公開日:2017/06/15 

化粧品たっぷり使いでミルフィーユパック!乾燥知らずな肌に

毎日しっかり基礎化粧品を使ってスキンケアをしているのに、お肌が乾燥する…。そんな悩みをお持ちの人には基礎化粧品をたっぷり使ったミルフィーユ保湿がおススメです。ミルフィーユ保湿でしっかりお肌をパックして、乾燥知らずなお肌になりましょう!

丁寧にケアしてもお肌が乾燥する原因は?

お肌が乾燥する原因はさまざま

洗顔後のお肌を、どのようにケアしていますか?まずは化粧水を塗って、その次に乳液かクリーム。あるいは途中で美容液を塗ってから…。こんな風に順序よく、丁寧にスキンケアをしているのにも関わらず、お肌の頑固な乾燥にお悩みの人は少なくありません。

お肌が乾燥する理由は、体調や気候などさまざまな要因が考えられます。また、使用する基礎化粧品が肌質に合っていないということもあるかもしれません。一方で、どれだけ肌質に合った基礎化粧品を用いても、使い方ひとつで、期待する効果が得られないことがあります。しっかりケアしているつもりなのに、なぜだか潤い不足。そんな人はスキンケアの手順を見直してみてはいかがでしょうか?

塗る「量」に問題があるのかも?

基礎化粧品を使う際は、1回に十分な量を使用することが大切です。急いで塗るあまり使用量が少ない人や、高価な基礎化粧品を所定量より少ない量で使用している人は要注意。基礎化粧品を少なくつけようとすると、摩擦によってお肌にダメージを与えるおそれがあります。かえって乾燥をまねく場合もあるため、必要な量をしっかり塗ることが大切です。

一般的に、基礎化粧品をつけすぎると、油分が過剰になり、ニキビを作る原因になるといわれています。一方で、現実問題として乾燥が改善しないという人は、化粧品をケチらずたっぷり使ってみると、改善につながるかもしれませんよ。

基礎化粧品を塗る順番が落とし穴!?

基礎化粧品は、化粧水→(美容液)→乳液かクリームという手順で塗ることが定番化しています。一般的には、水に近いサラサラとしたテクスチャーのものを先に、濃厚でリッチなテクスチャーのものは後に使用するのが良いとされています。

しかし、ここにも落とし穴が。インナードライ肌やドライ肌の場合、最初に化粧水をつけることで潤いが逃げてしまうかもしれません。特に乾燥が気になるお肌の場合、先に保湿力の高い乳液や美容液をつけて、肌をふっくらとさせてから化粧水の水分を入れた方が良いとも言われています。最後に再び、乳液をつけ、基礎化粧品を「ミルフィーユ」のように重ねていきます。化粧水→乳液の手順を習慣化している人にとっては違和感を感じるかもしれませんが、一度は試してみる価値アリですよ!

いざ、ミルフィーユパックにチャレンジ!

まるでミルフィーユのよう…スキンケア手順

何層にも重ね合わせたミルフィーユをイメージしたスキンケアのやり方は、いろいろと説がありますが、こちらでは代表的なものをご紹介します。

  1. 洗顔後、タオルで優しく押さえて水分を取る
  2. 乳液をお肌にしっかりなじませる
  3. 化粧水を塗る
  4. 2で使用した乳液を再度なじませ、しっかりとプレスする

2と4で使用する基礎化粧品は、乳液のほかにクリーム、保湿美容液、美容オイルなどでもOKです。それぞれのアイテムを塗る間隔は、2~3分を目安にしましょう。急いで次々と塗ったり、塗る間隔を置きすぎるのは禁物です。ミルフィーユパックを実践している人の中には2~4の手順を何度か繰り返す人もいるようですよ。

