公開日:2017/05/25 

毛穴パックはイチゴ鼻に逆効果?炭酸水ですべすべ鼻に

イチゴの種に似ていることから「イチゴ鼻」とよばれる鼻の毛穴の黒いブツブツは女性にとって永遠の悩みです。

黒いブツブツを取り除こうと毛穴パックをすると、肌にダメージを与えて逆効果になることもあります。

ここでは、イチゴ鼻の原因とイチゴ鼻の改善が期待できる炭酸水を使ったお手入れ方法をご紹介します。

イチゴ鼻ができる原因とは?

イチゴ鼻のブツブツの正体は酸化した皮脂

皮脂は、皮脂腺からの分泌物であり、そこから送り出されて毛穴というトンネルをくぐって肌の表面へ排出されます。

しかし、様々な原因により毛穴に皮脂が詰まることで毛穴が黒ずみ、イチゴ鼻となってしまうのです。

皮脂が詰まるとなぜイチゴ鼻になるのかと言うと、それは、皮脂の酸化が大きく関係しています。

例えば、リンゴやバナナを皮を剥いた状態で放置しておくとどうなるかをイメージしてみてください。

皮を剥いて空気に触れた果肉部分は、やがて茶色く変色し、これが酸化する、という事になります。

酸化した皮脂は黒く目立って点々に見え、イチゴ鼻になります。

過剰な皮脂分泌により毛穴に皮脂が詰まる

イチゴ鼻になることは、皮脂の量とも関係しています。

人によって乾燥肌やオイリー肌などさまざまな肌質がありますが、オイリー肌の場合は要注意。

オイリー肌で皮脂が過剰に分泌すると、皮脂の通り道である毛穴のトンネルは大渋滞してしまい、毛穴に立ち止まる時間が長くなります。

その大渋滞の中、次々に皮脂腺が送り出す皮脂が毛穴に詰まって酸化し、あの嫌なイチゴ鼻を作ります。

皮脂が多く分泌されればされるほど、皮脂が詰まる原因になるため、イチゴ鼻になりやすいです。

皮脂の分泌が過剰になるのは、元々の肌質やホルモンバランス、食生活などが原因として考えられます。

ターンオーバーが正常に働かないことで皮脂が詰まる

私たちの皮膚には、表皮、真皮、皮下組織の3つの層があり、表皮の中に角質層が存在します。

角質は、古くなると自然に剥がれ落ち、新しく肌が生まれ変わるターンオーバーが行われます。

ターンオーバーが正常に行われないと問題がたくさん!

しかし、このターンオーバーが正常に行われないと、古い角質はどんどん肌の表面へ溜まっていくことになります。

溜まった角質は、毛穴の中に入って皮脂の出口を塞ぎ、毛穴のなかに溜め込んだ皮脂が酸化して、イチゴ鼻になるのです。

古い角質が肌表面へ溜まっていくと、イチゴ鼻だけでなくくすみの原因にもなってしまうので注意が必要です。

ついついやってしまう毛穴パックに潜む落とし穴とは?

汚れを無理矢理取り除くことで、毛穴が広がる

毛穴パックを鼻から剥がす時は痛みもありますが、剥がしたパックに汚れがびっしり付着していると、達成感に似たとてもスッキリとした気分になりますよね。

しかし、毛穴の皮脂などの汚れを無理矢理取り除くので、汚れがあった毛穴には何も無くなりポッカリと穴が開いてしまった状態になります。

毛穴パックを何度も繰り返していくうちに、肌に必要な角質まで全て取り除いてしまうため、毛穴は徐々に広がってしまうのです。

毛穴が広がると、毛穴に詰まる皮脂などの汚れの量が増え、イチゴ鼻を悪化させてしまうという悪循環に陥ります。

イチゴ鼻をどうにかしたいと思って行っていた毛穴パックには、毛穴を広げる落とし穴があるのです。

乾燥を防ぐために皮脂の分泌が過剰になる場合もある

角質層には、天然の保湿成分があり、潤いを保つ他に紫外線などの外部の刺激から肌を守るバリア機能の役割があります。

しかし、毛穴パックを使うことで毛穴の汚れだけではなく、この角質層まで無理矢理一緒に剥がしてしまうことになります。

毛穴パックは肌の潤いまで奪ってしまう

天然の保湿成分が剥がれてしまうと、代わりに潤いを補給しようとして皮脂が過剰に分泌されるので、それがまたイチゴ鼻の原因になるのです。

また、肌のバリア機能もなくなるため紫外線などの刺激がダイレクトに肌に侵入します。

その結果、肌内部の潤い成分であるヒアルロン酸の細胞を減少させ、肌内部の潤いがなくなります。

そして、肌が乾燥すると皮脂腺が活発に働き、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に詰まると、イチゴ鼻の原因になります。

傷ができることにより色素沈着も起こる

毛穴パックは毛穴の汚れを強引に取り除く形で毛穴の汚れを除去しますが、毛穴パックで肌を引っ張ることで毛穴には小さいながらも沢山の傷がついてしまいます。

繰り返し毛穴パックを行っているうちにその傷が悪化してしまい、炎症が起こる場合もあるので要注意です。

傷が炎症にまで発展してしまうと、表皮の1番下にあるメラノサイトという細胞が、ダメージを受けてしまった肌をこれ以上傷つかないようにとメラニンが含まれている表皮細胞で守ろうとします。

それを何度も繰り返しているうちにメラニンが蓄積して色素沈着を起こし、結果色素沈着を伴ったイチゴ鼻を作ってしまう可能性もあるのです。

イチゴ鼻に炭酸水は効果ある?

