公開日:2017/05/26 

顔の大きさでお悩みの方におすすめ!ほうれい線ケアで小顔に!

老け顔に見られがちな「ほうれい線」。目立たなくするための食事やサプリに化粧品などの助けも効果的ですが、ほうれい線ケアのエクササイズは、小顔になる効果も期待できますよ。

ほうれい線が目立つようになるのはお肌のたるみが原因

お肌の構造とほうれい線のでき方

ほうれい線が目立ってくるのは、頬が垂れ下がるといった肌のたるみが原因です。人は老化すると、お肌もたるんできます。

パソコンやスマートフォンの普及に伴い、頭を下げて同じ画面をずっと見ることが増えたのも、ほうれい線が目立つようになった理由のひとつだとされています。下を向いていると頬にも重力がかかりますし、同じ姿勢を続けることで猫背気味になります。これらも、お肌のたるみやほうれい線の原因になります。

お肌がたるむと頬と口元の境界線であるほうれい線が、より目立つようになります。お肌が乾燥肌や敏感肌だと、しわが目立ち、ほうれい線も目立ちやすくなります。

多層構造をしているお肌がたるむ原因も多様

お肌の厚みは1.5mmほどと薄いですが、多層構造をしています。表面は角質層で覆われた表皮です。角質層はブロック状になった角質細胞が重なってできていて、このブロックを、セラミドを主成分とする細胞間脂質がつないでおり、しっかり張り合わされていると、必要以上のお肌からの水分の蒸散を防いでくれます。

表皮の下にはコラーゲンやエラスチンが網状になっている真皮層があります。真皮層には、線維芽細胞やゼリー状のヒアルロン酸などがあり、肌の内側から水分を保っています。真皮層の下に、脂肪層がメインの皮下組織があります。

多層構造のお肌は、顔の表情筋に直接張り付いていて、このおかげで、顔は細かな表情を作ることができます。そして、筋肉の下には骨格があります。

お肌の張りがなくなるのは単純な理由ではない

真皮の中のコラーゲンやエラスチンが減ると表皮を支える力も弱り、お肌の張りや弾力が失われて、ほうれい線などもできるようになります。これは、お肌の構造上の原因です。

お肌が張り付いている筋肉が衰えてきても、お肌がたるみます。この場合の筋肉は表情筋ですが、しっかりしていると、その上に張り付いているお肌にも張りがあります。筋肉が衰えてくると、お肌の張りもなくなり、たるんでしまうことになります。

筋肉を鍛えることができれば、お肌のたるみは解消してほうれい線が消えて目立たなくなることになります。ほうれい線がある付近の表情筋を鍛えるために有効とされているのが、舌回しエクササイズです。

舌回しエクササイズの仕方と多様な効能

舌回しエクササイズの仕方とポイント

基本の舌回しエクササイズのやり方です。

  1. まず、軽く口を閉じたまま、舌で頬などを押すようにしながら時計回りに舌を回します。
  2. 時計回りに20回、次に逆時計回りに20回回します。これが1セットとなり、1日に3回くらい行うのが基本です。

舌が1周する時間は、約2秒が目安です。早く回すのではなく、ゆっくりと、しっかり口の内側の肉を下で押すようにしながら回します。

この舌回しエクササイズにはもうひとつ別のバージョンがあります。基本的にやり方は同じですが、舌を回す際に頬を内側から押すようにするのではなく、舌で歯茎を外側からなぞるように回すという点が違います。歯茎を外側からなぞるようにするので、回る舌の位置はそれほど変わりませんが、舌の先の向きが逆になります。

舌回しエクササイズの様々な効能

舌回しエクササイズは家でテレビを見ながらでもできますし、気軽に行えます。器具も必要ではありませんし、簡単にできるエクササイズではないでしょうか。この簡単なエクササイズには、様々な効能があるのです。

まずは、表情筋が鍛えられます。表情筋は細く薄い遅筋が90%を占めていますが、舌回しエクササイズではこの遅筋を鍛えることができます。口の周りの筋肉が鍛えられると血行も促進します。この筋肉が鍛えられると頬のたるみがなくなって、すっきりとしたフェイスラインになりますし、二重あごの改善も期待できます。徐々に歯のかみ合わせが改善されたり、顔のゆがみが改善される効果もあるともされているので、バランスが良くなれば滑舌が良くなる効果も期待できます。

舌回しエクササイズで代謝もアップ!

