公開日:2017/05/26 

気になる目の下のたるみ……簡単にできる3つの解消法とは

目の下のたるみ、気になっていませんか?目の下にたるみがあるだけで、老けて見られたリ、疲れているように見られたりしますよね。そもそも目の下のたるみは、なぜできるのでしょうか?目の下がたるむ原因を知った上で解消法を試してみましょう。

目の下のたるみはなぜ起こる?

原因1:加齢による老化

目の下のたるみの原因で1番に考えられるのが加齢です。年々減少してくるのがコラーゲンとヒアルロン酸。どちらも皮膚の中では、1番厚みのある真皮と呼ばれる皮膚の表皮内側に存在しています。

コラーゲンはその真皮の約70%を占め、水分を逃がさない働きがあります。ヒアルロン酸もコラーゲンと同じ美容成分で、保持できる水分量は1g当たり6000mlとされています。

加齢とともに2つとも不足してきてしまいますから、水分量を保つことができなくなり、お肌に潤いとハリが失われ、その結果たるみやシワが出てきてしまうというわけです。これは皮膚全体にいえることで、加齢によって目の下の皮膚も同じ現象が見られます。

原因2:表情筋の衰え

表情筋、顔の表面の筋肉のことですが、普段どのくらい使っているでしょうか?日本人は約20%程度しか使っていないんです。顔の筋肉も身体の筋肉と同じように、鍛えないとどんどん衰えていってしまいます。目の周りにある筋肉は弱いので、鍛えてあげる必要があります。

今はパソコンやスマホを毎日のように見ている方も多いですよね。特に長い時間使っている方は、まばたきの回数が減りやすいので、目の周りの筋肉が衰えがちになるので注意が必要です。

表情筋の衰えをカバーする方法が2つあります。1つ目は日常生活で、外国人のように表情豊かに過ごすこと、2つ目は表情筋エクササイズを取り入れることです。エクササイズ方法については、後ほどご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

原因3:目の下の脂肪

眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪が、目の下にあります。年齢とともに目の下に自然とふくらみが出てきます。それが眼窩脂肪。飛び出すように出てくる目の下の脂肪で、それがたるみの原因を作り出してしまうことがあります。

また眼窩脂肪が目の下に影を作ってしまうため、周りの人たちに与える印象が暗くなってしまいます。なんとか眼窩脂肪を食い止めたいですよね。眼窩脂肪対策としては筋肉と皮膚の両方からアプローチをかけてあげることが大切になってきます。

目の下の筋肉はもちろんですが、目の周りの筋肉も同時に鍛えてあげます。また加齢とともに減少するコラーゲンやヒアルロン酸の配合されている保湿クリームを使うなどの対策が有効です。

簡単にできる!目の下のたるみ3つの解消法

好きなときに好きな場所で!目もとエクササイズ

目の下のたるみを解消するのに、いつでもどこでもできる目もとエクササイズをしてみましょう。まず洗顔後や入浴後にスキンケアを終えたら、目もとにアイクリームやオイルを優しく塗ります。ここでは3つエクササイズをご紹介します。

エクササイズA
  1. 眉を上にアップ
  2. その状態で眉に指を押しあてる
  3. 目を開いたり閉じたりを繰り返す

これを10セット行ないます。

エクササイズB
  1. 目を閉じます
  2. そのまま眉を上に引き上げて5秒間キープ

これを5回繰り返します。

エクササイズC
  1. 目をギュッと閉じて5秒間キープしたのち、パッと開けます。

これを3回繰り返します。

目の周りの皮膚は薄くて弱いので、必ずクリームなどを塗ってからエクササイズをしてくださいね。

保湿クリームを利用!保湿成分の補給

皮膚に直接アプローチすることも、目の下のたるみの解消法で欠かせません。でもどの保湿化粧品を使ったらいいのでしょうか?そんな方のために、目の下のたるみに効果的な保湿クリーム商品をご紹介します。

  • b.glen(ビーグレン) 目もとケアトライアルセット(7日分)1,800円(税抜)

15種類の美容成分をひとつの小さなカプセルに入れて、長時間お肌に留まりやすくしました。「乾燥しなくなって、目もとの小じわやたるみが気にならなくなった」という声も!敏感肌やオイリー肌、どんな肌質の方でもOK。365日返金保証付きです。

お手軽簡単!コラーゲンサプリの摂取

目の下のたるみは、お肌のたるみと同じもの。老化によるコラーゲンやヒアルロン酸不足が原因になっていることが多いですね。コラーゲンは30歳を過ぎた辺りから急激に減少してくるんです。そんなときに手軽にコラーゲン摂取ができるサプリを利用するという手がありますよ。

  • すっぽん小町 定期コース2,721円

すっぽんに含まれているアミノ酸が、体内にあるコラーゲンを増やして、お肌にハリや弾力を取り戻してくれます。国産の「はがくれすっぽんエキス」を100%使用。もし効果が現れなかった場合には、30日間返品制度もあるので安心ですね。

プロに任せる解消法!目の下のたるみ取り

切らないで目の下のたるみを解消:美容整形

「目の下のたるみを一瞬にして解消したい!」それを叶えてくれるのが、美容整形の世界です。ヒアルロン酸などの注入や切らないたるみ取り、レーザー治療など、切らないで目の下のたるみを取る施術を受けられます。ヒアルロン酸注射は人気のある方法で、内部からお肌を持ち上げるので、施術後すぐにその効果がわかります。ただし定期的に施術する必要はありますね。

また切らないたるみ取りに脂肪除去&脂肪注入施術があります。この方法は目の下のたるみの状態によって、脂肪を除去するか注入するかを決めて行われます。まぶたの裏側の施術で、手術跡が目立たないので周りに気づかれないのがうれしいですね。

湘南美容外科での施術について

目の下の気になるたるみ取りの施術を行なっている湘南美容外科。この施術は、まぶたの裏側から脂肪を取り除くことで、目の下の眼窩脂肪(かんがしぼう)によるたるみを解消する方法です。施術時間は約1時間、費用は98,000円かかります。傷跡はまぶたの裏側数㎜なので、顔表面からは全くわかりません。

湘南美容外科では、目の下のたるみ取りとSBCリッチフェイスと呼ばれる施術をセットで行なうと、目にできている凹凸をより自然に近いものに戻せます。こちらは脂肪除去と脂肪注入をダブルで行なうので、より美しく若々しい目もとを手に入れることができます。詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね。

聖心美容クリニックでの施術について

聖心美容クリニックでは、切らない目の下のたるみ取りの施術と、ヒアルロン酸注入の施術を実施しています。切らない目の下のたるみ取りは、まぶたの裏側から脂肪を除去するのですが、聖心美容クリニックでは目の下の中央と外側、内側の3ヶ所からバランスよく脂肪を除去します。こうすることで施術後の目の下のまぶた全体の凹凸の状態を自然な形にでき、滑らかなまぶたに仕上がります。

また、今も人気のヒアルロン酸注入は、即効性があり、麻酔効果のあるものなのでわずかな痛みだけで施術を受けられます。ただし定期的に受ける必要があるので、そこだけは注意しておきましょう。

毎日の生活の中で目の下のたるみを解消しよう

  • 目の下のたるみ解消法には、日常でできる方法からプロに任せる方法までさまざま
  • いつでもどこでもできる目の下のたるみ解消エクササイズをとりいれよう
  • 目の下の皮膚は薄いので優しくケアしましょう

加齢とともに気になってくる目の下のたるみ。老化が1番の原因とされていますが、アンチエイジングをおこなってたるみを解消していきたいですね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

67



ページのトップへ