公開日:2017/05/26 

シンプルなステップでメイクをきちんと落とすクレンジング術

メイクには熱心でも、クレンジングはおざなり……という人はいませんか?クレンジングはメイクを落とす、大切なステップ。昨今のコスメは落ちにくいものも多く、クレンジングの力が必要です。シンプルでも、しっかりメイクオフする方法をご紹介します。

クレンジングの大切さを確認しよう

メイクオフでのクレンジングの役割

1日の終わりには肌を休ませるために、メイクを落とす必要があります。その際はクレンジングオイルやクリームなどを使って落とすのが一般的。なぜメイクオフする時にクレンジングが必要かというと、コスメは油や顔料などが混じりあってできているので、洗顔しただけでは落ちないためです。

また、洗顔する水分とコスメの油分とを混ぜ合わせる役割もあり、肌から汚れを取り去りやすくすることができるのです。特にウォータープルーフマスカラや落ちにくいファンデーションなど、密着性の高いコスメを浮き上がらせるためにも、クレンジングは必要なのです。

クレンジング後の洗顔はどうする?

ところでクレンジング後の洗顔はどうしていますか?メイクオフした後はふきとり化粧水でぬぐうだけで、お湯や水での洗顔はしないという人もいます。しかし、これは水道から出てくる水が硬水であるヨーロッパなどの話。

硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムが石けんと結合し、肌に残ってしまうのを避けるためのクレンジング方法であり、普通の石けんが使える軟水が蛇口からふんだんに出てくる日本には、当てはまらない方法です。

クレンジング剤は肌への刺激が強いので、メイクオフした後はなるべく早く洗顔で洗い流しましょう。長時間肌に残していると、肌への負担が増してしまいます。

寝る前にメイクを落とさないとどうなるの?

そもそもどうして、クレンジングでメイクを落とす必要があるのでしょうか?コスメに配合されている油や顔料は、肌に長時間乗せておくと酸化して変質します。それにより肌の老化が進んでしまうのですが、一説によるとメイクを落とさないで寝ると、なんと一晩で3歳老化するそうです。

メイクアップ化粧品、特にファンデーションには肌との密着性を高めるために、油性の成分や顔料が使用されています。それらは放置しておくと汗や皮脂と混ざり合い活性酸素を出し、過酸化脂質に変化していきます。その汚れが毛穴に入り込むとターンオーバーがスムーズにいかなくなり、結果、肌の老化へと繋がってしまします。

引用元:【医師監修】やっぱりお化粧を落とさず寝るのはNG? | スキンケア大学

これなら簡単!シンプルなクレンジング

クレンジングの前に知っておきたいポイント

クレンジングはなじませる、洗い流すというシンプルなステップで終了しますが、その際に気をつけたいこととして、クレンジング剤をけちらないということがあげられます。クレンジング剤が少ないと摩擦が大きくなり、肌への負担が高まるためです。

あと、クレンジング剤を塗るのはまずTゾーンに。これはTゾーンの皮膚が丈夫ということからきており、クレンジング剤から受ける刺激を少なくするためです。

ところで顔のそれぞれの部分に使ったコスメの種類によって、落としにくさは異なります。クレンジング剤をなじませる時間を短くするためには、あらかじめ落ちにくいアイメイクなどはポイントメイク落としでメイクオフしておきましょう。

クレンジングをする際のシンプルなステップ

  1. クレンジング剤を塗り、メイクとなじませる
  2. ぬるま湯で顔を洗い流す
  3. 洗顔料で洗う

クレンジングのやり方は上記のようなシンプルなステップでOKです。

クレンジング剤は一度手に取ってから塗り、力を入れないように指を肌の上でくるくると動かし、メイクによくなじませます。クレンジング剤は刺激が強いので、なるべく肌の上に長時間置いておかないようにしたいもの。洗い流す時間も含めても、1分以内で済ませましょう。

なじませ終わったら、ぬるま湯で顔を洗い流しますが、水だと汚れが落ちにくく、お湯だと皮脂を奪って肌の乾燥を招くため。こうしたポイントを守るだけでも、クレンジング後の肌の調子はアップするはずです。

ティッシュオフはしない方がよい?

