公開日:2017/05/26 

メイクのテカリ崩れを解決!テカリ防止に役立つ下地コスメ

夕方になるとお化粧の崩れが気になる女性も多いはず。そんな中、化粧崩れでも厄介なのがテカリ崩れ。テカリ崩れを起こす原因は、もしかしたら間違った日々のケアにあるのかも?テカリを防止する正しい肌ケアと、人気の高機能下地コスメをご紹介します。

メイクのテカリ崩れを起こす原因は?

皮脂の過剰分泌がテカリ崩れを生む原因に

夏の暑い時期に限らず、メイクをしているときはいつもテカリ崩れが気になる、という女性も多いのではないでしょうか。そのテカリ崩れの大きな原因は皮脂の過剰分泌。肌から皮脂が過剰に分泌されると、メイクを肌から浮かせてしまうこととなり、メイク崩れの原因となってしまうのです。

では余分な皮脂を肌に残さないように、しっかり洗顔したり保湿を軽めにすればいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、実はそれらの方法はあまりおすすめしません。なぜなら、これらの方法は余計に皮脂を過剰分泌させてしまうことがあるからです。では、なぜ皮脂の過剰分泌が起きてしまうのか、それはもしかするとお肌が乾燥しているところにあるのかもしれません。

保湿をしない、ゴシゴシ洗顔は大きな間違い

メイクのテカリ崩れが気になるから保湿は軽めにしておこう、としていませんか?実はそれは大きな間違い。保湿が十分に行われていないお肌は、皮脂の過剰分泌を起こしやすいのです。私たちのお肌は、乾燥するとその乾燥を補うために皮脂を分泌し、お肌を潤そうとする働きを持っています。そのため、テカリが気になるからといって保湿を怠ると、お肌は足らない水分を補おうとし余計に皮脂を過剰分泌させてしまうのです。

また、間違った洗顔方法も乾燥を招く原因に。皮脂をしっかり洗い流そうとゴシゴシ洗いすぎてしまうと、必要な皮脂までも落とし過ぎてしまうだけでなくお肌を傷つけてしまうことも。これらの乾燥を生む原因こそが皮脂の過剰分泌、メイクのテカリ崩れを起こす原因だったのです。

食事内容でも皮脂の過剰分泌は起きる

お肌の乾燥が皮脂の過剰分泌を生む原因、ということがわかりました。ですが、皮脂の過剰分泌を生む原因は他にもあります。それが食事内容です。揚げ物や脂身の多いお肉などの油っこい食事、炭水化物ばかりなど、偏った食生活をしていませんか?食事で余分な油分をとり過ぎてしまうと、その油分は肌からも分泌され、皮脂の過剰分泌を生むこととなってしまいます。

こうした偏った食事は、皮脂の過剰分泌のみならず、お肌トラブルの様々な原因を生むこととなってしまうので注意が必要です。皮脂の過剰分泌を抑えるには、余分な脂をとり過ぎてしまう食事内容は避け、栄養バランスが整った食事を心がけるようにしましょう。外側からだけではなく、体の内側からも意識することが大切です。

テカリ崩れさせない方法はコレ!

正しい洗顔でお肌の皮脂を洗い流し過ぎない

お肌の乾燥が皮脂の過剰分泌を生む原因となってしまうため、お肌の乾燥を防ぐためにも十分な保湿と正しい洗顔方法を心がけることが大切です。まず、洗顔をするときは、たっぷりの泡で優しく顔を包み込むようにして洗います。ごしごしと洗いすぎたり、お肌の皮脂を洗い流しすぎたりしないよう注意してください。そして、洗顔に使う水はぬるま湯がおすすめです。熱すぎるお湯は皮脂を洗い流しすぎてしまう恐れがあるので、ぬるいかな?と思うくらいがべスト。

また、メイクを落とす為に使用するクレンジングオイルにも注意が必要です。クレンジングオイルは洗浄力がしっかりしている分、余分に皮脂も洗い落としてしまいがち。アイメイクや口紅など部分的に使用したり、クレンジングオイルでお肌をこすり過ぎないようにするなど、使用方法に気を付けながら活用するようにしましょう。

洗顔後やメイク直しの時にも十分に保湿する

正しい洗顔方法でお肌の汚れや余分な皮脂を洗い流した後はしっかりと保湿を行いましょう。開いた毛穴を化粧水で引き締め、乳液やクリームなどで毛穴に蓋をしていくイメージです。こうしてしっかり保湿を行うことは、お肌の乾燥を防ぐだけではなく、毛穴の黒ずみやくすみも防ぐことにも繋がります。美肌作りとしても、毎日欠かさず入念に行っていくことが大切です。

