているという点です。また、四季の移ろいを表現して素材の持ち味を殺さないことも評価された点でしょう。

和食と言っても、和食には懐石料理から家庭料理まで幅広く含まれています。旬や年中行事を意識した和食は、ダイエットだけでなく心を豊かにするためにも生活に取り入れるようおすすめします。

和食中心の日本人だからこそ和食ダイエットを始めよう

もともと和食を食べている日本人なら和食ダイエットは必要ないと考えるのは大間違いです。私たちの食事を思い浮かべてみましょう。時代とともに食の西洋化が進んでいます。昼食をラーメンやファーストフードで済ませるという人も多いはずです。

食が西洋化するということは米と野菜、魚中心の食事から肉と油脂が大幅に増えたということが言えます。その結果、生活習慣病や肥満になっているという人も珍しくはありません。

和食ダイエットは日本人の体にぴったりのダイエット方法

和食ダイエットの効果は体重を減らすだけでなく、さまざまな効果が期待できます。さらに、日本人にとっては最も健康的な食事ともいえるかもしれません。なぜ日本人の体に和食ダイエットがぴったりなのか説明します。

低カロリーでも満足感がある

ダイエットでまず注意したいのが摂取カロリーでしょう。ご飯を中心にした和食は、味噌汁やおひたし、納豆などヘルシーな副菜も豊富です。さらに、副菜が複数になることがほとんどなので、食事の満足感が増します。また和食は素材の持ち味を生かした副菜が多いため、高カロリーな加工品を避けることが可能です。

便秘解消に効果的

和食は、おからやゴボウ、切り干し大根などの食物繊維が豊富な食材をふんだんに使用するのも特徴です。野菜不足だとビタミンやミネラルも足りなくなってしまいます。特に食物繊維は、腸内環境を整えるためダイエット中には大切な栄養素です。意識せずともこれらの栄養が摂取できるため、和食はダイエットに向いている食事だといえます。

生活習慣病対策に

脂質の摂りすぎは肉類やバターなど飽和脂肪酸の摂りすぎに繋がります。この食習慣を続けると、コレステロール値や中性脂肪が上がってしまうかもしれません。コレステロールや中性脂肪は、スムーズな血流を妨げて血をどろどろにしてしまい、動脈硬化をはじめとしたさまざまな疾患の原因になることが明らかになっているため、早期の改善が求められます。

そこで、対策となるのが和食ではよく登場する青魚です。不飽和脂肪酸が多く血をサラサラにしてくれるうえに、DHAも多いため脳細胞を活性化させると言われている食材です。ただ脂肪の取り過ぎを防ぐだけでなく、たんぱく質を補給しながら、他の臓器にも働きかけてくれるため積極的に献立に採り入れましょう。

歯のトラブルにも和食がおすすめ

糖質が多い食品や加工品は虫歯の原因になることがあります。また、洋食はあまり噛まなくてもよい柔らかい食事が多めです。しかし、食べ物を噛むという行動は、唾液を分泌して消化を助けるとともに、歯や骨の発達を進める重要な行動のため、適度に歯ごたえがあるものを食べたほうが健康的と言えます。しっかり噛む和食は歯のトラブルを減らすためにもおすすめです。

また、噛む回数が増えることで満腹中枢が刺激されるため、満足感を得ることもできます。そのため、必要以上に食べすぎず、直接的にダイエットにも効果が期待できるでしょう。

栄養バランスに優れた食事で肌も美しく

和食は多くの品目を摂取できるため、食物繊維やミネラル、ビタミンを摂取しやすい食事です。特に野菜をふんだんに使った副菜を毎日の食事に添えることで、無理なく栄養バランスを取ることができます。肌の調子を整えて健康的な体を作るためにも栄養バランスに気を配りましょう。

和食ダイエットなら無理なくダイエットに成功する事ができる!

多くのメリットがある和食ダイエットは始めるために特別な準備も必要ありません。和食ダイエットのやり方を紹介します。

一汁三菜のバランス

和食ダイエットの食事の基本は一汁三菜のバランスです。主菜を1品に副菜を2品というと、おかずを作るのが大変そうに感じるかもしれません。しかし、副菜は納豆やもずくなどの市販品を上手に使えば手軽です。また、主菜も焼き魚などシンプルなものを選びましょう。揚げ物や炒め物よりも、刺身や煮魚などをメインにすることでカロリーカットになります。

副菜は作り置きで楽をしよう

副菜を毎日作るのが面倒という人はあらかじめ作り置きしておきましょう。きんぴらやひじきの煮物などをまとめて作っておけば、すぐに一汁三菜の食事を用意することができます。冷凍することもできるため、休日などにまとめて作り置きしておいてもいいでしょう。

和の食材を使ったかさ増し

和食ダイエットの強い味方が食事のボリュームを増やしてくれるかさ増し食材です。カロリーが低いおからやこんにゃく、キノコ類を積極的に食べるようにしましょう。キノコの汁物や豆腐のおかずなどを取り入れるほか、野菜をたっぷり入れた味噌汁もおすすめです。

夕食は低カロリーに

和食ダイエットでは基本的に1日3食の食事です。3食のバランスもしっかり考えて食べるようにしましょう。エネルギー源となる朝食は必ず摂取するようにしてください。朝は高カロリーのものを食べても、その後の活動時間が長いため脂肪になりにくいと言われています。逆に夕食は低カロリーで軽めの食事を心がけ、腹8分目を意識してご飯も軽めに盛りましょう。

昼食は外食が多いという人もいるでしょう。そのような場合でも和食ならすぐにお店が見つかります。焼き魚定食やそばなどが和食ダイエットにはおすすめです。特にきのこそばや山菜そばはボリュームもあって腹持ちも良いメニューのため、お昼にはもってこいのメニューでしょう。

キレイもダイエットも和食で手に入れよう!

和食は私たちにとって特別な食事ではなく、むしろ日常食です。決まった同じものを食べ続けるダイエットはあまりに極端なため続きにくいと考えられます。和食ダイエットはダイエット食と言っても、量が急に少なくなったり食品が偏ったりすることはありません。むしろ大きく生活を変化させることなく自然に取り入れられる食事と言えます。今までダイエットが続かなかったという人も和食ダイエットにチャレンジしてみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

7



ページのトップへ