クレンジング剤をメイクになじませた後ティッシュでぬぐうと、肌から余分なクレンジング剤を取り去ることができてさっぱりしますが、これは肌にとってはどうなのでしょうか?

実のところこすることは肌によくありません。摩擦を避けるため乾いたティッシュでぬぐうのはやめて、クレンジング剤は洗い流すようにしましょう。

クレンジング剤をのせて指でやさしく伸ばし、指先をすべらせるようにしながらクレンジング剤とメイクをなじませていきます。力を入れ過ぎず、やさしくなじませましょう。力を入れてゴシゴシこすると角層に傷がつき、肌荒れを招く原因になります。

引用元:【医師監修】正しいクレンジング・メイク落としの方法とは? | スキンケア大学

どれを選ぶ?クレンジングの種類

オイルクレンジングのメリット・デメリット

クレンジング剤の中でもポピュラーなオイルクレンジングですが、メリットは肌になじませやすいテクスチャーであること。ところがクレンジング用のオイルはナチュラルオイルを除いて、界面活性剤が入っているものもあります。そのためメイクを落とす力は強いのですが、肌へのダメージも大きくなるのがデメリットに。

界面活性剤は油分を水と混ぜて流す働きがあり、洗浄力が強いクレンジング材は界面活性剤を多く含む傾向があるといわれています。メイクを落としやすい反面、肌が乾燥しやすくなるのため、気をつけたい点です。

そこで濃いメイクの時だけオイルクレンジングを使うことにして、ダメージを減らしましょう。クレンジング剤の特徴によって使い分けるのも、賢い活用方法です。

クリーム・乳液でのクレンジング

界面活性剤の含有量が少なめなことで知られるクリームタイプは、肌が弱い人におすすめしたいクレンジング剤です。クリームタイプのクレンジング剤は肌への負担が少なく、保湿性が高いといわれています。もう少しゆるいテクスチャーのため滑らかで扱いやすいのが、乳液タイプ。こちらも洗浄力は弱めな分、肌への負担が少なくて済みます。

さっぱりしたテクスチャーが好きな人にはジェルタイプもありますが、透明な色のものは界面活性剤が多く含まれるとされています。ジェルタイプの中でも、乳化された白っぽいものは乳液タイプに近いため、肌へのダメージも少なめとされています。肌が弱い人は、クリームや乳液タイプのクレンジング剤を選ぶとよいでしょう。

リキッドタイプのクレンジングの評判

油分が少なくさっぱりした感触のリキッドタイプのクレンジング剤ですが、その分界面活性剤が多く含まれているかもしれません。ウォータータイプも同様で、こちらはもっとさらっとしていてふき取りが必要。そのためコットンの摩擦が刺激となってしまいます。

界面活性剤を回避するなら、ナチュラルオイルが1番です。しかし、ナチュラルオイルだけではメイクが落ちにくいというデメリットもあります。それぞれの特徴を比べて、お好みのタイプを選びましょう。

純粋なオリーブオイルやホホバオイル、コールドクリーム(天然の油脂に石けんなどを加え乳化させたもの)のこと。界面活性剤を使用していないので肌への負担は少ないが、水で洗い流せないため拭き取りによる刺激に注意が必要。1度では落ち切らないことが多く、手間もかかる。

引用元:【医師監修】クレンジングに関する基礎知識とメイク落としのポイント | スキンケア大学

クレンジングをする時の3つのポイント

  • クレンジングは刺激が少ないものを選びましょう
  • クレンジング剤を長時間肌に置かないように
  • ポイントメイクはあらかじめ落としておきましょう

軽いテクスチャーだから肌にも優しいのでは?と思いきや、界面活性剤のせいで実は肌への負担が重いというクレンジング剤もあります。肌のタイプや状態に合わせて、最適なタイプを選びましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

91



ページのトップへ