公開日:2017/05/25 

毛穴の黒ずみの原因って?角栓を綺麗にする方法や重曹パック

透明感ある素肌を目指すうえで大敵なのが「肌荒れ」です。特に角栓や、それに伴う毛穴の黒ずみはなかなか消しにくく、厄介なものだと思っている人も多いのではないでしょうか。今回は、毛穴の黒ずみを解消する方法についてご紹介していきます。

美容の大敵である角栓をあらゆる角度から検証!

肌に現れる角栓の正体を明かす!

角栓は、一言でいえば「皮脂と古くなった角質の混ざりもの」です。本来であれば、毎日の洗顔や自然な肌の生まれ変わりサイクルによって取り除かれるはずのものが、普段のいい加減なケアなど様々な要因によって残ってしまうのです。

角栓は、一言でいえば「皮脂と古くなった角質の混ざりもの」です。本来であれば、毎日の洗顔や自然な肌の生まれ変わりサイクルによって取り除かれるはずのものが、普段のいい加減なケアなど様々な要因によって残ってしまうのです。

人間の肌に多く存在する毛穴にこうした物質が徐々にたまっていき、凝固してさらに発達していった結果、何層にもなっている皮膚組織の最上層である肌の表面に現れてしまいます。白かったり黒かったり、肌にブツブツが出ているのが気になったことはありませんか?それがまさに「角栓」なのです。

角栓ケアは毎日のケアが大切

角栓が気になる女性にとって、毎日のケアは欠かせませんが、方法を間違えると逆効果になってしまいます。まずは、当然のことながら、いい加減なスキンケアは角栓を増やしてしまう原因ともなります。

自分ではきっちり洗っているつもりでも、あごなど忘れがちな部分は多く、そして最後の部分ですすぎ残しがあるケースもあります。これが後々に角栓発生の原因ともなるので、1日に2回、洗顔を行うようにしましょう。

そして洗顔後には毛穴の開きに効果的な化粧水の使用も推奨します。
参考>> 化粧水で毛穴ケア!毛穴の開きにおすすめな人気化粧水3選

ケアしすぎは乾燥肌の元に

角栓ケアは、しすぎると逆効果になることがあります。必要以上にゴシゴシと強めに洗顔をして無理やり落とそうとするのは厳禁です。肌へのダメージを残してしまうばかりか、乾燥肌になってしまい、かえって角栓を大きくしてしまったり、悪化させることにつながるのです。洗顔はあくまでやさしく、そしてその後の肌への保湿ケアも忘れないようにしましょう。

毛穴の黒ずみは目立ってしまう厄介な存在!

なぜ黒ずんでしまうのか?その現象を解明

角栓が顔の一部に現れるのとは対照的に、黒ずみは顔の至る所に現れる可能性があり、どうしても目立ってしまう厄介な存在です。これは、顔の「皮脂汚れ」や「古い角質」が主な原因となっており、毛穴にたまり時間の経過とともに酸化した結果黒ずんでしまうのです。

ここで注意すべきは、オイリーな肌の人が必ずしも黒ずむとは限らない、ということです。毛穴に皮脂などがたまった結果黒ずむので、誰もが悩まされる現象となっているのです。意識しすぎてあぶらとり紙で脂分をとってみたり、必要以上の洗顔を実行してしまっても皮脂成分が過剰分泌を始めてしまい、かえって肌の黒ずみを進行させる可能性が高くなってしまうので控えておきましょう。

黒ずみの目立ちやすい箇所とは?「いちご鼻」の恐怖

黒ずみは顔の至る所に現れますが、特に現れやすく、かつ目立ってしまう箇所は鼻周りです。「いちご鼻」という言葉をご存じでしょうか。スイーツとして欠かせない食材であり、そのままでも美味しく頂けるいちごですが、周りには小さな果実であるぶつぶつがたくさんついています。このぶつぶつが、鼻の周りにできる黒ずみに似ている事から「いちご鼻」と呼ばれているのです。

この「いちご鼻」ができるまでの経過を次に見ていきましょう。最初は「何だか鼻がテカっているな」という感じから始まり、徐々にそれが目立つようになると、化粧やメイクで隠そうとしたり、あぶらとり紙などでゴシゴシこするようになってきます。この対処法は実は間違っており、結果肌を痛めたり余分な角栓を溜めることにつながりテカりはさらに進行。最終的には黒ずんで「いちご鼻」が完成してしまうという訳です。

