公開日:2017/04/11 

女子必見!BBクリームとCCクリームの違いとは?

最近ではファンデーションも進化し、BBクリームやCCクリームという商品が発売されています。ですが、これらのクリームの違いがよく分からないという方もいるのではないでしょうか。両者の特徴や違いを理解し、肌をより美しく見せる方法をご紹介します。

話題のBBクリームとはどんなもの?

BBクリームが誕生した背景とは?

BBクリームの「BB」は、傷を補うことを意味する医療用のクリームを指す「Blemish Balm」という言葉の略称です。もともと、ピーリングなど医療機関で行う皮膚の手術を受ける際、刺激を受けた肌の状態を鎮めて保護することを目的として使われてきました。

そのような医療用の目的から作られたBBクリームには、肌の回復を促しキレイな肌に導く効果がある保湿作用や皮膚の再生機能があります。それらの効果に注目が集まり、メーク用のファンデーションや下地として使用するための研究開発が行われてきました。その結果、ドラッグストアなどでおなじみの定番スキンケアアイテムとして広く知られるようになったわけです。

BBクリームとはどんな商品なの?

BBクリームが発売され始めた頃は、下地クリームとファンデーションの2つの役割を備えているとして重宝されたものですが、現在では化粧水や保湿クリーム、UV機能なども含まれ、ひとつで何役もまかなうことができる「オールインワン」機能が主流となっています。

朝の忙しい時間帯などに何種類もの化粧品を使っていると、メークにかかる時間が長くなってしまいます。けれどもオールインワンのBBクリームならたったひとつでメークが完成し、従来のメーク時間を大幅に短縮することが可能となっています。また、それ以外にも日焼け対策や乾燥を防ぐ保湿対策もできるということで、メークが目的ではない場合でも気軽に使うことができるのです。

BBクリームを選ぶときどこに注意する?

BBクリームと言っても、その種類や役割はいろいろありますので注意して選ぶ必要があります。安易な気持ちで選ぶと結果的に肌がキレイに見えなかったり、かゆみなどの肌のトラブルを招いてしまったりということもあり得ます。

BBクリームを選ぶときに注意したいのは「自分の肌の色に合っているか」「肌になじむか」「じゅうぶんな保湿性があるか」の3点です。特に「肌へのなじみやすさ」は最も重要です。たとえば、水分が多いテクスチャーだと肌に付けたときに「ヨレ」が出てしまうことが多いです。逆に、硬いテクスチャーだと敏感肌の人には刺激が強すぎる場合もありますので、自分にとって使用感がよいものを選ぶことをおすすめします。

BBクリームの進化形!CCクリームとは

メーク専用に作られたCCクリーム

BBクリームの人気にともない、2013年より発売されたのがCCクリームです。これはBBクリームの進化形とも言われ、同じく美容液や下地クリーム、UV機能などが含まれています。ただ、メーク用に開発されたCCクリームは「美容面」を重視した作りとなっています。よってCCクリームにはBBクリームよりも美容成分が多く含まれており、肌を自然な仕上がりに作り上げる効果が高くなっています。

また、BBクリームには「Blemish Balm」という正式な呼び名がありますが、CCクリームにはそのような正式名称がありません。一般的にはCCクリームと呼びますが、「コントロールカラークリーム」や「コントロールコンデション」などと呼ぶ場合もあります。

CCクリームとはどんな商品なの?

CCクリームの特徴は、基本的にBBクリームと同様ですが、BBクリームにはないメリットがあります。CCクリームを顔全体になじませると薄く伸びてBBクリームより色のムラが少なく、透き通った自然な肌に見せることが可能となる点です。ナチュラルメーク派の女性は、まるでノーメークのようなキレイな仕上がりに満足することが多いといわれています。

ただ、マットでしっかりとしたメークが好みの方は、薄付きのCCクリームでは物足りないと思うかもしれません。また、メークが落ちやすいというデメリットもありますが、その場合はCCクリームの上からパウダーをはたくことでメークの崩れを最小限に抑えることができます。

CCクリームの効果的な選び方とは

CCクリームもBBクリームと同様に品ぞろえが豊富ですが、選ぶときにまず気を付けたいことがあります。それは、「自分の肌に適しているかどうか」ということです。特にCCクリームは透明感のあるキレイな肌に見せる効果など、BBクリームよりも美容面に力を入れて作られています。だから自分に合わない色を選んでしまうと効果が最大限に発揮できない場合があります。

CCクリームは、シミなどを隠すカバー力よりも肌をいかにキレイに見せるかということを重視しているという点に注意する必要があります。できれば化粧品売り場などで実際に塗って質感を確かめたり、サンプルをもらってとりあえず使用してみたりするのもよいでしょう。

BBクリームとCCクリームはどう違う?

BBクリームの特徴とは?

似ているようで、違う点も兼ね備えているBBクリームとCCクリームですが、それぞれが独自に持つ特徴もあります。BBクリームは医学的観点から作られた商品であるため、肌のシミやくすみを隠すカバー力、保湿力など皮膚を保護する力に長けています。つまり肌を守りながら隠したい部分をカバーしてくれるという役割を持つと言えるでしょう。

また、テクスチャーにもさまざまな種類があります。乾燥肌の方には水分が多いやわらかなものを、油性肌の方には少しかためなものを選ぶことで、外的刺激から肌を守り傷つくことを防ぎます。さらに、UVカット機能などの程度も商品によって異なるため、カバーするだけではなく肌を守りたいという希望もかなえてくれます。

CCクリームとBBクリームの違いとは?

CCクリームはBBクリームを参考に、メーク専門として美容効果をより高める目的で作られた商品です。BBクリームと共通するオールインワン機能でメークの時間的負担を軽くし、より自然な肌の美しさを引き出すことを目的としています。テクスチャーはBBクリームよりゆるめなものがほとんどです。

BBクリームよりカバー力はありませんが、光の反射をコントロールする働きを備えています。それにより光の反射にともなう人間の錯覚を利用し、きめ細やかでキレイな肌を演出することが可能になるといわれています。そのため、自分に適さない色を塗ってしまうと上手く光との反射が折り合わず、肌の美しさが前面に出にくくなってしまう場合もあります。

大切なのは用途に合わせて使い分けること

上記の通り、BBクリームとCCクリームには特徴に違いがあります。その違いを上手く利用することで「理想の肌」に近づけることができるでしょう。たとえば顔にシミやくすみがあり、紫外線を防止しながらそれらをきれいにカバーすることを目指す場合はBBクリームがおすすめです。その一方で、カバー力よりも自然な色合いを目指し、肌の美しさを際立たせたいならCCクリームを選択することが効果的だと言えます。

クリームを使用するにあたり最も大切なことは、それぞれのクリームが持つ特長を理解した上で、用途に合わせて使い分けることです。肌をどのように見せたいか、あるいはどのような効果を期待するかなどの観点から、より自分の希望に合ったものを選ぶことをおすすめします。

それぞれの違いを知り肌を美しく見せよう!

BBクリームとCCクリームには次の特徴があります。

  • BBクリームは医学的観点から、CCクリームはメーク専用の観点から作られている
  • BBクリームとCCクリームの特徴の違いを理解することが重要
  • BBクリームとCCクリームは用途によって使い分けるとよい

それぞれの違いを知り、肌を美しく見せましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

22



ページのトップへ