舌回しエクササイズは、顔の下半分に作用します。顔には、全身のリンパ節の約4分の1が集中しています。舌回しエクササイズをすると、顔の周囲のリンパの流れが改善され、老廃物が排出され、代謝が良くなります。新陳代謝が良くなると、シミやしわにも効果があります。また、むくみの解消も期待できます。むくみが解消されると、二重あごも改善される可能性があります。

舌回しエクササイズをすると、驚くほど唾液が分泌されます。唾液が分泌されると、口中の細菌やウイルスの増殖が抑制できます。口臭や歯周病といったお口の中のトラブルを予防することができます。唾液腺に加えて、甲状腺も刺激するので、甲状腺ホルモンの分泌も期待できます。

舌回しエクササイズにはほうれい線だけでなく小顔効果も!

筋肉や骨格に関わるエクササイズの小顔効果

舌を回すと筋肉が鍛えられて頬のたるみがなくなり、フェイスラインがすっきりと引き締まります。あごのラインがしっかり出て、額縁効果によって小顔に見えるようになります。二重あごにも効きますし、あごの下の肉がなくなるということは、かなりの小顔効果が期待できるでしょう。

舌回しエクササイズは、歯並びにも良い効果があるとされています。実際にエクササイズをする時には、八重歯などに引っかからないように気を付ける必要があります。他にも顔の筋肉を鍛えることによって、顔のゆがみの改善も期待できます。顔のゆがみが改善されると必ずしも小顔になるとは限りませんが、バランスは良くなります。

代謝が上がることによる小顔効果

顔には多くのリンパ節があります。リンパ節を刺激することで流れが良くなると、新陳代謝の改善が期待できます。新陳代謝が良くなると老廃物の排出がすすみ、体液の循環も改善されるのでむくみがなくなります。むくみが解消されると顔が小さくなりますし、お肌の血色も良くなることで美肌効果も得ることができます。

皮膚の筋肉に最も近い部分には、脂肪細胞があります。無駄に肥大化した脂肪細胞があった場合は血流や代謝が改善されることによって、脂肪が減少し脂肪層が薄くなります。特に頬は脂肪がたまりやすい部分でもあり、頬の脂肪細胞が減るとかなりの小顔効果が期待できます。

舌回しエクササイズ以外の簡単にできるエクササイズ

「あいうえおエクササイズ」は、日本人にはなじみの深い、ひらがなを順に読んでいくエクササイズです。「あ、い、う、え、お、か、き……」と、一文字ずつ、大きく口を動かして、それぞれの音の形にしながら、ゆっくり発音します。「あ」から「ん」まで、1文字10秒くらいずつかけます。

さらに簡単なエクササイズとして、「上を向いておもいきり舌を突き出した状態で10秒キープ」「風船を膨らませる」「ペットボトルに空気を吹き入れる」などのものがあります。全部をする必要はありませんが筋トレと同じで、継続すると顔の筋肉を鍛えて様々な効果を得ることができます。

ほうれい線に効くエクササイズには小顔効果もあり!

  • 筋肉が鍛えられることによって、フェイスラインが引き締まる
  • リンパの流れが良くなり、新陳代謝が改善されるとむくみの解消も期待できる
  • 新陳代謝や血流が良くなることで、脂肪燃焼がすすみ、脂肪層が減る

ほうれい線が消える!と話題の舌回しエクササイズには、様々な効能や小顔効果があるので実践してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

100



ページのトップへ