「いちご鼻」に代表される黒ずみへの対処方法を考える

最後に、この厄介な「いちご鼻」への対処方法を考えていきましょう。「いちご鼻」になってしまうとなかなか治すのが難しく、かといって放っておくとますます悪化してしまいます。早めに対処したいところですが、焦りは禁物。毎日の積み重ねが確実な治癒への道となるのです。もっとも基本となる洗顔の仕方から見直すのが確実と言えるでしょう。丁寧に行っているつもりでも、黒ずみが残るという事はどこかしら洗い残しがあるはずです。

そして、洗顔料などの化粧品を使う必要もありません。水だけで洗い流す事をこころがけましょう。そして、ある程度効果を実感出来たら少しずつケア用品を使うのがベストと言えます。今回は鼻を中心に見てきましたが、黒ずみはもちろん顔の至る所に現れてきます。しかし、これまで紹介してきた対処法を毎日確実に実行すれば、徐々にではありますが跡が薄れていく事でしょう。

角栓を綺麗に取り除く!重曹パックとは?

まずは重曹という物質を知ろう

重曹といえば、料理における1つのアクセントや掃除の時に使われるのが代表的ですが、使用用途は実に幅広く、生活シーンのあらゆる場面で活躍します。その主な役割を紹介しましょう。料理においては食品添加物として大活躍しています。肉を柔らかくしたり、揚げ物の衣を膨らませてサクサクな仕上がりにするのです。

掃除の場面においては、主にガンコな汚れを取り除くときに役立ちます。油に混ぜると化学反応を起こす性質を利用して、油汚れを浮かせてキレイに拭き取る事ができたり、水に溶けにくい性質からクレンジング効果も期待でき、湯垢などを取り除けます。日常生活においてこうした便利な役割を果たす重曹は、美容にも応用できることが近年注目されているのです。100円ショップなどで手軽に購入できる点、そしてコストパフォーマンスが魅力ですよ。

重曹パックの詳しい使い方や効果を解説

次に重曹パックの仕方や、美容の観点からパックをすることによる効果を紹介していきます。まずは重曹の選び方ですが、「食用」や「薬用」と書いてあるものを購入しましょう。これらは粒子が細かいので、肌を傷つけずに済みます。

使い方としては、まず重曹を適量手に置いて、少しずつ水と混ぜ合わせるようにします。肌に乗せても垂れないくらいの粘土状になったらいよいよ顔に塗りつけていきますが、特に気になる部分へ集中的に、肌を傷つけない程度に優しい手触りでつけていきましょう。

完成したら10~15分ほど定着するのを待ち、その後ぬるま湯で洗い落とします。ここで気を付けたいのが、重曹が肌に残らないように丁寧に洗うという事です。こうした手順を踏むことで、鼻周りの黒ずみや、毛穴の角栓の除去に効果が期待できます。

ここは気を付けたい!重曹パック使用時の注意点

利点の大きい重曹パックですが、注意したい点もいくつかあります。まずは製品をよく見て購入する、という事です。重曹はモノによっては1つ1つの粒子が粗いものもあり、皮膚へ強めにゴシゴシこすりつけてしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあるのです。過度の摩擦となり、それが慢性化してしまうと、最悪の場合炎症を起こして肌が荒れてしまい、皮膚科を受診せざるを得なくなる場合もあります。

肌の弱い人は十分に気を付けましょう。そして、重曹は洗浄力が強いので、洗いすぎは逆に乾燥肌を引き起こす可能性もあります。以上の事から、効果がテキメンだと過信せず、重曹パックは1週間に1回程度、肌の弱い人であれば2週間に1回程度にとどめておきましょう。

丁寧なケアで角栓や黒ずみを克服しよう!

  • 重曹は食用か薬用を使う
  • 水と混ぜ合わせて粘土状にする
  • 気になる部分に塗る
  • 10~15分待つ
  • ぬるま湯で洗い流す

角栓や黒ずみは目立ってしまう存在であり、美を追求する女性にとっては厄介なシロモノです。1日でも早く消し去りたいと思うのが心情ですが、毎日の基本的な洗顔を繰り返したり重曹パックを利用してみましょう。そうすることで徐々に改善が見られ、気が付けば元通りの「美しい自分」を取り戻せているかもしれませんね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

244



ページのトップへ