公開日:2018/02/15 

食べ合わせダイエットの成功の秘訣は、糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素をしっかり取る事!

ダイエットのためには、無理をしてでも食事制限をしなければいけないと思っていませんか?そのような苦しいダイエットは、途中で挫折しがちです。おいしく食事しながら効果的にダイエットできる方法、食べ合わせダイエットについて学び、挑戦してみませんか?

食べ合わせダイエットで痩せる方法

食べ合わせダイエットは、必要な栄養をしっかり補給することで体の機能を高めれば、不要な脂肪を溜め込むこともないという考えのダイエット方法です。確かに、栄養をきちんと摂取していれば、血行が良くなって基礎代謝が上昇します。基礎代謝が上がれば脂肪燃焼効果に期待できるため、ダイエットに成功できるわけです。

これまでは、ダイエットといえば食べることを我慢するのが常識でした。しかしこれでは、血液を循環させて脂肪を燃焼するために必要な栄養をとることができません。むしろ太ってしまう可能性のほうが高く、逆効果なのです。

食べたいものを我慢すればするほど、ストレストとなって暴飲暴食の結果がもたらされる危険もあります。食べることを我慢するのではなく、ダイエット向きの食べていいものを知ることで効果的なダイエットをするのがおすすめです。

食べ合わせダイエットでも、好きなものを好きなだけ食べていいというわけではありません。糖質と脂質とたんぱく質という三大栄養素を必要なぶんだけ摂取しながら、上手に食べ合わせをすることでエネルギーをきちんと使い、余分な脂肪を溜めないことが大事なのです。

食べ合わせをうまく組み合わせればダイエット効果が得られる

食べ合わせダイエットでは、食事の食べ合わせ、つまり組み合わせて食べるものに工夫します。好きなものばかり食べていいとは限りませんが、ご飯やパン、ラーメンだって食べ合わせを工夫するだけで楽しめるのが魅力です。ピザやポテトチップス、アイスクリームを食べても太らない食べ合わせがあるなんて、信じがたいでしょう。

血糖値の急上昇を防いで脂肪を溜めない

食べ合わせダイエットで重要なのは、血糖値の急上昇を防いで脂肪を溜めない食べ方をすることです。具体的にどのような食べ合わせがダイエットに適しているかは、以下に紹介します。

  • ラーメンを食べる前に野菜ジュースを飲む
  • ピザにはオリーブオイルをかけて食べる
  • 焼き鳥には七味唐辛子をかけて食べる
  • お好み焼きやたこ焼きには紅ショウガをたっぷり乗せる
  • 焼き肉を食べる前にはキムチを食べる

食事のたびごとにこうした食べ合わせの工夫をすれば良いのですが、他にもおすすめされていることがあります。それは、朝食に果物をとることや、毎日大さじ2~3杯のえごま油やオリーブオイルをとることです。良質な天然のオイルには体内で合成できない必須の栄養素が含まれていることがあり、摂取によって体の働きが良くなってきます。

ストレスを溜めない

また、エネルギーの代謝率が高い肉類は、ランチに食べたほうが脂肪燃焼効果が上がるとされています。必ずしも3食食べる必要もなく、前の食事の影響でまだお腹が空いていなければ、次の食事は軽めにしたり抜いて調整したりしても問題ありません。

おやつを食べたい気持ちも、我慢しすぎるとストレスになって爆発してしまうときがくるかもしれません。ドカ食いをしてリバウンドになるのを防ぐためにも、量を決めたうえで食べ合わせを考えて楽しめば、ストレスになるほどの我慢を抱え込む心配がなくなります。おやつを食べても、むしろダイエットに成功する可能性が出てくるのです。

ストレスは、心身に緊張をもたらして血液の循環に悪影響を与えることがあります。血行が悪くなれば代謝が低下して脂肪が燃焼しにくくなるため、ストレスはダイエットの大敵といえます。精神的にストレスが高じても過食に陥ってしまうことがあるため、なるべくリラックスした状態を保つようにするのがダイエット成功の秘訣です。

食べ合わせダイエットがうまくいかなかった場合

食べ合わせダイエットを進めても、思うように効果が出ないということがあるかもしれません。そのようなときは、炭水化物の摂取を見直してみる手があります。

お米以外の炭水化物では、小麦粉を原料としたものに体を冷やす作用があるといわれています。体を冷やすということは代謝が低下してしまうということですから、食べ合わせダイエットにも逆効果です。小麦は体内で分解しにくく、残ってしまった成分が腸壁にとどまって他の栄養の吸収を妨げてしまいかねません。代謝が低下するのも、当然なのです。

パスタやパン、うどんなどをご飯に変えてみて、ダイエットの様子を見てみてはいかがでしょうか。ご飯の食べ合わせ方によっては、血糖値の急上昇を抑えてダイエットの効果を上げることができます。

パンを食べたいときには、胚芽やライ麦を主体とした黒めの色のパンを選ぶ方法もあります。また、抹茶や豆乳といったダイエットに効果的な栄養素を含むものを食べ合わせることで、パン食をしてもダイエットに成功できる可能性もあります。

食べ合わせダイエットでは炭水化物もお肉もデザートも食べて良いとされていますが、だからといって食べ過ぎは逆効果となりかねません。栄養をバランス良くとることで血行や基礎代謝が良くなれば、美容にも良い影響が出てきます。

反対に、偏った栄養バランスの食事をしていれば、食べ合わせダイエットとはいえ痩せられないばかりか、美容にも悪影響が出かねません。体を自然な働きに導くような食べ方をすることが、食べ合わせダイエットの目指すところなのです。

食事を工夫して楽しみながらできるダイエット

食べ合わせダイエットでは、バランス良く食べることを重視しています。食べ合わせに注意する以外にも、全体の食べ方のバランスが整っているかどうかに注目してみてください。ダイエットがうまくいかないときには、栄養バランスが偏っていることがほとんどです。食事の栄養バランスに気を付けることで、正常な食欲や代謝をキープしやすくなります。工夫して食べることで、おいしく楽しみながら食べ合わせダイエットをしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

43



ページのトップへ