公開日:2017/06/15 

メイクしたまま寝た翌朝に後悔したときの対処法とは

飲み会帰りや仕事で疲れていて眠いときは、メイクを落とすのさえ面倒ですよね。化粧水をコットンにつけて拭いているから大丈夫、なんて思っていませんか?メイクをしたまま寝てしまい、後悔した方のための対処法をご紹介します。

実際のところメイクしたまま寝るとどうなるの?

顔ダニが繁殖するなんて想像したくない

ダニが顔にいるなんてビックリですが、顔ダニはほとんどの方の皮膚に存在しています。主に皮脂腺(せん)の中にいる顔ダニは、肌の健康を保つには必要な存在です。皮脂や古い表皮を食べて肌を弱酸性に保ってくれるといわれています。顔ダニがいない状態の肌は、乾燥やニキビのトラブルが起こりやすくなるとも考えられています。

顔ダニは、増え過ぎなければ肌にとって良い存在となりますが、増え過ぎると糞や死がいが毛穴に詰まり、ニキビや肌荒れの原因になります。メイクを落とさないで寝ると顔ダニが増えやすくなり、かぶれや炎症を引き起こすこともあります。

顔ダニは、夜に活動する性質があるので、メイクしたまま寝るのは1番やってはいけないことです。メイクの油分は、顔ダニにとってエサになってしまうのです。顔ダニを増やし過ぎないようにするためには、朝・晩しっかり洗顔して肌を清潔に保つことが大切です。

肌荒れの原因になってしまいます

メイクをしたまま寝てしまうと、ファンデーションに含まれている油分により肌バリア機能を壊してしまう恐れがあります。肌に密着するファンデーションは皮膚呼吸を難しくするため、メイクしたままにすると肌が疲れてしまいます。それから、皮膚の薄いまぶたにファンデーションやアイシャドーを塗ったままにしておくと、まぶたや目の周りの皮膚が腫れたり、かゆくなったりする原因にもなります。

メイクしたまま寝てしまう人の中には、ミネラルファンデーションを使っているから、メイクしたまま寝ても大丈夫だという方もいます。しかし、ミネラルファンデーションの中には、成分表をよく見ると合成ポリマーなど、一般的なファンデーションとほとんど変わらない成分のものもあります。

紫外線を防いでも落とさないと意味がない

リキッドファンデーションやBBクリームなどには、日焼けを防ぐ紫外線吸着剤や紫外線散乱剤が入っています。これらの成分は、肌に直接紫外線が届くのを防いでくれますが、しっかり落とさないと肌荒れの原因になるとされています。

リキッドタイプは、カバー力と自然なツヤを出すために合成界面活性剤が添加されているものが多くあります。ファンデーションを選ぶ際には、どのような添加物が配合されているかしっかりと確かめることが大切です。

防腐剤は多くの化粧品に配合されている物質で、雑菌が繁殖して化粧品の腐敗や変質が起こるのを防ぎます。無添加化粧品として、うたっている商品もありますが、一部の添加物を添加していないだけで、100%無添加ではない化粧品もあります。

メイクしたままで寝ても肌を復活させる方法

クレンジングしながらリンパマッサージも

クレンジングは、顔や手が乾いている状態で、皮脂が多く出るTゾーンの額、鼻筋、あごから順番に乗せていきます。残りを頬や目の周り、口の周り、あごの下に置いたら、伸ばすようにしてなじませましょう。肌の表面が動かないように指先をクルクルと動かし、こすらないように注意しながらなじませていきます。クレンジングを肌と手の間で転がすようにして、優しく汚れを浮かせます。

指先の抵抗が軽くなったらぬるま湯で洗い流します。Tゾーンや小鼻は、汚れがたまりやすい箇所です。汚れを落としたいからといって、長くクレンジングをなじませ過ぎると、肌を傷つけてよけいな肌トラブルを引き起こします。また、クレンジングの際、リンパマッサージを併せて行うと老廃物が排出されて血行が良くなり、顔のむくみが取れて顔がスッキリして見えます。

後悔しきりの肌も蒸しタオルで汚れをオフ

蒸しタオルをするときは、冷めにくい厚手のタオルを使うのがおすすめです。水を含ませたタオルを軽く絞ってジップロックに入れたら、電子レンジで1分ほど温めたものを使いましょう。顔を温めることによって、皮膚細胞が活性化して血行が良くなります。血行が良くなると、保湿成分が浸透しやすくなるため、化粧ノリが良くなるといわれています。