炭酸水で毛穴の汚れを吸着して排出する

炭酸水には、タンパク質を磁石と鉄のように引きつけ、吸着する働きがあります。

皮脂などの毛穴に詰まっている汚れはタンパク質でできているため炭酸水はまさに、毛穴の汚れを取るためのぴったりのアイテムです。

炭酸水を使うと、イチゴ鼻の毛穴の中の汚れを炭酸水が吸着し、毛穴の外へ排出する効果が期待できます。

炭酸水は無理なく汚れを吸着することが可能

しかも炭酸水は毛穴パックとは違い、無理矢理毛穴の中の汚れを引っ張り出すわけではないので、毛穴には傷や広がりなどの負担もかかりません。

また、炭酸水を使って毛穴がキレイになると皮脂の酸化を防ぐので、イチゴ鼻になりにくくなるという好循環を得られます。

炭酸水の泡が毛穴をぎゅっと引き締める

炭酸と言えばシュワシュワした泡ですよね。

この炭酸の泡が肌をマッサージする働きをするので、肌は柔らかくなり、血流促進の効果も期待できます。

血流がアップすると、細胞が必要とする栄養分が隅々まで行き渡ります。

炭酸水を使うことによってしっかりと運ばれた栄養を、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌に欠かすことのできない細胞がきちんと吸収し、細胞が元気になります。

すると、活発に動き出した細胞が、毛穴をキュッと引き締め、その結果皮脂などの汚れが溜まりにくくなるので、毛穴が小さく目立たなくなります。

よって、炭酸水のおかげでイチゴ鼻改善への効果が期待できるのです。

炭酸水で新陳代謝をアップさせよう

炭酸水で肌の代謝がアップすると、ターンオーバーが正常に行われるようになり、溜まっていた古い角質がきちんと剥がれ落ちてくれるようになります。

古い角質が剥がれ落ちることで新しい角質が生まれ、古い角質により毛穴が塞がっている状態を防止できます。

また、炭酸水を使うことで肌のゴワつき感も感じにくくなり、ゆで卵のようなつるんとした肌質へ導いてくれます。

炭酸水を使ったイチゴ鼻のケア方法をマスターしよう!

炭酸水洗顔で優しく汚れを吸着する

毛穴の汚れを落とす炭酸水洗顔は、毛穴パックのように無理に毛穴から汚れを引っ張り出すのではなく、毛穴に優しく入り込み汚れを洗い落とすことが可能です。

それでは、なぜ炭酸水が毛穴の汚れを落としてくれるのでしょうか?皮脂や角質は主にタンパク質で構成されています。

炭酸水に含まれている二酸化炭素はタンパク質に反応する性質があります。

二酸化炭素を含んだ炭酸水が毛穴に詰まった汚れに吸着し、汚れを洗い流してくれるのです。

  1. いつもの洗顔料を炭酸水を使って泡立てる。
  2. 洗い流す際は炭酸水を使って洗い流す。

これだけで、炭酸水洗顔が簡単にできてしまいます。炭酸水洗顔の際は、先に洗面器に炭酸水をいれておくと洗い流す時にスムーズです。

頑固な毛穴汚れには炭酸水パック

より頑固な毛穴汚れに対しては炭酸水パックを行うことをおすすめします。

  1. 炭酸水洗顔後、コットンにたっぷりの炭酸水を含ませる。
  2. 炭酸水を含ませたコットンを軽く絞り、鼻の上に乗せる。
  3. 3分ほど放置したらコットンを剥がす。もちろん、顔全体に炭酸水パックをしてもいいです。

この炭酸水パックは、ゆっくりと炭酸水を毛穴に浸透させていく方法です。炭酸水パックをした後は、お肌へのアフターケアも忘れずに行ってください。

炭酸水は飲む事でも肌やお腹に良い影響がある

ここでは炭酸水を使った肌ケアをご紹介しましたが、炭酸水は飲むことでも体によい効果があります。

つまり、炭酸の刺激で腸内の活動が良くなるのです。

毎日、起床直後にまずは一杯から、炭酸水を飲み続けてみましょう。

炭酸水の効果で体の血行が良くなることで大腸の働きも活発になり、便秘の解消が期待できます。

便秘が解消されることで老廃物が体の外に排出され、お肌にも良い影響をもたらします。

外からも中からもダブルで炭酸水を取り入れてお肌や体にアプローチすれば、美肌にも、ダイエットにも効果が期待できてまさに一石二鳥ですよ。

炭酸水でもうイチゴ鼻と言わせない

  • 炭酸水で汚れを吸着して排出
  • 泡で細胞を活発にして毛穴を引き締める
  • 新陳代謝をアップしてターンオーバーを正常に

イチゴ鼻の改善には、ダメージの大きい毛穴パックより炭酸水でのケアがおすすめです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

272



ページのトップへ