乾燥知らずのお肌になる!塗り方のコツ

潤うお肌になるために!塗り方のポイントを抑えておきましょう。

  • 濃いもの→薄いもの→濃いもの順で塗りましょう。
  • 保湿力の高いリッチなテクスチャーの基礎化粧品を最初に塗り、薄付きの物を間に挟んで、ミルフィーユのように重ねていきましょう。
  • 基礎化粧品はたっぷり使いましょう!
  • 重ねる手順が増えるからといって、使用量をケチっては逆効果。たっぷり使いでお肌に潤いを届けましょう。
  • しっかりと外側からプレスして基礎化粧品をお肌に浸透させましょう。

フェイスパックをイメージして、手のひらで覆うようにしてプレスしましょう。体温によって基礎化粧品がなじみやすくなり、さらなる潤い効果が期待できます。

お好みの「ミルフィーユ」を見つけよう!

塗る基礎化粧品の組み合わせも、お好みによってさまざま。定番の乳液→化粧水→乳液以外にも、おススメのバリエーションをご紹介します。

  • 美容オイル→化粧水→美容オイル

    オイルが導入液(ブースター)の役割をして、その後の基礎化粧品の浸透力がアップするといわれています。

  • 乳液→美容液→乳液

    サラッとしたテクスチャーの美容液を使うことがポイント。美容成分の効果を実感できそうです。

  • 乳液→美容液→化粧水→美容液→乳液

    じっくりケアしたい人にはこんな重ね方も!お気に入りの化粧品を使って、自分に合ったスキンケア法を探してみるのも楽しそうですね。

たっぷり使いたい!おススメの化粧品3選

尊馬油 ソンバーユ無香料

感動的な保湿力でやみつきになる人続出!「ソンバーユ」は長年使用するファンが多い、ロングセラーの美容オイルです。塗った後はお肌がモチモチと潤い、しっとりさせる効果が期待できます。保湿はもちろん、ブースターとしての役割も担ってくれるといわれています。洗顔後、一瞬にしてお肌が乾燥してしまう…。そんな人はまずこちらの「ソンバーユ」をなじませて、お肌の調子を整えてから、基礎化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

75mlで2,000円と、美容オイルの中でも比較的お値ごろなのもおすすめのポイントです。

無印品 化粧水(敏感肌用・高保湿タイプ)

無印良品の化粧水は、200mlで666円というプチプライスながら、使用感の良さで大人気のシリーズです。その中でも乾燥にお悩みの人におすすめしたいのがこちらの「敏感肌用・高保湿タイプ」。乾燥や肌トラブルにお悩みの人でも、「これを使い始めてから肌質が良くなった!」と、効果を実感する人が多数。高価な化粧水にも引けを取らない保湿力が人気の理由です。低刺激な処方なので、なかなか肌に合う化粧水が見つからないとお悩みの人にもおすすめしたい一品です。

全国の無印良品で販売されているほか、一部のコンビニでも取り扱いがあるのが、便利ですね。

ハイスキン モイストジェル

美容液の中でイチオシなのがこちらの「モイストジェル」。保湿剤として定番の「ワセリン」をベースに作られたジェルタイプの美容液です。保湿力はそのままに、お肌にスッとなじむため、ワセリン独特のベタつきが苦手な人にもおすすめです。潤いをピタッと閉じ込め、まるでパックをしたような使用感だとか。全身に使えるため、乾燥が気になる他の部分にも併せて塗ってあげたいですね。

また、魅力なのがそのお値段。120gで1,200円と美容液にしては驚きの価格です。美容液は高いから、「たっぷり使い」に向かない…と諦めてしまう前に、こちらの商品を試してみてください!

ミルフィーユパックでモチ肌に!

  • 頑固な乾燥肌の理由は、基礎化粧品の使い方にあるかも?
  • ミルフィーユのように基礎化粧品を重ねて、お肌に潤いを!
  • プチプラでも保湿力優秀な商品ずらり。たっぷり使いがおススメ

たっぷりの基礎化粧品を丁寧にプレスして閉じ込めれば、乾燥知らずのお肌になれるかも。手でパックするように重ねて、しっとりお肌を実感しましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

332



ページのトップへ