公開日:2017/05/26 

目尻のシワを解消したい!原因別の効果的な対処方法を紹介

目尻のシワを解消するだけでも、若々しい印象を与えることができます。そのためには目尻のシワを撃退することから始めましょう。今回は、目尻のシワができる原因別に効果的な対処方法を紹介します。

乾燥や弾力不足による目尻のシワを撃退したい!

乾燥や弾力不足によ るシワには2種類ある?

目尻にできるシワには2つの種類があります。1つ目は肌の乾燥により引き起こる乾燥シワです。肌の表面にある角質層の水分が不足することで、肌の表面に細かなシワができるのが特徴です。また、肌の奥にあり弾力やうるおいを保持する役割のある真皮層でコラーゲンや水分が不足してしまうと、深いシワとなり肌にくぼみが残りやすくなります。

2つ目のシワは、表情シワと呼ばれるものです。肌の弾力が低下することで、無表情の状態でもシワが消えなくなります。普段から同じような表情をしてしまうくせでも、表情シワはつきやすくなります。どちらのタイプのシワも、肌の乾燥や保湿力の低下、弾力の低下が原因となります。

美容液でしっかりと保湿することが大切

乾燥により保湿力が低下した目尻には、まずは保湿が欠かせません。保湿力の高い化粧水で、しっかりとうるおいを補充するようにしましょう。

しかし、目の周りの皮膚は薄いので乳液や化粧水だけでは、なかなか保湿力を高めることができません。そこで、水分を保持する力が高いコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸が配合されている美容液を使うと効果的です。

せっかく保湿をしても水分が蒸発してしまっては意味がないので、アイクリームなどでふたをするようにしましょう。また、最近では目尻のシワ対策パックやシートマスクなども販売されているので、毎日のスキンケアにとり入れてみてもいいかもしれません。

目尻のシワに効果的なボトックス注射とは

目尻のシワを早く解消したい場合には、ボトックス注射を打つのもひとつの手段です。ボトックス注射とは、ボツリヌストキシンという物質が元になっています。

ボツリヌストキシンは神経から伝達物質が分泌されるのを抑制し、過剰に筋肉が働くことを止める作用があります。そのため、表情筋の働きが抑えられてシワを作ることを制御することができるのです。

ボトックス注射はすでにあるシワにはもちろんですが、今後できるシワを減らすことができるのも大きなメリットです。しかし、ボトックス注射が効果を発揮するのは表情シワのみとなるため、保湿力が低下してシワが場合には改善を見込むことができないといわれています。

アイメイクが目尻のシワの原因となっている?

過度なアイメイクは目尻のシワの原因に

目の周りの皮はとても薄いため、少しの刺激でもシワができやすい構造となっています。おでこや頬の皮がタオルくらいの厚みがあるとしたら、目の周りはガーゼほどの厚みしかなくとてもデリケートな部分です。もしかしたら、毎日のアイメイクが目の周りの皮膚の負担となっている場合があります。

アイラインやアイシャドウをしっかりと落とさずに放置していると、肌に負担をかけて肌老化の要因となります。また、逆に洗浄力の高すぎるクレンジングでこすりすぎてしまうと、必要な油分まで失い目の周りが乾燥した状態になります。目尻のシワの原因は、意外にも毎日のメイクにひそんでいるかもしれません。

まずはアイメイク専用のクレンジングを使うこと

アイメイクによるダメージを減らすためには、しっかりとクレンジングをして汚れを落とすことが大切です。だからといって 目元をゴシゴシと強くこすると皮膚の負担となり、シワや乾燥の原因となります。ポイントは、丁寧に優しく落とすことです。

アイメイク専用のクレンジングリムーバーを使用するといいでしょう。まずは、コットンにたっぷりとクレンジングリムーバーを含ませます。これをまぶたの上に置いて、アイメイクを浮きあがらせるようにします。浮き上がったアイメイクを優しく拭き取れば、肌に負担をかけずにアイメイクを落とすことができます。一度できれいに落とせない場合は、もう1回同じようにくり返して落とします。

忘れてはならない紫外線対策!

しっかりとアイメイクをしていても、紫外線対策を怠ることはシワの原因となります。紫外線を浴びてしまうと、肌の弾力を保持している真皮層内部のコラーゲンはダメージを受けます。すると肌のハリや弾力が低下して、深いシワを作る原因となるのです。

また、深いシワは20代までに浴びてしまった紫外線ダメージが表面化したものともいわれています。それほど、紫外線はシワを作る要因となるのです。毎日のアイメイクは大切ですが、プラスして日焼け止めなどで紫外線対策をすることでシワ対策につながります。紫外線は1年中存在しているので、季節に関係なく対策を行うことを心がけましょう。

眼精疲労による目尻のシワの対策方法とは

眼精疲労が目尻のシワの原因になるって本当?

長時間のデスクワークやパソコン作業などの電子機器の操作は、つらい眼精疲労を引き起こします。このような目の疲れは目の周りの血行の流れを悪化させるため、肌の代謝が低下しシワができる原因になるといわれています。さらに、疲労や寝不足が重なると、より一層大きな負担となります。

また、眼精疲労はパソコン作業などだけでなく、度が合わないメガネやコンタクトレンズを使用し続けることでも起こりやすくなります。一度使っているメガネやコンタクトレンズを確認してみるといいでしょう。また、普段から目が疲れたと感じるときは休憩をとり入れて無理をしないことが大切です。

目のツボを押して目尻のシワ対策を

目の周りにはたくさんのツボがあります。ツボを押すことで眼精疲労を和らげるだけでなく、目尻のシワ対策にも効果があるといわれています。目の周りはデリケートなので、強く押しすぎないように気をつけましょう。目尻のシワに効果があるツボをいくつか紹介します。

攅竹(さんちく)

眉頭の下にあるくぼみの部分を指します。目の周りの血行促進効果があり、目尻のシワや疲れた目に効果があるといわれています。

糸竹空(しちくくう)

眉尻付近に位置するツボです。目の充血や疲労、目尻のシワに効果があるといわれています。

球後(きゅうご)

下まぶたの中央と目尻の間に位置するツボです。血液循環を整える働きがあるといわれています。そのため、むくみの解消やたるみやシワに効果があるといわれています。

疲れ目を解消することが大切

目が疲れている状態で放置すると、つらい眼精疲労にもつながり目尻のシワを引き起こす要因にもなります。目が疲れたと感じたときには、疲れ目を解消することが大切です。

長時間のデスクワークやパソコン作業は避けて、適度に休憩を取るようにするといいでしょう。疲れを感じるときは暖かいタオルやアイマスクを目に当てて、血液循環を促すことも効果があるといわれています。

また、どこでも簡単にできる目のストレッチも良いでしょう。まずは目を固く閉じて5秒間そのままにします。次に目を大きく開いて5秒間そのままにします。このストレッチをすることで、目の周りの筋肉を動かすことができて血流を促進することができます。

原因にあわせた目尻のシワ対策を

  • 乾燥や弾力の低下による目尻のシワには、保湿と美容液で対策を
  • 過度なアイメイクは目尻のシワの原因にもなるので、丁寧なクレンジングを心がけて
  • ツボ押しやストレッチで眼精疲労を解消して目尻のシワ予防を

目尻のシワの原因には、乾燥や弾力の低下だけでなくアイメイクや眼精疲労などさまざまな要因があります。目尻のシワの原因にあわせた対策をすることで、効果的に目尻のシワを予防することができます。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

53



ページのトップへ