顔と同時に、首も蒸しタオルで温めてあげると、全身の血行が良くなって疲れが取れたり、自律神経を整えてイライラを改善するなどの効果を得ることもできます。湯船につかりながら3分ほど蒸しタオルで顔を温めると、毛穴が開いて詰まっていた皮脂やメイクの汚れを浮かせることができます。クレンジングでメイクを落としてから蒸しタオルで顔を温め、洗顔をするという順番で行いましょう。

丁寧な洗顔と保湿ケアで肌を復活させる

蒸しタオルで毛穴を開かせたら、吸着効果のある海泥などが配合されている洗顔フォームで顔を洗います。泡立てネットで、しっかりとした泡をたっぷり作り、泡の弾力だけで優しく洗顔します。

洗顔フォームは、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているものがおすすめです。お風呂場で洗顔する場合は、皮脂が取れ過ぎないように、必ず36℃以下のぬるま湯を用意しましょう。

洗顔後は、開いている毛穴を速やかに引き締めることが大切です。冷蔵庫で冷たくした化粧水をコットンでパックするか、美容液たっぷりのフェイスパックを使うと、毛穴に保湿成分が浸透して毛穴をキュッと引き締めることができます。最後に、水分が蒸発していかないように保湿クリームを塗ってふたをしたら完璧です。

肌をいたわるためにできることとは?

体の内側からケアしてあげる対処法

甘酒には、健康な肌や髪を維持するために必要な必須アミノ酸、ビタミンB群が含まれています。さらに、美白効果のある麹(こうじ)酸や、抗酸化力の高いフェルラ酸などたくさんの美肌成分が含まれています。疲労回復効果もありますので、朝食に飲んでおくと身体が元気になることでしょう。寝る前に飲んでおくのも良いですが、飲み過ぎるとカロリーオーバーになりますので気をつけましょう。

甘酒を豆乳で割って飲むと、ホルモンバランスを整えるイソフラボンとたんぱく質も補給することができるので、肌の回復をさらに高めることができます。また、美肌成分が豊富に含まれている美容ドリンクは、吸収性が高く即効性があるので、メイク汚れで疲れた肌を元気にしてくれることでしょう。

肌になるべく負担をかけないメイクが一番

メイクをしたまま寝てしまった翌日は、肌に負担をかけないように、メイクは軽めにしましょう。ベースメイクは、肌に優しいCCクリームだけにしたり、色のついた化粧下地、コントローラー、コンシーラーで、肌の赤みやシミをカバーする程度にします。できれば、アイメイクも薄くするように心掛けてください。

特に、ペンシルタイプのアイラインで、まぶたにグイグイとラインを引くと、皮膚に摩擦を与えて肌荒れを起こしやすくなります。綿棒の先を平らにしたものにアイラインの色を移してから引くと、肌に負担がかかりませんよ。アイシャドウも綿棒を使って塗ると、ブラシよりも衛生的です。また、口紅を塗る前にリップクリームをたっぷり塗って、ラップで3分間パックしておくと、唇にも潤い戻ることでしょう。

質の良い睡眠は肌を元気させてくれます

睡眠不足の日は、肌ツヤがなくファンデーションのノリも悪くなりがちです。反対に睡眠が十分に足りていると、肌の状態は良くなります。良質な睡眠を取ることは、肌をいたわることにつながっているのです。眠っている間は、成長ホルモンの分泌によって、皮膚の細胞分裂が盛んになり、肌が再生していきます。

1日の中で成長ホルモンの分泌がピークに達するのが、眠りについてすぐの時間帯です。寝る時間が不規則だと、体内リズムが狂って肌の再生にも影響を及ぼします。同じ時間に眠れるように生活習慣を整えましょう。寝ている間こそ、肌にとって大切な時間です。

寝具も清潔にして肌を清潔に保ちましょう

メイクをしたまま寝落ちしてしまった場合は、枕カバーなどの寝具も清潔なものに取り換えましょう。お手入れをしても寝具が汚れていたら、顔ダニが繁殖してしまう恐れがあります。

  • 必ずメイクを落としてから就寝しましょう
  • クレンジングはしっかりとおこないましょう
  • メイクを落とし忘れた翌日のメイクは控えめにしよう
  • 肌をいたわってあげて回復させてあげましょう

お肌を清潔に保ち、きれいな肌を目指したいですね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

115



ページのトップへ