また、化粧直しのときにも、保湿をしながら行うと効果的。とくに夏の暑いときなど、化粧水をミストでふりかけながらメイク直しを行うことがおすすめです。そうすることで、お肌に水分を与えるだけではなく、お肌の温度を下げて汗や過剰皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。ミストを振りかけた後は、軽くティッシュで余分な水分を除き、そのあとパウダーやファンデーションを使ってメイク直しをしていきます。

テカリ崩れ防止の下地コスメを使用する

洗顔や保湿だけでは十分にカバーしきれないというときには、テカリ崩れを抑える下地コスメを使用するのもおすすめです。テカリを予防する成分が配合されていて、中には汗をかいたときでもテカリをしっかり防いでくれる、優れた機能を持つものなどがあります。

他にも、春夏用のファンデーションを使用したり、顔の温度を下げながら使うことができる下地クリームも登場しているので、どうしてもテカリが抑えられないという方は、是非チェックしてみることをおすすめします。お肌のタイプや、シーンに合わせて選ぶことができるので、自分にぴったりのアイテムを見つけましょう。正しい洗顔方法と十分な保湿、テカリ崩れを防ぐ下地コスメなどを上手に活用し、1日中美しい肌が続く、テカリ崩れしないメイクを手に入れてくださいね。

テカリ崩れを防止するおすすめの下地コスメ

プリマヴィスタ「皮脂崩れ防止化粧下地」

ソフィーナのプリマヴィスタから発売されている「皮脂崩れ防止化粧下地」。その名の通り皮脂崩れ防止に特化した高い機能性が、多くの女性から絶大な支持を集めています。この化粧下地は、テカリ崩れの原因となる皮脂を抱え込む「皮脂吸着パウダー」を配合し、分泌された皮脂を広げないことが最大の特徴。また、「皮脂はじきコート」を配合することで、下地の粒子と皮脂の混ざりを防ぐことを実現し、皮脂によるテカリ崩れをしっかりと防止します。

さらっと軽い着け心地であるにもかかわらず、保湿成分配合でしっかりと保湿もしてくれるので、乾燥による皮脂の過剰分泌も心配いりません。長時間の崩れ防止を実現したプリマヴィスタの化粧下地、1度使ってみる価値ありでしょう。

商品名:花王ソフィーナ プリマヴィスタ 化粧下地
公式サイト:http://www.sofina.co.jp/primavista/products/base_longkeep/

マキアージュ「ドラマティックスキンセンサーベース」

マキアージュから発売されている「ドラマティックセンサーベース」も、下地コスメとして人気を集めるアイテム。自動的にテカリを抑えるセンサーは、テカリ崩れの原因となる皮脂のみを感知、吸収し、お肌に必要な潤いはそのままとどめるという、高機能な化粧下地です。また、肌の潤いと空気の乾燥を感知するセンサーで、お肌のケアもしっかり行います。

また、トリニティマグネット効果で、お肌と下地、ファンデーションをしっかり密着させ、化粧崩れをしっかりカバー。化粧崩れの原因となる皮脂をしっかり抑えながらも、素肌ケアができ、ファンデーションをつけたてのときよりもきれいかも?と感じることができるかもしれません。テカリを抑えつつ潤いも保つ下地で、一日中続く美肌を実感してみてはいかがでしょうか。

商品名:マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV
公式サイト:http://www.shiseido.co.jp/mq/allitems/base/premakeup/item118.html

キス「マットシフォンUVホワイトニングベースN」

キスの「マットシフォンUVホワイトニングベースN」は、美白ケアと化粧崩れ防止を同時に行う化粧下地。SPF26PA++配合で、日常の紫外線からお肌をしっかりカバー。美白ケア機能で、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぎます。化粧下地としての機能も優れていて、毛穴や肌の凹凸もしっかりカバーし、美しいマシュマロ肌を実現。もちろん、テカリ防止機能もしっかり配合され、余分な皮脂をしっかり吸収し、さらさら肌をキープします。

他にも、ニキビになりにくい処方で、メイクによるお肌トラブルも予防してくれるので、安心して使うことができますよね。ワントーン明るいナチュラルカラーと、肌なじみがよいベージュカラーの2色展開なので、自分の肌色に合った下地を選ぶことができます。

商品名:キス マットシフォンUVホワイトニングベースN
公式サイト:http://www.kiss-cosmetics.com/products/basemakeup/MatChiffonUvWhiteningBaseN/

日々のケアでテカリ崩れもしっかり防止!

頑固なテカリ崩れも、日々のケアを少し意識するだけで改善されるかもしれません。正しい肌ケアで、1日中続くさらさら美肌を手に入れましょう!

  • テカリ崩れの原因が皮脂の過剰分泌
  • お肌の乾燥や、油っこい食事が皮脂の過剰分泌を生む原因に。
  • 毎日しっかり保湿しケアすることで、皮脂の過剰分泌を抑えることができる
  • テカリ崩れを防ぐ下地コスメを活用する
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

64



ページのトップへ